パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞のレビューを中心に、DVD、WOWOWの映画の感想などネタバレ有りで記録しています。

僕達急行 A列車で行こう   ★★★★

2012年03月29日 | は行の映画
「うさぎドロップ」の松山ケンイチと「ワイルド7」の瑛太が鉄道マニアに扮し、恋に仕事に奮闘する姿を描いたコメディ。九州ロケを敢行し、合計20路線80モデルにもおよぶ車両の登場が鉄道映画らしいこだわり。共演は「パレード」の貫地谷しほり、「ALWAYS 三丁目の夕日'64」のピエール瀧。森田芳光監督の遺作。

<感想>趣味が繋げた仕事と友情、そして恋の顛末は?・・・「武士の家計簿」などで知られる森田芳光監督の遺作となりましたが、鉄道をテーマに贈る渾身のコメディドラマ。趣味も仕事も一生懸命だが、恋愛には一歩も踏み出せない鉄道ファンの青年二人を主人公に、興味を持つことの素晴らしさ、それを通じて豊かになる人の絆を描きだして行く。

松山ケンイチ&瑛太という今最も旬な若手コンビが主演し、根暗なオタクではなく、好きなことに純粋な人として鉄道ファンを好演。伊東ゆかり、笹野高史、伊武雅刀、西岡徳馬、貫地谷しほり、ポエール瀧、松坂慶子などといったバラエティに富んだ共演陣や、森田作品独特のほのぼのとした空気感も魅力的ですね。
構想30年以上、オリジナル脚本による巨匠森田芳光監督、最期の作品になりました。11年12月21日、映画の公開を待たずに逝去した監督。実は幼少時代からの鉄道好きで、鉄道会社の社長も夢見た頃もあったとか。本作はそんな森田監督が、30年もの間温め続けてきたオリジナル企画によるもので、まさに森田ワールド全開の遺作となったわけです。

鉄道のモーター音まで正確に再現するマニアックさを見せる一方、どこか優雅な台詞回しや独特の間合い、何度か描かれる自己紹介シーンでは、つい笑ってしまった人は、かなりの鉄道好きのはず。伸びやかなユーモアなど、森田監督ならではの演出に引き込まれること間違いありません。
全編に散りばめられた“鉄ネタ”をチェックしてみよう。「筑肥線」や「特急ソニック」など、日本映画史上最多となる20路線・80車両もの鉄道が登場。小町&小玉、どちらも新幹線の「こまち」「こだま」からとったキャラクター名や企業名、果ては台詞に至るまで、劇中には鉄道ネタが満載です。さてあなたはいくつ分かるかな?・・・。

現在車社会ということもあり、移動は殆ど車でという方には絶対にお勧めのローカル線群馬県の「わたらせ渓谷鉄道」。これはスイッチバックという、険しい山を登るために線路がジグザグに敷かれている、渡良瀬川に沿って、緑に包まれた大自然の中をズーッと走っていくシーンでは、車では絶対に感じられない爽快感がありますね。
ローカル線で出会い、すぐに仲良くなった小町と小玉。時には快速で、時には各駅停車で。職業や性格は対照的な彼らだが、鉄道への情熱と恋愛への苦手意識は共通。やがて、二人の仕事と恋愛それぞれに転機が訪れることに。
小町の場合、会社への直言が原因で、本社から九州支社に転勤させられてしまう。しかし、九州は魅力的な列車がたくさん走る、鉄道ファン憧れの地。小町は左遷を嘆くことなく、前向きに九州へと向かう。九州ロケによる美しい風景の数々に、旅行気分も堪能できる素晴らしい映画となっています。
通勤途中に出会った、結婚したい女性のあずさに貫地谷しほりが。小町のことが「少し好き」な社長秘書みどりには村川絵梨。二人の女性からの想いを感じつつも、イマイチ関係に進展がなく、・・・。

小玉の場合、小規模ながらも確かな技術を備えている実家の鉄工所。生き残りを懸けて新技術の導入を図るが、金融機関に融資を断られてしまう。社長である父親のは笹野高史さんが、明るく振る舞ってはいるのですが、・・・。
父親、哲夫の同級生(伊東ゆかり)の娘のあやめと見合いをする小玉。電車デートも手ごたえありで、小玉は彼女にゾッコンとなる。あやめも優しい小玉に好印象を抱くが、何やら思うところがありそうな気配が、・・・。

