パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞のレビューを中心に、DVD、WOWOWの映画の感想などネタバレ有りで記録しています。

ポンペイ ★★★.5

2014年06月09日 | アクション映画ーハ行
『バイオハザード』シリーズなどのヒットメーカー、ポール・W・S・アンダーソン監督がメガホンを取って放つ歴史アクション大作。『サイレントヒル:リベレーション3D』などのキット・ハリントンを主演に迎え、火山の噴火で埋没した街ポンペイを舞台に、愛する人に全てをささげる主人公の奮闘を描く。ヒロインを『エンジェル ウォーズ』などのエミリー・ブラウニングが好演。一瞬で全てを奪い尽くす自然災害に、果敢に挑む青年の勇気と行動力に胸が詰まる。

あらすじ:西暦79年の古代都市ポンペイ。ブルタニカ(英国)生まれのマイロは腕利きの剣闘士。その腕を見込まれてローマ帝国へと。港町として栄えるポンペイの闘技場で闘うことに。ローマ皇帝の片腕であるコルヴスは、ポンペイへの財政援助を申し出る。コルヴスの目的は、ポンペイきっての美女カッシアを嫁に貰うことだった。
コルヴスは、マイロの両親を殺した憎き仇。コルヴスとカッシアの見守る中、マイロは闘技場で戦い続ける。奴隷戦士マイロ(キット・ハリントン)は、富裕層の商人の令嬢カッシア(エミリー・ブラウニング)と恋仲になるが、彼女にはすでに婚約者がいた。身分違いの恋に悩んだ彼は、自由を得るために街を去ろうとする。
ちょうどその時ベスビオ火山が噴火を始め、マイロは愛する女性を救うために街に舞い戻る。ついには、火山が大噴火。町の人たちは一気に火砕流と津波に飲み込まれてしまう。カッシアを連れて逃げるコルヴスを、マイロが懸命に追い掛ける。

<感想>史実をベースにした、パニック映画に号泣ラヴストーリーを配合した欲張りなSFX歴史大作。舞台となるポンペイは、ローマ帝国時代に商都として栄えたが、ベスビオ火山の噴火によってわずか1日で消滅した実在の古代都市である。運命の日が迫っていることを知らず、死ぬまで戦い続けることを義務づけられている剣闘士マイロと、心優しき令嬢カッシアは出会い、恋の炎を燃やすことに。

令嬢カッシアが見守る闘技場でマイロが死闘を繰り広げる最中、ついに火山が大噴火。火口から流れだしたSFXを駆使した火砕流と、火山弾がポンペイの町に襲い掛かる。
激しいソード・アクションと情熱的なロマンスに、ディザスター映画好きの人はもちろん、「300 スリーハンドレッド」や「グラディエーター」のような娯楽要素をぎっしりと詰め込んだサバイバルドラマに仕立てて魅せているのが良かった。

主人公たちの恋仲を切り裂く性悪元老院コルヴスには、キーファー・サザーランドが、「24」のジャック・バウアー級にしぶとい悪役ぶりで楽しませてくれます。

主演のキット・ハリントはTVシリーズ「ゲーム・オブ・スローンズ」で注目された俳優。でも、背が低く筋肉バリバリじゃないし見栄えしないのが惜しい。ポンペイの富豪の娘で、マイロに恋するカッシア役には、「エンジェル ウォーズ」のエミリー・ブラウニングが、その母親にキャリー=アン・モスが演じていて、「サイレントヒル:リベレーション」では教団のボス、クローディアを演じており、学生ヴィンセントにキット・ハリントが演じていたんですね。あの学生がね、剣闘士のマイロ役とは気が付かなかった。
特に目立っていたのは、脇役で剣闘士の黒人俳優アドウェール・アキノエ=アグバエですかね。あと一人倒せば自分は奴隷でも自由になれると信じている、この俳優さん良かったです。

一番の見どころは、コロシアムでの戦闘シーンで、10人位のグラディエーターを鎖で縛り、彼らを相手にローマ軍の兵士が馬に乗って襲い掛かるという卑怯な場面。「300 スリーハンドレッド」のスタント・コーディネーターがアクションを担当し、「グラディエーター」ばりの豪快な健闘シーン。マイロとアティカスが身体を張って一対一、又はマイロ一人で多勢とのバトルが切れ目なく展開する。剣や矛、鎖を駆使した戦いは、軽やかだが重量級のぶつかり合いだ。

このシーン、さすがに主人公のマイロが先頭に立ち、戦略を練りながら兵士たちをなぎ倒すシーンは圧巻でした。
剣闘士が勝利を挙げた中で、大噴火が起きたにも関わらず、コルヴスは花嫁候補のカッシアにこだわるあまり、マイロを亡き者にしようとするが、爆発する火山も怖いが、怒り狂った男のジェラシーも怖いもんです。

そこへ、あの有名なベスビオ火山の大噴火です。始めは地震が起きてコロシアムが崩れ落ちるシーン、そこへ火山弾が降ってくるし、船で逃げようと港へと押し寄せる民衆たち、そこへ大津波が押し寄せてくるという、怒涛の勢いでスリルとロマンが高まっていく王道のエンタメ映画です。

それに、孤高のケルト騎馬民族の生き残りマイロと、聡明な令嬢カッシアの身分違いの恋物語が、カッシアとの政略結婚を目論む悪漢コルヴスの腹黒い陰謀を絡めて展開する。二人は、幾多のハードルにも屈せず、まさしく終盤の大噴火と共に“燃え上がる”2人のロマンスに溜め息がでます。
監督は膨大な資料を基に30もの古代都市セットを建造し、通りの玉石まで忠実に再現して見せている。大噴火のチリや煙も再現、俳優たちは、大量の灰に苦しみながら撮影したそうです。
クライマックスの、ポンペイを1日で消滅させた火山大噴火の終末スペクタルが炸裂する大迫力は圧巻の一言です。天高く噴き上がる黒煙、火口から溢れだすマグマや火山弾、街を飲み込む大津波と火砕流といった自然の猛威を、ド迫力のCGで臨場感たっぷりに描き切っています。
2014年劇場鑑賞作品・・・210映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング

300 スリーハンドレッド
サイレントヒル:リベレーション3D
サイレントヒル:リベレーション2D
エンジェル ウォーズ


この記事についてブログを書く
goo blogユーザーが出品しています
他の出品作品をマルシェルで見る
« グランド・ブダペスト・ホテ... | トップ | ポリス・ストーリー/レジェ... »

アクション映画ーハ行」カテゴリの最新記事