パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞のレビューを中心に、DVD、WOWOWの映画の感想などネタバレ有りで記録しています。

西遊記 はじまりのはじまり★★★.5

2014年11月21日 | アクション映画ーサ行
「少林サッカー」「カンフーハッスル」で人気のチャウ・シンチーが、「ミラクル7号」以来6年ぶりに手がけた監督作。日本でも映画やドラマなどさまざまなメディアで描かれ、誰もが知る中国の伝奇小説「西遊記」を題材に、三蔵法師と孫悟空、猪八戒、沙悟浄が出会い、天竺を目指す前の物語を独自に描いたアクションエンターテインメント。

三蔵法師は、得意の「わらべ唄」で妖怪の善の心を呼び覚まそうするが失敗ばかりの若き妖怪ハンター・玄奘として描かれ、孫悟空、沙悟浄、猪八戒もそれぞれ独特な姿で登場。映画オリジナルのキャラクターとして、人気女優スー・チーが扮する女性妖怪ハンターも活躍する。

<感想>ミラクル7号」(08)で監督・出演したチャウ・シンチーが珍しく出演していないのだ。製作・脚本・監督と頑張っているので、別に俳優をやめたわけではない。興味深いことで、映画は中国で年間興収トップ、それに香港でもヒットしたそうで、果たして日本ではどうなのか?・・・。「西遊記」の前伝つまり、第0話に相当する映画にしたことである。

映画は、豚小屋砦を思わせるごちゃごちゃとした建屋が川沿いに張りだした集落が舞台である。面白いことが始まりそうな、高まる期待感でいっぱいだ。ところがそこで起こるのは惨劇で、妖怪がいたいけない少女を食べてしまうのだから、ショッキングな話だ。
始めは、川に落ちた漁師の父親が、大きいエイに食べられるところから始まり、一人の道士がそのエイを引き上げるのだ。ところが、みんなが油断している隙に川の中に怪物の魚が現れて、みんなを食い殺してしまう。

そこに居合わせた若き妖怪ハンター・玄奘、後の三蔵法師が、その怪物を仕留めようと悪戦苦闘するシーンが続く。その怪物魚を陸に上げれば暴れないという妖怪ハンター・玄奘。おとなしめのウェン・ジャンが演じていて、結構イケメン青年である。

物語りの軸は妖怪退治修行中の玄奘と美人妖怪ハンターのラブロマンスでもあります。普通の人間が憎しみにより妖怪になるという設定や、キャラ造形もユニークで、半人前の玄奘に美男子の猪八戒、そして一番笑えるのがさえない中年の孫悟空である。
日本では、孫悟空が日本猿に、沙悟浄はカッパに変化し、猪八戒は豚、現代ではTVドラマの影響で三蔵法師が女性だと信じる者も多い。私も夏目雅子さんの三蔵法師が好きでした。
面白ければなんでもありの世界。こちらの沙悟浄は半魚半獣の怪物として出現し、猪八戒も巨大なブタというかイノシシである。

孫悟空は、西村雅彦さん似のまるで落ち武者のような小さい男で、これがゴリラと化して暴れ回る。つまりは、三蔵法師のお供は本来は妖怪であるという原点を強調した造型と演出になっている。

そして、香港映画界きっての売れっ子女優であるスー・チーが扮する、女性妖怪ハンター。少女のようでもあり妖艶な大人の色気をもち、艶めかしく登場する。玄奘に恋をして迫りくるアクションにも笑いが出てくる面白さ。でも、冒頭で沙悟浄の顔面をボコボコにする容赦なさ。沙悟浄が人間の男に戻ると、イケメンの青年だったりして。肝心の玄奘の法力“わらべ唄三百首”はまるで効かないのだ。

スー・チーが扮する、女性妖怪ハンターは、何しろ屈強なハンターたちを束ねる女頭領だから、つねに臨戦態勢が整っていて勇ましいのだ。たいていの場面では、長い髪を振り乱し、玄奘が苦戦しているところへやってきては、自在に数と飛び方を変える腕輪を操って死霊を倒して行く。スー・チーさん、「トランスポーター」に出てましたね。
顔は汗と埃にまみれ、そんな鉄火肌の姉御が、実はとても愛情深く玄奘に一途という、落差あるキャラクター設定が見事に決まっている。しかも、随所で発揮するコメディエンヌぶりが何とも悪戯っぽくて可愛いのだ。
それが現れている場面が、ハンター仲間のギャルの遠隔操作で、玄奘を誘惑しようとする場面では、文句なしの面白さで笑える。玄奘の師匠に、デブで豚のような身体の男が、まるで沙悟浄と間違えるほどで笑える。

