パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞のレビューを中心に、DVD、WOWOWの映画の感想などネタバレ有りで記録しています。

アメリカン・スナイパー ★★★★

2015年02月21日 | アクション映画ーア行
アメリカ軍で最も強い狙撃手と呼ばれた、クリス・カイルの自叙伝を実写化したドラマ。アメリカ海軍特殊部隊ネイビーシールズ所属のスナイパーであった彼が、イラク戦争で数々の戦果を挙げながらも心に傷を負っていくさまを見つめる。メガホンを取るのは、『ミリオンダラー・ベイビー』などのクリント・イーストウッド。『世界にひとつのプレイブック』などのブラッドリー・クーパーが主演を務め、プロデューサーとしても名を連ねている。戦争とは何かを問うテーマに加え、壮絶な戦闘描写も見もの。
あらすじ:イラク戦争に出征した、アメリカ海軍特殊部隊ネイビーシールズの隊員クリス・カイル(ブラッドリー・クーパー)。スナイパーである彼は、「誰一人残さない」というネイビーシールズのモットーに従うようにして仲間たちを徹底的に援護する。人並み外れた狙撃の精度からレジェンドと称されるが、その一方で反乱軍に賞金を懸けられてしまう。故郷に残した家族を思いながら、スコープをのぞき、引き金を引き、敵の命を奪っていくクリス。4回にわたってイラクに送られた彼は、心に深い傷を負ってしまう。

<感想>冒頭にて、建物の屋上で銃をかまえる米軍スナイパーの照準器が、向かい側の建物のから出てくる母親らしき女と少年をとらえる。「判断に任せる」という命令に、スナイパーは撃つのか撃たないのか、息詰まる数秒間の末に、不意に画面が反転する。それは、狙撃兵の少年時代に父親と鹿狩りに行ったシーンが映し出される。父親が言うのは、人間には「羊と狼に番犬」という種類がある。羊は虐められるし、番犬として家族を守るために狼と闘うと言うのだとも。
大きくなったクリスは、アメリカ海軍特殊部隊ネイビーシールズの隊員となるために、厳しい訓練を受け、その後結婚式と子供の誕生といった彼の半生の記憶が走馬灯のように次々トモンタージュされる。そして、イラクへと派遣されるクリスが冒頭のシーンに戻る。少年は手にロケット型手榴弾を持ち米軍部隊の方へ向かって走っていく。その少年をクリスが捉えて射殺する。

人は死の瞬間に一生の記憶を思い出すと言うが、それなら同じことが人の命を奪う瞬間に起こっても不思議ではない。殺すにせよ、殺されるにせよ、死の瞬間とは、誰にも経験できない不可知であり、人の全生涯を極限まで凝縮したぬきさしならぬ一点であるだろう。
引き金を引くのか、引かないのか、その時、空間は銃口と標的とを結ぶ一本の線へと。クリスが屋上から下の標的を狙うスナイパーであると同時に、そんな彼をさらに上から狙う謎のシリア人スナイパーを登場させることで、彼自身もまたいつ弾が上から降ってくるか分からない立場に置かれる。照準器ごしに人の命を弄ぶ、彼自身がそうであるスナイパーと言う存在を排除すべく、彼はもう一人の自分というべきスナイパーを追って上へと、階段を上っていく。この抜きつ抜かれつが、気が付けばいつものイーストウッド映画のスリル感なのですね。

とにかく主人公の狙撃兵クリスの腕は超一流で、1920mもの先にいる、敵である五輪で金メダルの保持者のシリア人スナイパーを、照準器の中で標的の身体に十字の印がピタリと重なる瞬間、敵を肉眼で捉え射撃するのだ。これが見事に敵の狙撃兵に命中するという快挙を遂げている。だからというわけでもないが、主人公クリスを英雄化していると思われるのも頷ける。まるで英雄なのか、悪人かで描いているようにも取られる。

