パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞のレビューを中心に、DVD、WOWOWの映画の感想などネタバレ有りで記録しています。

オンリー・ゴッド ★★★

2014年01月26日 | アクション映画ーア行
『ドライヴ』で注目を浴びたニコラス・ウィンディング・レフン監督とライアン・ゴズリングが再度手を組んだ異色サスペンス。兄を殺され復讐(ふくしゅう)を果たそうとする弟と、その前に立ちはだかる謎の男との手に汗握る攻防を描写する。究極の悪女を演じるのは『イングリッシュ・ペイシェント』などのクリスティン・スコット・トーマス。ダークな映像美はもとより、複雑に絡み合う人間模様に最後まで翻弄(ほんろう)される。
あらすじ:ビリー(トム・バーク)とジュリアン(ライアン・ゴズリング)兄弟は故郷アメリカから逃げ、タイのバンコクでボクシングジムを経営しながら、その裏でドラッグビジネスに手を染めていた。ある日、兄ビリーが若い娼婦(しょうふ)をなぶり殺しにした末、彼女の父親に殺害される。犯罪組織を仕切る兄弟の母親(クリスティン・スコット・トーマス)がアメリカから急行し……。

<感想>ライアン・ゴズリング目当てで観に行ったので、タイ人のおっさんの刀さばきとかカラオケ聞きに行ったわけじゃないので、がっかりしました。
乾き切ったロサンゼルスからバンコクへと、「ドライヴ」ですごい監督が出てきたと思ったのに、舞台がバンコクなので、湿気のようにねばりついた観終わった後の嫌な“何なんだろう”感がまとわりつく作品。
か弱き母子を救うために闘に身を投じるアウトローの姿を、クールに綴ったヒーロー譚であった「ドライヴ」に対して、今回は、言ってみれば暴力の極北である。言い換えれば観念としての暴力。ガラリと様子が一変するのだ。
「神との対峙」という荘厳なテーマに始まり、台詞を極限までに削ぎ落としたタッチで、妄想がまぎれ込む退廃美の空間とでもいおうか。対象物を中心に据えた構図と、全篇を彩る背景の赤と青の色調といったこだわったビジュアル。う~ん好き嫌いが有りそうな。

だが、ぐいぐいと引き込まれて、引きずられてしまう。その牽引者となっているのが“神の代理人”となって罪の重さを量り、制裁を下す、元警官のチャン。
演じているのは、タイ人のヴィタヤ・パンスリンガムで、長ドスを背中に隠し、そのため姿勢は常に直立不動である。彼は、剣道の熟練者だそうですよ。
すべてを悟ったような顔で在任を見つめ、どう答えていいか分からない言葉を投げ掛けてくる。マシンガンの弾丸をくぐり抜け、息切れすることなく、どこまでも襲撃者を追いかけて、長刀で腕を断ち切り、胴体をかっさばくのだ。
かと思えば、部下の警官たちを前に、カラオケを熱唱して悦に入る自分本位の男。まさに神変出没という言葉が相応しい。いかにもって感じで、自分だけは神がかりといわんばかりに、とにかく強いのなんの。誰も負ける相手がいない。

だから、せっかくゴズリングのボクシングシーンや、格闘して相手をやっつけるなんて場面は皆無である。

バンコクが舞台だからなのか、娼婦の女たちがぞろりと出て来る。ゴズリングも母親に会わせるために、嘘の婚約者を娼婦の中から選び、黒のスケスケドレスを買い、それを着せて母親に会わせる。母親から、娼婦と見抜かれて落ち込むゴズリング。それにマザコン男か?、決してその娼婦を抱くわけでもない。

その兄弟の母親に扮したクリスティン・スコット・トーマス、いつもなら淑女的な役柄が多いのに、金髪頭にビッチ全開なド派手メイクと、衣装でバッチシ決めて、ファックやらディックやら四文字言葉を吐く姿には、唖然としてしまいますから。こんな母親なんていない方がいいに決まってる。ゴズリンもそう思ったに違いありません。
手下どもに、息子の仇を取るように殺し屋を差し向けるも、反対に油ぶっ掛けたり、串刺しにしたりという暴力描写が凄い、自分の命も危うくなる。その“神の代理人”とやらの刀で、裁きを受ける母親は、さっきまでの剣幕は何処へやら。なすすべもないのだ。次がゴズリンの番で、もう観念したのか両手を差し伸べて、神の裁きを得るのだ。
実は、このジュリアンの役は、ルーク・エヴァンスが急にドタキャンして、ゴズリングが引き受けてくれたそうです。そう思ったら、彼でなくとも良かったのにと感じた。
2014年劇場鑑賞作品・・・20  映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング

トラックバック (18)   この記事についてブログを書く
« バイロケーション「表」★★★ | トップ | ゲノムハザード ある天才科... »