最後の方で、玄奘の師匠によれば、このイノシシ猪八戒を倒せるのは、仏によって五指山に500年も幽閉されている孫悟空だけ。さすがに玄奘を騙して岩穴から出た孫悟空が暴れるところでは、まるで京劇のような孫悟空の出で立ち。

腕自慢の妖怪ハンター空虚王子や足爺いも現れ、最強の妖怪ハンターを決めるべく、五指山のふもとで妖術対決が始まる。

三蔵法師が大日如来のように神々しく、そして、CGでのお釈迦様が地球の周りにいるという設定も見事だった。さすがに「チャイニーズ・オデッセイ」で、孫悟空の壮大なる愛を描いた監督。子供の頃から「西遊記」が大好きで映画やドラマを見て、今回は自らの豊かな想像力を膨らませて、誕生物語を作り上げたというわけだ。続篇ありきの終わり方でした。
2014年劇場鑑賞作品・・・348 映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング


トラックバック (22)   この記事についてブログを書く
« FRANK -フランク- ★★.5 | トップ | インターステラー ★★★★ »

アクション映画ーサ行」カテゴリの最新記事

22 トラックバック

西遊記~はじまりのはじまり~/大話西遊之三藏付魔/JOURNEY TO THE WEST CONQUERING THE DEMONS (我想一個人映画美的女人blog)
シンチーがまたまたやってくれた わたくし15年以上前から大ファンを公言してます 香港の大監督、周星馳、チャウ・シンチーの「ミラクル7号」以来となる ほんとに待望の新作 監督/脚本/製作 チャウ・シンチー ※最近の髪みて随分歳とったなーって言う人多い...
『西遊記~はじまりのはじまり~』 (2013) (相木悟の映画評)
チャウ・シンチー流とんでもファンタジー・コメディ! 漫画&アニメファンには堪えられない、至高のひと時であった。 本作は、『少林サッカー』(01)にて観客を爆笑の渦に巻き込み、虜にしたチャウ・シンチー監督作。続く『カンフーハッスル』(04)、『ミラクル....
西遊記 はじまりのはじまり/好きな人だけどうぞ (MOVIE BOYS)
『少林サッカー』のチャウ・シンチーが監督を務めるアクション・コメディ。サブタイトルにある通り玄奘が三蔵法師となり、孫悟空を仲間にして天竺へと旅立つまでが描かれている。主演の玄奘を『海洋天堂』のウェン・ジャンが、ヒロインを『狙った恋の落とし方。』のスー・...
『西遊記~はじまりのはじまり~』 (こねたみっくす)
愛が大きすぎるぜ! 大日如来様だけでなく、チャウ・シンチー監督の映画や日本アニメへの愛も大きすぎます!でもそれでこそのチャウ・シンチー作品! 物語自体はまったりしている ...
『西遊記 -はじまりのはじまり-』 2014年11月17日 TOHOシネマズ有楽座 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『西遊記 -はじまりのはじまり-』 を試写会で鑑賞しました。 かなり期待していたが、少し大味すぎやしないか 【ストーリー】  若き妖怪ハンター玄奘(ウェン・ジャン)は、“わらべ唄 三百首”を武器に妖怪たちの善の心を呼び起こそうとするがいつもうまくいかない。...
西遊記~はじまりのはじまり~(日本語吹替版)  監督/チャウ・シンチー (西京極 紫の館)
【出演】  ウェン・ジャン(玄 奘 / 声:斎藤 工)  スー・チー  ( 段  / 声:貫地谷しほり)  ホアン・ボー (孫悟空 / 声:山寺宏一) 【ストーリー】 若き妖怪ハンター玄奘は、“わらべ唄 三百首”を武器に妖怪たちの善の心を呼び起こそうとするがいつもう...
西遊記~はじまりのはじまり~ (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【大話西遊之三藏付魔/JOURNEY TO THE WEST: CONQUERING THE DEMONS】 2014/11/21公開 中国 110分監督:チャウ・シンチー出演:ウェン・ジャン、スー・チー、ホアン・ボー、ショウ・ルオ 誰もが知っている「西遊記」誰もが知らなかった「孫悟空」 『少林サッカー』『....
「西遊記~はじまりのはじまり~」 チャウ・シンチーの本領発揮 (はらやんの映画徒然草)
久しぶりのチャウ・シンチー作品の「西遊記~はじまりのはじまり~」。 2008年の
「西遊記はじまりのはじまり」inしたまちコメディ映画祭 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
