パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞のレビューを中心に、DVD、WOWOWの映画の感想などネタバレ有りで記録しています。

トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part2 ★★★

2012年12月30日 | アクション映画ータ行
人間の少女とヴァンパイアの禁断の恋を描いたシリーズ完結編。少女が産んだハーフ・ヴァンパイアの子を巡り、世界中のヴァンパイアを巻き込む最終決戦を描く。監督は前作に続きビル・コンドンが担当。出演は、本シリーズによって若手トップスターへと登り詰めたクリステン・スチュワート、ロバート・パティンソン、テイラー・ロートナー。

前作でエドワードとの子供、レネズミを出産。その壮絶なまでの難産を乗り越え目覚めたベラが、ヴァンパイアに転生した。目覚めてすぐに喉の渇きを覚え、エドワードとともに森へ。つまり人間の血を吸わないカレン家は、森に棲む動物たちをハントするわけ。それがヴァンパイアになったばかりなのに、森へ行くのにもの凄い速さで空を飛ぶわ、初めは鹿を狙っていたのに、その鹿を狙うトラをねじ伏せて獲物にしてしまう狂暴さには驚くよ。

そして絶壁に人間を見つけると、するすると登っていくのにもびっくり。さらには、力自慢の男と腕相撲して、負かしてしまうし、怒りにまかせてジェイコブも軽々とほ放り投げるほどのパワーを身に付けたベラなんですね。そしてもっと凄い能力が、どんなヴァンパイアの能力も遮断してしまうシールド的な力を持っていたとはね。
そして、二人の子供レネズミはあっという間に大きくなって、人間とヴァンパイアのハーフ。そのレネズミにオオカミ族の“刻印”を感じてしまうジェイコブ。運命の相手と出会った時感じる絆ようなものなんですが、以前にベラとそういった感情もありましたが、今度は本物のようです。まだ幼いレネズミなのに、ジェイコブが彼女の傍から一時も離れようとしない。

ところが、恐れた事態が発生。レネズミが森で狩りをする様子を見ていたカレン家のイリーナが、レネズミをヴァンパイア族を崩壊させてしまう伝説の“不滅の子”と勘違いして、イタリアにいるヴォルトゥーリ族に密告してしまう。つまり人間の子をヴァンパイアに転生させると、自分の正体を隠す抑制がきかずに、無差別に人間を襲い、知られてはならない一族の存在がバレてしまうというのだ。

以前にもヴォルトゥーリは、不滅の子とその一族を容赦なく抹殺してきた過去がある。だから、今回もヴォルトゥーリの長であるアロが、レネズミとカレン家を抹殺するために、ダコタ・ファニングらと共に、カレン家の住むフォークスへやってくるわけ。
そのことを、予知能力で見てしまったアリスが、レネズミを不滅の子だと勘違いしているヴォルトゥーリを説得するため、世界中からヴァンパイアを集結させる。今回初めて顔を見せるヴァンパイアたちが、それぞれ個性的で、南米の湿原に暮らすアマゾン派、最古に近い種族エジプト派、ヴォルトゥリーに恨みを持つルーマニア派、などなど覚えきれないし、見分けるなんてできないよ。エジプト派のベンジャミンは、火、水、木、土と大気の四大元素を自在に操るなど、様々な特技や能力がある。

それでも、ベラは我が子レネズミを守るために、刻印の相手のジェイコブとオオカミ族の仲間たちにも応援を頼む。だが、ヴォルトゥリーの勢力には数が足りないかもしれないと察知するベラ。ジェイコブの背中に乗るレネズミは、もう二人の将来が見えているかのようで、頼もしいジェイコブ。でもレネズミの成長が7年で大人になり、それからはそのままで永遠に生きるみたい。
レネズミが人間とヴァンパイアのハーフであることを証明するため、アリスとジャスパーがいなくなるのだが、ヴォルトゥリー族が押し寄せてきた時にはアリスが戻ってきて、アロと手を握りテレパシーで戦いのシーンを見せる。このヴァンパイア同士の戦いは、本当に首を切り燃やしてしまうという残酷なシーンを見せつけるのだが、それは予知夢として戦わずして、アロが納得するという展開で収まる。つまり、アリスが連れてきたレネズミと同じように、人間とヴァンパイアの子供、インディアンの女性と母親が証明したということなのだ。

何だかこんなにも長いシリーズになっているも、物語の核となるのはエドワードとベラの運命のロマンスなんですよね。アクション色の強い最終章だが、気になるところは二人がこれからどうなるのか?・・・という結末を知りたいだけ。だからって、二人は結婚して子供まで出来て、幸せかって、それは当たり前で、ベラが念願のヴァンパイアになったことで、二人はこのまま永遠ってことなのよね。二人が結婚するまではいろんなことがあったけど、それがとても刺激的で観ていて応援したくなるのは必然ですよね。
2012年劇場鑑賞作品・・・146  映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキングへ



この記事についてブログを書く
« レ・ミゼラブル ★★★★★ | トップ | ジャスト・ア・ヒーロー ★★ »

アクション映画ータ行」カテゴリの最新記事