パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞のレビューを中心に、DVD、WOWOWの映画の感想などネタバレ有りで記録しています。

シェフ 三ツ星フードトラック始めました★★★.5

2015年03月14日 | アクション映画ーサ行
『アイアンマン』シリーズなどの監督で俳優のジョン・ファヴローがメガホンを取り、究極のサンドイッチを売る旅をする元一流レストランのシェフを演じるドラマ。店を辞め、偶然キューバサンドイッチと出会ったシェフが、フードトラックでサンドイッチを売りながら人生を取り戻していくプロセスを映す。共演には、ダスティン・ホフマン、ロバート・ダウニー・Jr、スカーレット・ヨハンソンといった豪華キャストが集結。人生と料理をテーマにした温かいストーリーに、爽快な感動を味わえる。
あらすじ:気鋭の料理人として鳴らしたカール・キャスパー(ジョン・ファヴロー)は、その腕を買われてロサンゼルスの一流レストランを取りしきる総料理長として働いていたが、人気の定番メニューに固執する頑固なオーナー(ダスティン・ホフマン)のやり方に不満を抱えていた。そんな折、レストランに有名料理評論家が来店するが、オーナーに言われるがままに定番メニューを振る舞ってしまったためにこっぴどく叩かれてしまう。
店の古いやり方に嫌気がさしてオーナーと対立し店を辞めたはいいが、料理を罵倒した評論家とのケンカがSNSを通じて世間に拡散し、働き口はどこにもないというピンチに。

<感想>製作、脚本、監督、主演を兼任した『アイアンマン』シリーズなどの監督ジョン・ファヴローが描くロード・ムービー。正に彼の人生と重なるようなコメディ映画になっていた。役者としても味があり、喜劇のセンスに優れた監督ですね。
一流のシェフなのに、オーナーと喧嘩をしてクビになり、地位を失ったバツイチの中年男が、サンドイッチ屋台で北米大陸横断の旅に出て、料理への情熱と息子との絆を取り戻していくという物語。
ジョン・ファヴローが、「アイアンマン3」の監督オファーを蹴ってまで取り組んだ自身の原点というべき、インディーズ映画で、西海岸のフードトラック・ブームの火付け役となった実在のシェフが、料理指導で協力。目にも美味しい料理が次々と登場するのも見どころの一つですね。

料理評論家のラムジーの酷評に憤慨したカールは、初めて使うツイッターでラムジーを罵倒する。呼び出しに応じて来店した彼に毒づき、さらにはオーナーのダスティン・ホフマンにも楯突き店をクビになってしまう。その醜態がネットで拡散するわけ。
しかしだ、仮にも料理人なのに、作った料理を手でもみくちゃにして、ひどい仕打ちもする。そのあたりの未熟さとか、タバコや葉巻をプカプカ吸うのには参った。どうにも不衛生だし、味みをするのにタバコを吸っているのはダメです。
常に仕事優先だったカールは、「厨房は大人の仕事場だから入っちゃダメだ」と厳しく言ってしまう。息子との距離も離れてしまい、イネズと同居する息子のパーシーとの接し方が判らない。
だが、ラムジーとの騒動の中で息子からSNSについて教わったり、カールが息子に料理を教えるうちに、2人の距離は近づいていく。息子役のエムジェイ・アンソニーの演技の巧さに驚く。

次の職場が決まらず、元妻のイネズのお供で行ったマイアミで食べた絶品のキューバサンドに触発され、カールは軽食の移動販売を開業することに。夏休みということで、息子のパーシーと友人のマーティンと共にLAに帰る道すがら、寄る先々で格別な味を提供して客の人気を集めていく。そんな中でも、息子の焼いたキューバサンドが焦げていたのを出そうとするのを見て、客の笑顔が観たいから始めた屋台だから、美味しく作ったものしか出してはダメだと厳しく叱るのだ。
脇役で、「アイアンマン」シリーズで組んだロバート・ダウニー・Jrが、元妻イネズの最初の夫という役で、変人キャラを嬉々として演じているし、スカーレット・ヨハンソンは、主人公のカールに思いを寄せる同僚役で、相変わらずのスタイルの良さと、監督の手作りパスタを美味しそうに食べるのがいい。