それは、9.11後に間違った理由で戦争を開始したアメリカが、その後ブッシュ政権への支持、不支持でまっぷたつに分かれたことをも彷彿とさせるものでもある。ですが、この映画は、イラク戦争がどうのとかではなく、一人の狙撃兵クリスの葛藤を描いているのだ。ですが、ここで描かれている兵士の葛藤というのは、例えば少年や女性を目の前にしても、それをアメリカのために撃ち殺さなければいけない、という葛藤だったりする。
最終的に最も印象に残るのは、ロケットランチャーを手にした少年を狙撃するかしないかの瀬戸際で、クリスが神に祈る手に汗を握るシーンではない。迫りくる巨大な砂嵐の中で生きるか死ぬかの攻防戦を繰り広げるシーンでもない。
こういう戦地のシーンでは、80代半ばのイーストウッド監督が撮ったものとは思えないほど、本当に骨太で妥協のない肉体、精神とともにタフで研ぎ澄まされていなければ、形にできない映像ばかりである。

だが、本当に重要なのはクリスが戦地に行って帰って来る度に、変容していく家庭のシーンなのである。戦地で陰惨な光景を目の当たりにした彼は、家に帰っても近所から聞こえる工具の音にもビクつき、バーベキュー・パーティで可愛がっていた犬にも子供にじゃれ付いているだけなのに、子供を犬が襲い掛かっていると判断して恐怖の顔をして犬を殺そうとするのだ。
それは戦争のトラウマといった単純なものではない。戦地から帰ってきても、クリスの中では戦争は続いていて、特に彼ほどにその能力が戦地で、影響力を持つ人になってしまうと、家庭で平穏に日常生活を送っていることが、実際に戦地にいる人たちが生きるか死ぬかを左右してしまう。かと言って、永遠に戦地で米軍部隊を守る狙撃兵を続けることは、精神状態が不可能なのだ。
だから、クリスにとっては、戦争をしているアメリカという国に属している限り、戦地も帰国しての家庭もないのだ。何処に居ても、たとえ兵士を辞めても、彼の精神状態は殺し合いの螺旋に巻き込まれたまま逃れることが出来ないのである。

だから、戦地に行ったことのない家族には、本当の意味でそのことを理解することは出来ないと思う。帰って来て、家庭でのシーンでは、戦地のシーン以上に悲劇性が強い。イラク戦争の映画というと、ジェレミー・レナー演じる兵士「ハート・ロッカー」「ゼロ・ダーク・サーティ」でもそのような描写が描かれて、何度も戦地へと行く兵士の心情が描かれていた。
ラストのエンドクレジットの後半で、あまりにもさらっと無音で字幕スーパーが流れる結末こそが、もっとも大事な部分なのではないかと。160人の蛮人を射殺したクリス・カイルが、国民的英雄として葬送される映像に、遺体搬送車が通行する道路沿いには、無数の人々が押し寄せ彼を葬送している。
映画の中の銃声や地響きや物音などが印象的だっただけに、この無音は対照的でした。しかも、その前にクリスの短い人生が暗示されるだけに、観る側が胸につまされます。それは、結局戦争に勝者は存在しないということが。その末端で、正義のために葛藤した兵士たちこそが、その犠牲になるという残酷な事実を知らせている。
2015年劇場鑑賞作品・・・32映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング

コメント   トラックバック (51)   この記事についてブログを書く
« 嗤う分身 ★★★ | トップ | デビルズ・ノット ★★★ »
最近の画像もっと見る