今年もやってきたしたまちコメディ映画祭の季節☆ なんといってもウレシイのは、オープニング作品がチャウ・シンチー監督だってこと! これは観ないとねっ おまけに「今日は斎藤工くんが登壇するよー」と、朝になって2重にウレシイお知らせが・・・・
三蔵法師のRPG.~「西遊記 はじまりのはじまり TCX日本語吹替版」~ (ペパーミントの魔術師)
チャウシンチーがもっと若かったら三蔵法師でも悟空でもできたろうにな~。 スクリーンで暴れるのを見たかったんだけど、まあそれは仕方ないとして。 このボッサボサの髪がいつツルッツルになるのかと思いきや そういう展開だったのか。むちゃぶりだけど。(^_^;) 最...
西遊記~はじまりのはじまり~ (だらだら無気力ブログ!)
クスクス笑えて面白かった。
西遊記~はじまりのはじまり~/ウェン・ジャン (カノンな日々)
日本でも馴染みが深く広く親しまれて来た中国の伝奇小説「西遊記」を題材に『少林サッカー』のチャウ・シンチーが監督・製作・脚本を担当し映画化した娯楽アクション映画です。 ...
『 西遊記~はじまりのはじまり~ 』エピソード0・妖怪ハンター編 (映画@見取り八段)
西遊記~はじまりのはじまり~~ 西遊 降魔篇 ~     監督: チャウ・シンチー、デレク・クォック    キャスト: ウェン・ジャン、ショウ・ルオ、スー・チー、ホアン・ボー、クリッシー・チョウ、シン・ユー、リー・ションチン、チウ・チーリンスー・チー、チェ...
『西遊記 はじまりのはじまり』をトーホーシネマズ六本木3で観て、ゲラゲラふじき★★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★★チャウ・シンチーだから評価せずにはいられないという点もあるし、不満もある。でも、その不満は秘密だ】    ああ、チャウ・シンチー良くも悪くも変わら ...
西遊記 ~はじまりのはじまり~ (そーれりぽーと)
チャウ・シンチー監督最新作は、なんと役者チャウ・シンチー不在。『西遊記 ~はじまりのはじまり~』を観てきました。 ★★★ 「おもしれー!」ってのは少々。 「すげーっw」ってのも控えめ。 「くっだらねー!」ってのだけはいつも通り、でもいつものメンツが少なめで...
「チーム三蔵」 ができるまで~『西遊記~はじまりのはじまり~』 【吹替え版】 (真紅のthinkingdays)
 大話西遊之三藏付魔  JOURNEY TO THE WEST:  CONQUERING THE DEMONS  後に三蔵法師となる玄奘(ウェン・ジャン)がまだ剃髪する前、妖怪ハンターと して修業中だった頃。妖怪の中にある善を呼び覚ますため、わらべ唄を歌って 働きかけていた彼は...
西遊記~はじまりのはじまり~ 【劇場で鑑賞】 (映画B-ブログ)
『少林サッカー』などで知られる俳優兼監督の チャウ・シンチーの最新作で、有名な西遊記 を扱った映画『西遊記~はじまりのはじまり~』 が公開されましたので観に行ってきました。 西遊記~はじまりのはじまり~ 原題:西遊 降魔篇 JOURNEY TO THE WEST:CONQUERING T...
西遊記 はじまりのはじまり 西遊 降魔篇 (まてぃの徒然映画+雑記)
周星馳チャウ・シンチー久しぶりの監督作品。PG12がついてて何で?と思ったけれど、意外にグロいシーンもあって納得。 玄奘(文章ウェン・ジャン)、後の三蔵法師が孫悟空、猪八戒、沙悟浄を連れて天竺へ向かう、というお話の発端部、3人を集めるところのお話。 妖怪ハ...
「西遊記 はじまりのはじまり」 (Con Gas, Sin Hielo)
横並びで歩き出すテーマ曲。 「ありえねー」といえばチャウ・シンチー。それを超える映像がてんこ盛りだからか今回は「とんでもねー」ときた。 確かに大足やら宇宙空間に仏様やら、予告の段階で遊び放題の映像を確認したのだが、本篇のつくりは至って真っ当で、そもそ....
西遊記 ~はじまりのはじまり~ (迷宮映画館)
ということは、続くんですよね。
西遊記 ~はじまりのはじまり~ (銀幕大帝α)
大話西遊之三藏付魔/JOURNEY TO THE WEST: CONQUERING THE DEMONS 2013年 中国 110分 アドベンチャー/コメディ/ファンタジー PG12 劇場公開(2014/11/21) 監督: チャウ・シンチー 『ミラクル7号』 製作: チャウ・シンチー 脚本: チャウ・シンチー 出演...
西遊記~はじまりのはじまり~ (いやいやえん)
【概略】 妖怪の善の心を呼び起こそうとするも失敗ばかりの若き妖怪ハンター・玄奘は、五指山に閉じ込められた孫悟空の元を訪れる。 アクション 西遊記って題材は結構好きなんですよー。夏目雅子さんの西遊記はDVD持ってるし(大好き)、悟空道も全巻持ってる(...