アクション映画ーア行」カテゴリの最新記事

18 トラックバック

オンリー・ゴッド (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★【2点】(11) この異様な世界観は『地獄の黙示録』の終盤を匂わせる?
「オンリー・ゴッド」 (ここなつ映画レビュー)
Only God Forgives なのである。いや、確かにこのニコラス・ウィンディング・レフン監督の「ドライヴ」は秀作だった。ライアン・コズリングがカッコいいのもよく判った。しかし、なんなのでしょうか。「賛否両論な作品」らしいが、大きく息を吸い込んでから言いたい事があ...
オンリー・ゴッド (風に吹かれて)
罪深き人々 公式サイト http://onlygod-movie.com 製作・監督・脚本: ニコラス・ウィンディング・レフン  「ドライヴ」タイのバンコクでボクシングクラブを経営しながら、裏でドラッ
『オンリー・ゴッド』 2013年11月19日 新宿バルト9 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『オンリー・ゴッド』 を試写会で鑑賞しました。 今日はニコラス・W・レフン監督のティーチインがあり楽しめました 【ストーリー】  ビリー(トム・バーク)とジュリアン(ライアン・ゴズリング)兄弟は故郷アメリカから逃げ、タイのバンコクでボクシングジムを経営し...
『オンリー・ゴッド』(映画)ー新種のイマジネーションの味わい、最強のタイ人パニッシャーを添えて (マンガデシネ)
 『オンリー・ゴッド』を観てきた。近場のシネコンがメンズデーだったので何か観てやろうと思ったのだ。タイムスケジュールから面白そうな映画を探してみる。どうでも良さそう ...
オンリー・ゴッド (心のままに映画の風景)
ジュリアン(ライアン・ゴズリング)は、兄ビリー(トム・バーク)とタイのバンコクでボクシングジムを経営しながら、その裏でドラッグビジネスに手を染めていた。 ある日、ビリーが若い娼婦をなぶり殺しにした末、彼女の父親に殺害される。 溺愛する息子の死を知らさ...
オンリー・ゴッド/ONLY GOD FORGIVES (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 「好き嫌いが分かれる、パーソナルな映画。」とは、ライアン・ゴズリングの言葉。 まったくその通りであり、わたしはこの世界観、大好物 「ドライヴ」に続く、ライアン・ゴズリング×ニコラス....
ニコラス・ウィンディング・レフン監督、ライアン・ゴズリング主演『オンリー・ゴッド(Only God Forgives)』 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
『ドライヴ』ニコラス・ウィンディング・レフン監督とライアン・ゴズリングが描く復讐連鎖劇の極北『オンリー・ゴッド(Only God Forgives)』物語・ビリー(トム・バーク)とジュリアン(ライアン
赤い闇~『オンリー・ゴッド』 (真紅のthinkingdays)
 ONLY GOD FORGIVES  タイ・バンコク。ジュリアン(ライアン・ゴズリング)はタイ式ボクシングクラブ を兄ビリー(トム・バーク)と共に経営しながら、麻薬売買組織に携わっていた。 ビリーが殺され、彼を溺愛していた母クリスタル(クリスティン・ス...
「オンリー・ゴッド」:スタイリッシュ (大江戸時夫の東京温度)
映画『オンリー・ゴッド』は、あのクールでシャープでスタイリッシュな『ドライヴ』を
映画『オンリー・ゴッド』を観て (kintyre's Diary 新館)
14-12.オンリー・ゴッド■原題:Only God Forgives■製作年、国:2013年、デンマーク・フランス■上映時間:90分■料金:1,000円■観賞日:2月1日、ヒューマントラストシネマ渋谷(渋谷) □監督・脚本:ニコラス・ウィンディング・レフン◆ライアン・ゴス...
オンリー・ゴッド 【劇場で鑑賞】 (映画B-ブログ)
「アイム・ソー・エキサイテッド!」を観た後は 同じシネコンで上映していた「ドライヴ」の監督・ 主演コンビが再び組んだ映画「オンリー・ゴッド」 を続けて鑑賞です。 オンリー・ゴッド 原題:ONLY GOD FORGIVES 製作:2013デンマーク/フランス 作品紹介 「ドライヴ」で...
オンリー・ゴッド (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
オンリー・ゴッド 13:デンマーク、フランス ◆原題:ONLY GOD FORGIVES ◆監督:ニコラス・ウィンディング・レフン「ドライヴ」 ◆主演:ライアン・ゴズリング、クリスティン・スコット・トーマス、ビタヤ・パンスリンガム、ラター・ポーガーム、ゴードン・ブラウン、トム...
オンリー・ゴッド (銀幕大帝α)
ONLY GOD FORGIVES 2013年 デンマーク/フランス 90分 ドラマ/犯罪/格闘技 R15+ 劇場公開(2014/01/25) 監督: ニコラス・ウィンディング・レフン 『ドライヴ』 製作: ニコラス・ウィンディング・レフン 脚本: ニコラス・ウィンディング・レフン 出演: ラ....
オンリー・ゴッド (だらだら無気力ブログ!)
これは劇場でなくDVDで充分だった。劇場で観てたら間違いなく寝落ちしてた。
神という名の、 (笑う社会人の生活)
27日のことですが、映画「オンリー・ゴッド」を鑑賞しました。  兄ビリーが若い娼婦をなぶり殺しにした末、彼女の父親に殺害される。 兄の復讐を果たそうとする弟ジュリアンだが、その殺しには裏に謎の男が関わっていて・・・ 評判などから 覚悟して見たせいか 意外に....
映画評「オンリー・ゴッド」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆(4点/10点満点中) 2013年デンマーク=フランス合作映画 監督ニコラス・ウィンディング・レフン ネタバレあり
オンリー・ゴッド (いやいやえん)
キャストの演技をほとんど無表情にすることで、可能な限りの「不安」と「感情」を掻き立てる演出になっていると思う。 チャンは神に代わってお仕置きよ★とまで思ったかどうか、とりあえずこの街は俺のものではある