小町も小玉も趣味を持ってポジティブに生きていますし、いろいろな趣味を持った人達がでてきます。趣味を通して人々が繋がっていくことで、人生が豊かになる。人と人との繋がりや絆を大切にしていくことってことは、監督がこの作品を通して伝えたいメッセージが込められていると思いますね。
森田芳光監督、いままで素敵な映画をありがとう!
監督の好きだった作品「それから」、「阿修羅のごとく」、「間宮兄弟」、「武士の家計簿」など。
2012年劇場鑑賞作品・・・12 映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング

コメント (2)   トラックバック (20)   この記事についてブログを書く
« マーガレット・サッチャー ... | トップ | 僕等がいた 前篇  ★★★ »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
鉄道好きならでは (mariyon)
2012-03-31 22:36:01
はじめまして~
ほんとうに、これで、良くも悪くも、もう、監督の映画が見れないと思うと残念です。
森田監督の映画はなんだかんだと言いながらたいて観てきましたが、この映画は鉄道への愛があふれていて、そこが、オタクへの愛情も感じさせてくれました。何度も思い出したくなるシーンがあって好きな作品です。

mariyonさんへ (パピのママ)
2012-04-14 00:17:00
返事が遅くなりどうもすみませんです。
コメントありがとう。
いいですよね、桜の咲く季節にどこか行きたくなりました。
旅行好きにはたまらなく、鉄道で旅行というのはあまりないのですが、たまにはのんびり各駅停車にでも乗って近場に旅したいものです。
森田監督の映画が見れなくなる寂しさ、本当に残念でなりません。