アクション映画ーア行」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

51 トラックバック

映画「アメリカン・スナイパー」@一ツ橋ホール (新・辛口映画館)
 今回、私は「OK Wave」さんにご招待された。試写会の客入りは8~9割位。客年齢は高めで男性客が多い。
『アメリカン・スナイパー』 2015年2月10日 TOHOシネマズ市川 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『アメリカン・スナイパー』 を試写会で鑑賞しました。 珍しく、TOHOの試写会が当たりました 【ストーリー】  イラク戦争に出征した、アメリカ海軍特殊部隊ネイビーシールズの隊員クリス・カイル(ブラッドリー・クーパー)。スナイパーである彼は、「誰一人残さない...
アメリカン・スナイパー (花ごよみ)
監督はクリント・イーストウッド。 主演は自らプロデューサーとして、 映画化権を得たブラッドリー・クーパー。 彼は役作りのために体重を 大幅に増やしたそうです。 この映画は イラク戦争に4回にわたり遠征、従軍した アメリカ海軍特殊部隊の、 ネイビーシールズ所....
『アメリカン・スナイパー』 (こねたみっくす)
EDロールに込められたクリス・カイル狙撃手への想い。 イラク戦争においてアメリカ軍史上最多の160人以上を射殺し、アルカイダからは18万ドルの懸賞金を掛けられたネイビーシールズ ...
『アメリカン・スナイパー』 (2014) (相木悟の映画評)
深き余韻が刻まれるスナイパーの一生! 従軍し、英雄になった男に、戦争はどんな影響を与えたのか?その心理を垣間見る重い人間ドラマであった。 本作は、映画界の長老クリント・イーストウッド監督作。イラク戦争で公式記録160人を撃ち抜いた最強スナイパー、クリ....
『アメリカン・スナイパー』(試写会) (・*・ etoile ・*・)
'15.02.10 『アメリカン・スナイパー』(試写会)@イイノホール 戦争映画はあまり得意ではないのだけど、この映画は見たいと思っていた。試写会当選したお友達のおこぼれに与って行ってきたー♬ ネタバレありです! 結末にも触れています! 「幼い頃から...
『アメリカン・スナイパー』体制庇護か反戦か (映画@見取り八段)
アメリカン・スナイパー~ AMERICAN SNIPER ~     監督: クリント・イーストウッド    キャスト: ブラッドリー・クーパー、シエナ・ミラー、ルーク・グライムス、ジェイク・マクドーマン、ケヴィン・ラーチ、コリー・ハードリクト、ナヴィド・ネガーバン、キー...
劇場鑑賞「アメリカン・スナイパー」 (日々“是”精進! ver.F)
彼は、“伝説”だったのか… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201502210000/ ★アメリカ版★数量限定グッズ★DVD等と一緒にコレクション★アメリカン・スナイパー ブラッド...価格:6,800円(税込、送料別) 【楽天...
映画:アメリカン・スナイパー American Sniper 今年のベスト10に確実に絡む 力作・傑作! (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
流石、イーストウッド。 2時間12分が、あっという間に過ぎてしまう... 生日、ゴダールの84オにも驚いたが,こちらも同い年(笑) 去年は「ジャージー・ボーイズ」、で今年はこんなに強力な一発かよ~ その前もヤバ過ぎの「グラン・トリノ」、超変化球「ヒア....
アメリカン・スナイパー/ブラッドリー・クーパー (カノンな日々)
アメリカ軍史上最強の狙撃手と言われた故クリス・カイルの自伝をクリント・イーストウッド監督がブラッドリー・クーパーを主演に映画化した戦争ヒューマンドラマです。短い劇場予 ...
アメリカン・スナイパー (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(09) 戦争の魔力に憑りつかれていく男の軌跡とくれば
肝に銘じなければならない。『アメリカン・スナイパー 』 (水曜日のシネマ日記)
アメリカ軍で最も強い狙撃手と呼ばれたクリス・カイルの自叙伝を実写化した作品です。
アメリカン・スナイパー / American Sniper (勝手に映画評)
アメリカ軍史上最高の狙撃手、アメリカ海軍特殊部隊SEALsのクリス・カイルを描いた作品。 クリント・イーストウッドらしい、骨太の作品ですね。って言うか、実在の人物を描いた伝記映画なので、基となった人物の人生が骨太ということでも有るのだと思いますが。 作品で....
