パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞のレビューを中心に、DVD、WOWOWの映画の感想などネタバレ有りで記録しています。

アゲイン 28年目の甲子園 ★★★

2015年01月29日 | アクション映画ーア行
『亡国のイージス』などのベテラン俳優中井貴一が主演を務め、重松清原作の小説を映画化した感動のヒューマンドラマ。かつての球児たちが甲子園に再挑戦する「マスターズ甲子園」を題材に、大人たちが野球を通して生きる喜びを再認識する姿を活写する。亡き友人の娘を役者やモデルとして活躍している波瑠が演じ、柳葉敏郎や和久井映見らが脇を固める。今の現実を受け入れながらも輝く登場人物たちの姿に元気をもらう。
あらすじ:46歳の元高校球児・坂町晴彦は、チームメイトだった松川典夫の娘・美枝の突然の訪問に戸惑う。彼女から、長年音信不通だった松川が、昨年の震災で亡くなっていたこと、遺品の中からチームメイト全員に宛てた27年分の投函されなかった年賀状の束があったことを知らされる。父のことを詳しく知りたいと願う美枝は、彼女が学生スタッフとして働く“マスターズ甲子園”への参加を坂町に勧める。ところが坂町の反応は、意外なほどそっけないものだった。その原因は、美枝にだけは明かしたくない、28年前のある事件にあったのだが…。

<感想>物語の主人公坂町を演じるのは中井貴一さん。彼は高校時代、ある野球部員が起こした事件が原因で試合を辞退し、甲子園に出場できなかった過去を抱えている。46歳になった坂町のところへ、「マスターズ甲子園」に出てみないかという話が舞い込むところから物語は始まる。過去の回想シーンで、キャプテンの坂町を演じる高校球児の工藤阿須加が出てくる。

そして、ピッチャーの柳葉敏郎の若いころも。それに、ある野球部員が起こした事件が明るみになるのだが、実は坂町の所へ来た女性美枝がその張本人である松川典夫の娘であった。マネージャーをしていた優子が妊娠をしており、松川がその相手だということで、別の学校の生徒と喧嘩をしたという事件が起きた。こういう問題があると、罰則で甲子園出場は断念するしかないのだ。一人の犯した罪で、甲子園に行けなくなってしまった野球少年たちの悔しさは今でも執念深く心にくすぶり続けているのだ。

その事件のことを知った松川典夫の娘・美枝は、父親の犯した重大な罪を心に刻み、坂町のところへは来なくなってしまった。父親はすでにあの東北大震災で亡くなっている。それに両親は美枝が幼い頃に離婚をしているのだ。

ところが、その話には、肝心のマネージャーだった優子(和久井映見)が、自分でそのことをはっきりと部員たちに話して謝らなければならないのに。
遅くなってしまったが、優子が高校時代に冒した過ちを、本当は松川が全部自分で背負いこんでしまい、学校も中退してしまったのだ。実は、優子のお腹の子供の父親は松川ではなく別の高校の学生で、そのことが喧嘩の原因となり暴行事件を起こしてしまったのだ。
そんなこととは知らずにいた野球部員たちは、松川だけを悪者にして現在も卑怯者だと恨んでいるのだ。だから、松川の娘が「マスターズ甲子園」の出場を促してもダメダメの言葉が帰って来るばかり。特に西岡徳馬演じる柳田は、怒ってしまい今更と怒りをぶちまける。

それでも、バットを振り、白球を追う中井貴一ほか、かつての高校球児たちの晴れ晴れとした表情がいい。終盤の甲子園のシーンも、所沢のOBたちと闘い後4点入らないと甲子園にはいけない。

踏ん張るオジサンパワーで、とうとう甲子園出場を勝ち取るのも嬉しいが、そこまでに至る過程が、ぐずぐずと遠回りして、坂町の家庭も崩壊して離婚、娘は大学生で男と同棲などと問題があり、ピッチャーの柳葉敏郎の家庭でも、リストラなのか無職の父親に家族関係が崩れ始めている。もちろん40も過ぎれば夫婦もいろいろあって当然なのだが、離婚、リストラ、震災死など、厳しい現実があるのは判るのだが、そっちの方ばかりが目立って鬱陶しく感じました。

物語の鍵となるのが、実在する野球大会「マスターズ甲子園」なるもの。高校野球部のOB/OGたちが、世代・性別・甲子園出場経験の有無、元プロ、アマチュアなどの壁を越えて、出身校別に同窓会チームを結成し、元高校球児の憧れでもある「甲子園球場」を目指すための、再度甲子園出場を目指すという大会で、今年の開催で11回目を数えた。私はこの映画を観賞するまで、恥ずかしながら大会の存在を知らなかった。
きっと、野球をやったことがある人であれば一度は甲子園を目指しただろうし、そこに共感してくれる人たちもいるだろうと。境遇は違えど悔しい想いをした人や家族愛などを織り交ぜて、いろんな世代の人たちに楽しんでもらえると思います。それに、もう一度人生にチャレンジする勇気を貰える感動作に、仕上がっています。
2015年劇場鑑賞作品・・・13映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング


この記事についてブログを書く
« ショート・ターム ★★★.5 | トップ | 6才のボクが、大人になるまで... »

アクション映画ーア行」カテゴリの最新記事