パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞のレビューを中心に、DVD、WOWOWの映画の感想などネタバレ有りで記録しています。

テッド・バンディ★★・5

2020年01月06日 | アクション映画ータ行

「グレイテスト・ショーマン」のザック・エフロンが、30人以上の女性を惨殺した実在の殺人鬼を演じた犯罪ドラマ。テッド役のエフロンのほか、リリー・コリンズ、ジョン・マルコビッチらが脇を固める。監督は、同じくテッド・バンディを題材としたNetflixオリジナルドキュメンタリーシリーズ「殺人鬼との対談 テッド・バンディの場合」を手がけたジョー・バリンジャー。

あらすじ:1969年、ワシントン州シアトル。とあるバーで出会い恋に落ちたテッド・バンディとシングルマザーのリズは、リズの幼い娘モリーとともに3人で幸福な家庭生活を築いていた。しかし、ある時、信号無視で警官に止められたテッドは、車の後部座席に積んであった疑わしい道具袋の存在から、誘拐未遂事件の容疑で逮捕されてしまう。また、その前年にも女性の誘拐事件が起きており、目撃された犯人らしき男はテッドと同じフォルクスワーゲンに乗り、その似顔絵はテッドの顔に酷似していた。

<感想>映画はバンディを信じた恋人・リズの視点で進行する。だから、バンディに関する情報をまったく知らなければ、30人以上の女性を惨殺した実在の殺人鬼だということも信じられない。どうしてかと言うと、本当にそんな殺人鬼だという感じがないほどの、イケメンのザック・エフロンが演じているからかもしれません。

でも、信じて彼を愛している妻のリズが可愛そうでなりません。子供にも優しいし、見かけが本当に善い人なので。この後、殺人鬼の妻とか、娘も殺人者の子供だとか、世間にさらされて虐められてしまい、苦しみながら一生を終わるのかと思うと、やはり許されることではありませんね。

物語が、バーで出会い、瞬時に恋に落ちたテッド・バンディ(エフロン)と、シングルマザーのリズ(リリー・コリンズ)。幸福な日々を送るある日、リズは新聞紙面に、愛するバンディの顔を見つける。よく見ると、それは彼に酷似した似顔絵だった。そしてそこには、「連続女性失踪・誘拐事件の犯人」という文言が添えられていた――。

“シリアルキラー”と聞けば、ほとんどの人が“常軌を逸した猟奇殺人犯”と連想すると思います。元FBI捜査官ロバート・ケネス・レスラー氏が、ある男を形容するため、このシリアルキラーという概念を提唱したそうです。

男の名はテッド・バンディ。“極めて邪悪、衝撃的に凶悪で卑劣”として断罪された彼は、醜悪な内面とは裏腹に、美しい容姿とIQ160の天才的頭脳を持っていた。女性たちを惹きつける術に長け、そのカリスマ性を惜しげもなく振りまいては、凄惨な犯行を繰り返した。

裁判は全米にテレビ中継され、女性ファンが法廷に駆け付けた。バンディのショーアップされた自己弁護に、女性たちは恍惚のため息を漏らした。吐き気をもよおす残虐性が白日のもとにさらされても、彼女らはこの男に夢中だった。一体、それはなぜなのか? 映画「テッド・バンディ」は、バンディの最も近くにいながら、殺されることのなかった女性リズの視点を通じ、“最悪のシリアルキラー”にまつわる衝撃の真実に迫っていく。

いやいや、本当に私も騙された一人なのです。妻のリズは、実は夫にそういうこと、「つまり殺されかけた」と言うことをされていなかったからです。もし、1つでもそういう危険なことをされてしまうと、夫を信じられなくなってしまうから。

じつは、この男バンディは、二重人格みたいな男だったのですね。最後に裁判所で、自分の罪を暴かれてしまい、最初はしらを切っていたのだが、とうとう自分の奥にある悪魔が出て来てしまったことが、本当のバンディの姿だったと、言うことなんですね。

ザックくんのファンなもんで、ついつい騙されてもいいかもなんて思ってしまった。だって、この美ボディなんですもの!

本当の犯人は、この男が、”テッド・バンディ”。どうみても好きになれない男の顔。女性受けする顔だと言うが、口も達者で上手いのかも。私だったら、無理です。

 

2020年劇場公開、鑑賞作品・・・1  アクション・アドベンチャーランキング

 

 映画に夢中

 

  トラックバック専用ブログとして、エキサイトブログ版へ

 トラックバックURL : https://koronnmama.exblog.jp/tb/30998329

 


この記事についてブログを書く
« 2020年新年のご挨拶と、... | トップ | ラスト・クリスマス★★★ »

アクション映画ータ行」カテゴリの最新記事