アメリカン・スナイパー (Break Time)
今朝は、一日中曇りの天気で・・・
アメリカン・スナイパー (だらだら無気力ブログ!)
最後まで魅入ってしまった。
アメリカン・スナイパー (試写会) (風に吹かれて)
両極端の場所を行き来する者たち 公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/americansniper2月21日公開 原作: ネイビー・シールズ最強の狙撃手 (クリス・カイ
アメリカン・スナイパー  (心のままに映画の風景)
イラク戦争に出征したアメリカ海軍特殊部隊ネイビーシールズの隊員クリス・カイル(ブラッドリー・クーパー)は、人並み外れた狙撃の精度から“レジェンド”と称され、仲間たちを徹底的に援護する。 4度にわたりイラクに送られたクリスは、故郷に残した妻タヤ( シエナ...
アメリカン・スナイパー (Akira's VOICE)
確かなずっしりの見応え。  
『アメリカン・スナイパー』 (ラムの大通り)
※ご覧なった人専用。後の方で少しネタバレに触れています。 (原題:AMERICAN SNIPER) ----いよいよ始まったね、この映画。 話しにくいとか言っていなかったっけ? 「そうなんだよね。 どうしようか迷って、 でもどうしても言っておかなくては… と思ったことがあって...
『アメリカン・スナイパー』 ~届け!老番犬の無音の遠吠え~ (偏愛映画自由帳)
2014年/アメリカ/132分 監督:クリント・イーストウッド 出演:ブラッドリー・クーパー    シエナ・ミラー ■概要 原題は『American Sniper』。アメリカ製作による2014年の戦争伝記ドラマです。監督は『ジャージー・ボーイズ』の御大クリント・イーストウッド...
『アメリカン・スナイパー』 それは違うよ、モハメッド (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  スコープの先に男の姿が見える。男は進撃する米軍を観察しながらどこかに電話している。  男の姿が消えると、建物から女性と子供が現れた。親子のようだ。女性が子供に何かを手渡す。スコープ越しに見るそれは、対戦車手榴弾によく似ている。そ...
「アメリカン・スナイパー」☆鎮魂 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
もう戦争映画も出尽くしたと思っていた。 ここまで完璧な映画が、まさかこのタイミングで現れるとは・・・・
映画「アメリカン・スナイパー」 感想と採点 ※ネタバレなし (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『アメリカン・スナイパー』 (公式)を昨日、劇場鑑賞。採点は余裕の ★★★★ ☆ (5点満点で4点)。100点満点なら85点にします。 ざっくりストーリー アメリカ海軍特殊部隊ネイビーシールズの隊員クリス・カイル(ブラッドリー・...
アメリカン・スナイパー・・・・・評価額1800円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
スコープの中の戦場。 アメリカのゼロ年代は戦争の時代だ。 2001年の同時多発テロの衝撃から火が付き、アフガニスタンからイラクへと燃え広がっていった戦争は、アラブの政変などの影響を受けつつウィルスの如く変異を重ね、いまだにその出口すら見えていない。 今回...
アメリカン・スナイパー (はるみのひとり言)
試写会で観ました。伝説のスナイパーと英雄視されたクリス・カイルの真実みたいな作品でした。ネイビーシールズに入隊し、家族を残しイラクに派遣されたクリス。敵陣に乗り込む味方を守るための狙撃手として活躍し、負傷した仲間も助けるような人。彼がイラクに派遣さ...
アメリカン・スナイパー (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【AMERICAN SNIPER】 2015/02/21公開 アメリカ R15+ 132分監督:クリント・イーストウッド出演:ブラッドリー・クーパー、シエナ・ミラー、ルーク・グライムス、ジェイク・マクドーマン、ケヴィン・レイス、コリー・ハードリクト、ナヴィド・ネガーバン、キーア・オドネル...
