パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞のレビューを中心に、DVD、WOWOWの映画の感想などネタバレ有りで記録しています。

フライト・ゲーム ★★★.5

2014年09月06日 | アクション映画ーハ行
「アンノウン」のリーアム・ニーソンとジャウム・コレット=セラ監督が再タッグを組み、高度1万2000メートルを飛ぶ旅客機という密室空間で繰り広げられる戦いを描いたサスペンスアクション。ニューヨーク発ロンドン行の旅客機に、警備のため搭乗した航空保安官ビル。しかし、離陸直後、ビルの携帯電話に「1億5000万ドル送金しなければ、20分ごとに機内の誰かを殺す」との匿名の脅迫メールが届く。やがて1人目の犠牲者が出てしまい、ビルは乗客を拘束して荷物や携帯電話を調べるが、手がかりは見つからない。2人目、3人目と犠牲者が続くなか、やがて犯人の指定する口座がビルの名義だと判明。ビル自身にも疑惑の目が向けられてしまう。オスカー受賞作「それでも夜は明ける」で自身もアカデミー助演女優賞を受賞したルピタ・ニョンゴが共演。

<感想>高度1万メートルを飛ぶ国際線旅客機を舞台に、凶悪犯と対決する密室サスペンス。62歳のリーアム・ニーソンは、飛行機の中でもやっぱり強かった。ひとり娘を亡くしてから、離婚してアルコール依存症に陥った主人公のビル。以前はNY市警だったが、現在は航空保安官であり、ロンドン行きの旅客機内のビルに、見知らぬ相手からメールが届く。その瞬間から快適なはずのフライトが恐ろしいテロの現場となってしまった。容疑者は乗客全員。
犯人からの脅迫のメールが次々と送られてくる。ビルは怪しそうな人物をチェックするが、一人では手に負えない。

ビジネスクラスの座席のビル、隣のジェンに協力を頼む。ジェンにはジュリアン・ムーアが、以前に心臓の手術を受けており、胸に深い傷跡がある。それに、客室乗務員のナンシー。彼女はパイロットが操縦席で突然死しているのを目撃し、冷静に対処することで乗客たちがパニックにならないように努めるベテラン。しかし、機長室へは彼女が出入りしており、パイロットは口から泡を吹き、何か毒物を飲まされたらしいと判る。

それに、同じ仲間の航空保安官の男が、ビルにしつこく迫って来て、狭いトイレの中での格闘には、便器や鏡に頭や拳が当たって痛そうなビル。しかし、その男が銃を手にしそうになり首を折って殺してしまう。この同僚は金欲しさに仲間に加わったのだ。

その他にも、怪しい乗客たち。そうこうしている内に、リーアムが飛行機内の手荷物の中から、鞄に入った麻薬を見つけ、その麻薬の中に爆弾がセットされていた。爆発までの時間の間に、乗客たちがリーアムが犯人ではないかと疑って殴りかかってくる。もし、リーアムが捕えられたら犯人の思うつぼだ。
爆弾のことを話して、パイロットも毒薬注射で死んだことと、副操縦士に爆発を弱めるために8000フィートまで降下するように命じるも、無線で飛行場の保安部の上司が軍に連絡して、テロにハイジャックされたと連絡。たちまち、飛行機の横に戦闘機が2機ピッタリ寄り添い、近くの飛行場へ着陸するように誘導するというのだ。

中盤では、リーアム爺さんがアル中で、棚の酒瓶に目がうつろだし、トイレでタバコを吸うわで、金も自分の口座宛に振り込めと指図するしで、なんだかリーアムが犯人なのではと、今回は悪人かい、なんて思ってしまった。ですが、やっぱり正義の味方、ヒーローしか演じていないので、信じるしかない。

原題が「ノン_ストップ」どおり、全編緊張感が緩まない。ビルをあざ笑うように次々と脅迫のメールが届き、20分おきに人が殺されていく。間が悪く、乗客の一人が、ビルの脅迫めいた取り調べを撮影し、TV局に送信。ビルの過去も犯人が指定した口座名義がビルであったことから、完全に犯人扱いされてしまう。
終盤に、犯人の意外な正体が判明するや、ビルの戦闘能力は一気にマックスへと。まさかね、犯人がメガネの教師と、黒人のスマートフォンのプログラマーだとは、ビルも信じて犯人探しに頼んだりしてしまった。

クライマックスは、飛行機が爆破されながら、飛行機内で拳銃も撃つしで、窓に当たってガラスが割れ、そこから凄まじい風圧が。乗客が8000フィートで外へと押し出される。その時、窓際に座っていた少女を助けるリーアムの姿に感動。
そして、爆弾の爆破と、墜落の危険が迫る中、乗客のパニック描写もすさまじく、緊急着陸に挑むシーンでは、飛行機に穴が開き風圧が凄い。手に汗握る展開で、パイロット一人でよくぞ着陸に成功したと、拍手もんですこれは。
ビルにとっては乗客の命を守ることが最重要のミッションであり、怒りを力に変えて、身に危険を顧みず身体を張って頑張るリーアムに、今回もあっぱれと言いたいです。
2014年劇場鑑賞作品・・・282  映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング

この記事についてブログを書く
« 複製された男 ★★★.5 | トップ | イン・ザ・ヒーロー ★★★★★ »

アクション映画ーハ行」カテゴリの最新記事