は行の映画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

20 トラックバック

『僕達急行 A列車で行こう』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「僕達急行 A列車で行こう」□監督・脚本 森田芳光□キャスト 松山ケンイチ、瑛太、貫地谷しほり、村川絵梨、ピエール瀧、       星野知子、伊東ゆかり、笹野高史、伊武雅刀、西岡徳馬、松坂慶子■鑑賞日 3月24日(土)■劇...
『僕達急行 A列車で行こう』 (こねたみっくす)
まさに「鉄道バカ日誌」じゃなイカ!趣味仲間に社長がいて仕事がうまくいく。趣味を通して見ると結構狭い人間関係。そして趣味に興じてのんびりしていても無問題。 故・森田芳光 ...
僕達急行 A列車で行こう (LOVE Cinemas 調布)
昨年11月に急逝した森田芳光監督の遺作。鉄道マニアの2人の青年が趣味を通じて知り合い、恋や仕事にイキイキと生きる姿を描いたコメディードラマ。主演は『ノルウェイの森』、『マイ・バック・ページ』の松山ケンイチと『ワイルド7』、『一命』の瑛太。共演に貫地谷し...
映画・僕達急行 A列車で行こう (読書と映画とガーデニング)
2012年 日本 昨年急逝された森田芳光監督の遺作です 主人公は鉄道が大好きな二人の若者鉄道は好きだけれど、オタクとか熱中人とかまではいかないそんな自分にも十分楽しめる映画でした 大手不動産会社、のぞみ地所東京本社勤務の小町(松山ケンイチ)は好きな音楽を...
劇場鑑賞「僕達急行 A列車で行こう」 (日々“是”精進! ver.A)
電車旅って、いいね… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201203240004/ 僕達急行 A列車で行こう (集英社文庫) 長尾 徳子 集英社 2012-02-17 売り上げランキング : 41502 Amazonで詳しく見る ...
「僕達急行 A列車で行こう」 ライフスタイルは人それぞれ (はらやんの映画徒然草)
森田芳光監督の遺作となってしまった作品です。 全編ほのぼのとした雰囲気が漂ってい
『僕達急行 A列車で行こう』 間違われないためのルールとは? (映画のブログ)
 どこの誰かは知らないけれど、よく見かける人はいるものだ。  通勤電車で乗り合わせる人などその典型だろうが、私の場合は特定の映画館で同じ人を見かけることがある。なかでも珍しいのが中年男性の二人連...
「僕達急行-A列車で行こう-」鉄道を通じて触れ合った鉄道マニアたちの友情と共有 (オールマイティにコメンテート)
「僕達急行-A列車で行こう-」は鉄道好きの青年が鉄道を通じて知り合い、趣味の鉄道を通じて仕事や恋愛模様が描かれた鉄道マニアストーリーである。昨年12月に亡くなった森田芳光監 ...
鉄道愛。『僕達急行 A列車で行こう』 (水曜日のシネマ日記)
森田芳光監督の遺作となった作品。鉄道マニアたちの物語です。
僕達急行 A列車で行こう (花ごよみ)
主演は 松山ケンイチと瑛太、 二人は鉄道マニアの青年を演じています。 貫地谷しほり、村川絵梨、ピエール瀧、 笹野高史、伊武雅刀、西岡徳馬、松坂慶子等が共演。 監督は 森田芳光。 森田監督は2011年12月に他界されました。 もうこれから監督の、 映画はないんだと....
映画「僕達急行 A列車で行こう」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「僕達急行 A列車で行こう」観に行ってきました。 松山ケンイチと瑛太が演じる鉄道マニアの2人が、ふとしたきっかけから出会い意気投合し、仕事に恋愛に精一杯生きる様を描いたコメディ・ドラマ作品。 作品タイトルを見て、アートディンクの鉄道経営シミュレーシ...
僕達急行 A列車で行こう/松山ケンイチ、瑛太 (カノンな日々)
まさかこんなにも早く森田芳光監督の遺作を目にすることになるなんて思いもしませんでした。森田芳光監督は大林宣彦監督と並んでまだ子供だった私に邦画の魅力を教えてくれた大き ...
ほのぼの「僕達急行A列車で行こう」 (茅kaya日記)
  鉄オタに限らず、自分の世界だけに浸ってしまうオタク人種は同じ趣味の人間を見つける嗅覚を備わっていると思う(笑)んで「あるある、うんうん」とうなづいてしまうことしきり。まあ、これだけイケメンの鉄オタ2人組ってのがもう、ちょっとあり得ないきもする...
ほのぼの「僕達急行A列車で行こう」 (茅kaya日記)
  鉄オタに限らず、自分の世界だけに浸ってしまうオタク人種は同じ趣味の人間を見つける嗅覚を備わっていると思う(笑)んで「あるある、うんうん」とうなづいてしまうことしきり。まあ、これだけイケメンの鉄オタ2人組ってのがもう、ちょっとあり得ないきもする...
僕達急行 A列車で行こう (いい加減社長の映画日記)
森田芳光監督の遺作・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 小町圭は大手企業のぞみ地所の営業マン。 車窓から景色を眺めながら音楽を聴くのが至福の時。 一方、小さな町工場コダマ鉄工所の跡取り・小玉健太も無類の鉄道好き。 そんな二人が知り合って意気投合。...
僕達急行 (映画的・絵画的・音楽的)
 『僕達急行 A列車で行こう』を渋谷TOEIで見てきました。 (1)この映画は、見終わった後の観客の気分をできるだけ楽しくしようと意図したものでしょう、すべてのことがうまくいくように筋立てされています。   登場人物の名前の付け方から始まって(注1)、彼らが抱え....
僕達特急 A列車で行こう (こみち)
JUGEMテーマ:邦画      ◆ 森田芳光監督の遺作    京浜急行やJRの車庫近辺の映像は、懐かしさを   感じますね。そして、鶴見線。ホームの横が海なのは   初めて行ったときに...
映画『僕達急行 A列車で行こう』 観てきた~♪ (よくばりアンテナ)
久しぶりにきれいな松ケンを見た♪ 清盛とはうってかわって、サラリーマン姿にちょっとホッとする私(^_^;) 決して私は鉄子じゃないですが、 この映画は鉄道オタクじゃなくても充分楽しめるんじゃな...
僕達急行 A列車で行こう (だらだら無気力ブログ!)
ほのぼのとまったりした展開で楽しめたし、列車好きの自分としては満足できる一本だった。
僕達急行 A列車で行こう (のほほん便り)
なんと、森田芳光監督の作品だったのですね。 今が旬の、 松山ケンイチ、瑛太が、鉄ちゃんに扮した軽いオハナシだと思ってたら、想像以上にイイ味出してる、ユーモア・サクセス・ストーリーだったので、お得気分になってしまったのでした。 鉄ちゃん青年ふたりが、...