『アメリカン・スナイパー』('15初鑑賞18・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 2月21日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 16:05の回を鑑賞。
『アメリカン・スナイパー』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「アメリカン・スナイパー」□監督 クリント・イーストウッド□脚本 ジェイソン・ホール□原作 クリス・カイル、スコット・マクイーウェン、ジム・デフェリス□キャスト ブラッドリー・クーパー、シエナ・ミラー、ルーク・グライム、  ...
「アメリカン・スナイパー」 兵士の行く末 (はらやんの映画徒然草)
ベトナム戦争の頃より、戦場から戻ってきた兵士たちの精神の状態に注目が集まるように
伝説への黙祷~『アメリカン・スナイパー』 (真紅のthinkingdays)
 AMERICAN SNIPER  テキサスでカウボーイとして育ったクリス・カイル(ブラッドリー・クーパー) は、愛国心から志願し、入隊する。ネイビー・シールズの狙撃手としてイラ ク戦争に従軍した彼は、その 「精確」 な腕前から 「レジェンド」 と称され...
アメリカン・スナイパー 【劇場で鑑賞】 (映画B-ブログ)
アメリカ軍最強と言われた実在の狙撃手を描いた 映画で、主演はハングオーバーシリーズなどで 知られるブラッドリー・クーパー、監督は精力的に 映画を製作してくれているのが嬉しいクリント・ イーストウッドが務める『アメリカン・スナイパー』 が公開されましたので観...
アメリカン・スナイパー  監督/クリント・イーストウッド (西京極 紫の館)
【出演】  ブラッドリー・クーパー  シエナ・ミラー 【ストーリー】 イラク戦争に出征した、アメリカ海軍特殊部隊ネイビーシールズの隊員クリス・カイル。スナイパーである彼は、「誰一人残さない」というネイビーシールズのモットーに従うようにして仲間たちを徹底的....
アメリカン・スナイパー (映画的・絵画的・音楽的)
 『アメリカン・スナイパー』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)本作がクリント・イーストウッド監督の作品であり(注1)、アカデミー賞作品賞にノミネートされているというので、映画館に行ってきました。  なにしろ、アメリカでは2月には興行成績が3億ドルを突破し....
『アメリカン・スナイパー』 (beatitude)
米海軍特殊部隊ネイビー・シールズに入隊し、イラク戦争に狙撃手として派遣されたクリス(ブラッドリー・クーパー)。その任務は“どんなに過酷な状況でも仲間を必ず守ること”。狙撃精度の高さで多くの仲間を救ったクリスは “レジェンド&amp...
アメリカン・スナイパー (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[アメリカン・スナイパー] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ 評価:大吉 2015年6本目です。 【あらすじ】 テキサス出身のカウボーイ、クリス・カイル(ブラッドリー・クーパー)は、1998年にアフリカで起こったアメリカ大使館爆破事件をき...
アメリカン・スナイパー (映画好きパパの鑑賞日記)
 イーストウッド監督がイラク戦争の”英雄”を描き、アメリカでは大ヒットするとともに、反戦映画かイラク戦争を肯定的に描いたプロパガンダかと大論争になっている作品。論争も含めてイーストウッドは計算づくでやっているんでしょうが、僕は戦争が人間を壊すというのは...
「アメリカンスナイパー」 (Con Gas, Sin Hielo)
それは邪心なき使命感から生まれた。 C.イーストウッド監督作品としては異例の大ヒット中。戦争を賛美しているとする声もあるが、観たかぎりそこまで決めつけられるものではないと思った。 主人公のクリス・カイルは愛国心を前面に掲げる、単純にレッテル貼りをするな....
「アメリカン・スナイパー」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2014年・アメリカ/マルパソ=ヴィレッジ・ロードショー・ピクチャーズ、他 配給:ワーナー・ブラザース映画 原題:American Sniper 監督:クリント・イーストウッド原作:クリス・カイル、ス
「アメリカン・スナイパー」 (或る日の出来事)
シンプルに映画に描きとめる。
アメリカン・スナイパー (ダイターンクラッシュ!!)