元妻のイネズ、ソフィア・ベルガラも、まだカールに愛情があり元サヤに戻ってもいいのではないかという展開も無きにしもあらず。
人生のやり直しを描いたありがちとも言える話ではあるが、新進気鋭のフュージョン料理よりも、美味しい定食屋に結局は足しげに通うのと同じで、優れた素材の選択とそれを丁寧にぐつぐつ煮込んだ、手間による完成度が高ければ、やはり面白いのだ。

もちろん料理長のジョン・ファヴロー以下、演技過剰を恐れない大らかさと音楽、ラテンの雰囲気たっぷりに、見る者をゴキゲンにする音楽も聞き逃せない。マイアミからロサンゼルスへの道中で、レゲエ、スカ、サルサ、ブルース、ファンク、エレクトロなどなど、ダンサブルなナンバーが物語を彩る。グラミー賞も受賞したブルース・ロックのゲイリー・クラーク・ジュニア、マイアミのクラブで熱唱するペリーコ・エルナンデスらミュージシャンも出演。マイアミでは「ラテン音楽+キューバサンドイッチ」、オースティンでは「ブルース+バーベキュー」と、ご当地音楽&グルメのコラボレーションも見逃せない。

それに、息子との絆回復にツイッターが使われるなど、映画で使うと何故か古びて見えることが多いSNSも、完璧なスパイスとして効いていると思う。
監督はインディー出身だが、見せ場を心得ていてツボを外さない職人芸の持ち主だと思う。売れっ子なのに、あえて小予算で自分の企画を監督、主演で撮る心意気に、何やら主人公のシェフに似ているから面白い。
2015年劇場鑑賞作品・・・51 映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング

トラックバック (19)   この記事についてブログを書く
« 0.5ミリ ★★★★ | トップ | イントゥ・ザ・ウッズ ★★★ »