2015年2月21日(土) 19:00~ 丸の内ピカデリー1 料金:1200円(クーポン利用) パンフレット:未確認 イーストウッド節 『アメリカン・スナイパー』公式サイト イーストウッド節。 救いがあるような無いような、アンハッピーエンド。 浮気していた婚約者(?)...
アメリカン・スナイパー (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】クリント・イーストウッド 【出演】ブラッドリー・クーパー/シエナ・ミラー/ルーク・グライムス/ジェイク・マクドーマン/ケビン・ラーチ/コリー・ハードリクト/ナビド・ネガーバン/キーア・オドネル 【公開日】2015年2月21日 【製作】アメリカ 【ストー...
アメリカン・スナイパー (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
アメリカン・スナイパー '14:米 ◆原題:AMERICAN SNIPER ◆監督:クリント・イーストウッド「ジャージー・ボーイズ」「グラン・トリノ」 ◆出演:ブラッドリー・クーパー、シエナ・ミラー、ルーク・グライムス、ジェイク・マクドーマン、キーア・オドネル、カイル・...
アメリカン・スナイパー AMERICAN SNIPER (まてぃの徒然映画+雑記)
イラク戦争でアメリカ軍最強の狙撃手として恐れられたクリス・カイルの自叙伝を、クリント・イーストウッド監督が映画化。 アメリカ海軍特殊部隊、NAVY SEALS所属のクリス・カイルはイラク戦争に4度派遣され、狙撃手として味方の危機を救い160人もの敵を射殺した。 戦....
イラクの英雄、その真実、 (笑う社会人の生活)
6日のことですが、映画「アメリカン・スナイパー」を鑑賞しました。 ネイビーシールズのクリス・カイルはイラク戦争時、狙撃の腕前で多くの仲間を救うが 同時にその存在は敵にも知られ 命を狙われるほどに 故郷いる妻子に対し良き夫 良き父でありたいと願うが、ジレンマ....
アメリカン・スナイパー (いやいやえん)
【概略】 戦争の狂気に取り憑かれながらも、家族をこよなく愛した男の光と影を描く。 ドラマ 米軍史上最多、160人を射殺したひとりの優しい父親。観る者の心を撃ち抜く、衝撃の実話。 国を愛し、家族を愛し、戦場を愛した男――。 描かれるのは伝説のスナイパ...
アメリカン・スナイパー (銀幕大帝α)
AMERICAN SNIPER 2014年 アメリカ 132分 ドラマ/戦争/アクション R15+ 劇場公開(2015/02/21) 監督: クリント・イーストウッド 『ヒア アフター』 製作: ブラッドリー・クーパー クリント・イーストウッド 原作: クリス・カイル『ネイビー・シールズ 最....
アメリカン・スナイパー (American Sniper) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 クリント・イーストウッド 主演 ブラッドリー・クーパー 2014年 アメリカ映画 133分 ドラマ 採点★★★★ 戦争映画なんか観てると、大抵の戦闘シーンは目視できる敵兵に対し射撃し、撃った弾が当たって死ぬまでをもその目で見てますよねぇ。まさに“殺し合い...
アメリカン・スナイパー (のほほん便り)
2015年1月までに北米興行成績で2億1700万ドルを記録し、『プライベート・ライアン』の2億1650万ドルを超えてアメリカで公開された戦争映画史上最高の興行収入額となったんですってね。2015年2月には3億ドルを突破 「名作」との呼び声、最初は、「わ~~、観る作品間違...
アメリカン・スナイパー  (ケントのたそがれ劇場)
★★★★ 製作:2014年 米国 上映時間:132分 監督:クリント・イーストウッド  アメリカ軍で最強の狙撃手と呼ばれた、クリス・カイルの自叙伝を実写化した人間ドラマである。 彼はイラク戦争で160人を射殺した凄腕の狙撃手として、味方からは『伝説』と賞賛
「アメリカン・スナイパー」 (ここなつ映画レビュー)
平和ボケ結構。どこに問題があるかわからない。戦いを知らない世代がほとんどを占める現代の日本。どんな宝石よりも光を放っている。観終わった感想の一つはこれだ。クリス・カイル(ブラッドリー・クーパー)はやんちゃな男兄弟の長男で、テキサスの田舎で育った。厳格な...
映画評「アメリカン・スナイパー」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2014年アメリカ映画 監督クリント・イーストウッド ネタバレあり