アクション映画ーサ行」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

19 トラックバック

シェフ 三ツ星フードトラック始めました/ジョン・ファヴロー (カノンな日々)
『アイアンマン』シリーズのジョン・ファヴローが監督・製作・脚本・主演を務め一流レストランの総料理長だった男が失職を機にサンドウィッチの移動販売を始めて家族との絆を取り ...
『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』 (2014) (相木悟の映画評)
人生再スタートを謳う満腹ロード・ムービー! 仕事とは?家族とは?人生における大切な命題を、明るく楽しく描いた良作であった。 本作は、『アイアンマン』2作を大ヒットさせたジョン・ファブロー監督作。なんと数億円のギャラが保証された当シリーズ第3弾の監督を....
シェフ 三ツ星フードトラック始めました (映画と本の『たんぽぽ館』)
とっても美味しいロードムービー * * * * * * * * * * ロザンゼルスの有名レストラン総料理長のカール(ジョン・ファブロー)。 彼は、人気の定番メニューに固執するオーナー(ダスティン・ホフマン)や、 自分の料理を酷評する料理評論家とケンカ...
★★★★★~『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』 (真紅のthinkingdays)
 CHEF  @ChefCarlCasper  LAで一流レストランのシェフとして働くカール・キャスパー(ジョン・ファヴ ロー)は、定番メニューにこだわるオーナー(ダスティン・ホフマン)と衝突 し、店を辞めてしまう。おまけにグルメガイドで有名なブロガーのラム...
シェフ ~三ツ星フードトラック始めました~ (そーれりぽーと)
『アイアンマン』を成功させ、マーベル・シネマティック・ユニバースの基礎を築いたたジョン・ファヴローが、製作・監督・脚本・主演までこなした『シェフ ~三ツ星フードトラック始めました~』を観てきました。 ★★★★★ SFのイメージが強いジョン・ファヴロー監督で...
シェフ 三ツ星フードトラック始めました / Chef (勝手に映画評)
《第27回東京国際映画祭特別招待作品》、《トライベッカ映画祭2014「観客賞」受賞》 ジョン・ファブローが製作・監督・脚本・主演の4役。ジョン・ファブローが“アイアンマンシリーズ”の監督や、制作などを行ったためか、アイアンマンのロバート・ダウニー・Jr.も出演。...
『シェフ 三ツ星フードトラックはじめました』 (時間の無駄と言わないで)
この邦題はどうなんだろう? 全然フードトラック始めなかったぞ。 要らん邦題付けなけりゃ「まだ始めないのかよ~?」と思いながら観るコトもなかったろうに。 製作・監督・脚 ...
『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』(試写会) (・*・ etoile ・*・)
'15.01.31 『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』@ソニー・ピクチャーズ試写室 cocoさんで当選いつもありがとうございます! この試写会、懇親会つきだった。その時の記事はコチラ。1人参加だったので、ちょっぴり不安だったけど、映画も懇親会も楽しくて、参....
シェフ 三ツ星フードトラック始めました  (心のままに映画の風景)
ロサンジェルスの一流レストランで総料理長を務めるカール・キャスパー(ジョン・ファヴロー)は、人気料理評論家の来店に革新的な新メニューで挑もうとするも、オーナー(ダスティン・ホフマン)に却下された挙げ句、評論家に酷評され、SNSに怒りを爆発させる。 SNSは...
シェフ 三ツ星フードトラック始めました (映画好きパパの鑑賞日記)
 ちょうどお腹がすいているときにみたので、映画に次々と出てくる、どれも美味しそうな食べ物に、頭よりも胃袋が歓迎しました。おいしいものを食べられて、家族が仲良くなれば、これ以上の幸福はないと思います。  作品情報 2014年アメリカ映画 監督:ジョン・ファヴ...
シェフ 三ツ星フードトラック始めました (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【CHEF】 2015/02/28公開 アメリカ PG12 115分監督:ジョン・ファヴロー出演:ジョン・ファヴロー、ソフィア・ベルガラ、ジョン・レグイザモ、スカーレット・ヨハンソン、オリヴァー・プラット、ボビー・カナヴェイル、エイミー・セダリス、エムジェイ・アンソニー、ダス....
「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」 (ここなつ映画レビュー)
この作品は、第27回東京国際映画祭特別招待作品。観ようかどうしようかと迷っている内にチケットがソールドアウトになってしまった。今回、試写会で鑑賞できる幸運に恵まれたので、雪が上がったばかりの寒い夜に会場に赴いた。寒さが暖められる、楽しい作品。できれば夏に...
シェフ ~三ツ星フードトラック始めました~ 【劇場で鑑賞】 (映画B-ブログ)
『アイアンマン』シリーズなどで知られるジョン・ ファヴローが監督と主演を務めたグルメドラマ 『シェフ ~三ツ星フードトラック始めました~』が 公開されましたので観に行ってきました。 シェフ ~三ツ星フードトラック始めました~ 原題:CHEF 製作:2014アメリカ...
ショートレビュー「シェフ 三ツ星フードトラック始めました・・・・・評価額1550円」 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
これが男の生きる道。 突然仕事を辞めてしまった一流シェフの、ミドルエイジクライシスと再生の旅を描く、コミカルなヒューマンドラマ。 製作・監督・脚本・主演は「アイアンマン」シリーズの監督で、トニー・スタークの運転手、ハッピー・ホーガン役でも知られるジョ...
『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』('15初鑑賞24・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 3月13日(金) OSシネマズ ミント神戸 スクリーン4にて 13:10の回を鑑賞。
シェフ 三ツ星フードトラック始めました(Chef) (田舎に住んでる映画ヲタク)
 「アイアンマン」シリーズのジョン・ファブローが製作・監督・脚本・主演の4役を務め、フードトラックの移動販売をはじめた一流レストランの元総料理長のアメリカ横断の旅を描いたハートフルコメディ。ロサンゼルスの有名レストランで総料理長を務めるカールは、口う....
『シェフ』をシネパレス渋谷2で観て、楽観的もいいもんだふじき★★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★★とても空気感が良く、「面白い」と言うよりは「つまらない」が希薄、みたいな感じ。でも、とても気持ちよく、ずっと持続してほしい感じが続く】   「こ ...
映画評「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2014年アメリカ映画 監督ジョン・ファヴロー ネタバレあり
シェフ 三ツ星フードトラック始めました  (こんな映画見ました~)
『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』---CHEF---2014年(アメリカ )監督: ジョン・ファヴロー 出演: ジョン・ファヴロー 、ソフィア・ベルガラ 、ジョン・レグイザモ、スカーレット・ヨハンソン、エムジェイ・アンソニー 、ダスティン・ホフマン 、 ....