パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞のレビューを中心に、DVD、WOWOWの映画の感想などネタバレ有りで記録しています。

呪怨 ザ・ファイナル ★★★

2015年06月23日 | アクション映画ーサ行
ハリウッドでもリメイクされた、大ヒットJホラー『呪怨』シリーズの完結編。行方不明の妹を捜す女性が、すさまじいパワーを秘めた呪いと対峙(たいじ)する姿を追う。メガホンを取るのは、『感染』『学校の怪談 呪いの言霊』などの落合正幸。『摂氏100℃の微熱』などの平愛梨が怪奇現象に襲われるヒロインにふんし、絶叫演技を披露する。あの俊雄くんがどのような形で登場するかにも注目。
あらすじ:小学校で教師をしている妹の結衣が姿を消したと知らされた麻衣(平愛梨)。その行方を追ううちに、結衣が不登校を続けていた佐伯俊雄(小林颯)という生徒の家を頻繁に訪ねていたという情報をつかむ。結衣の情報を得るために佐伯家に向かうが、屋敷は解体されて更地になっていた。不動産業者から佐伯家の屋敷が呪いの家だと聞かされて困惑する中、麻衣の周囲で奇怪な現象が頻発する。

<感想>1999年のオリジナルビデオから始まって、劇場版、ハリウッドでのリメイクも実現するなど、名実ともに日本を代表するホラー映画と言える「呪怨」シリーズ。前作の呪怨―終わりの始まりー」(14)で恐ろしいく怖い目にあった結衣の佐々木希さんもちらっと出てきます。
今回は“ファイナル”と謳い、ついに最終章へと突入。って嘘ですからね。最後まで観るべし。怪奇現象をはっきりと見せるのが特徴の「呪怨」。

本作では、俊雄くんが増殖したり、伽椰子が至るところで登場人物たちに忍び寄り、有無をいわさず襲ってきたりと、トラウマ必至の映像が次々と飛び出してきます。呪いの被害者たちの絶命の仕方にも震えあがりますから。

いやぁ、俊雄くんはいいとしてもですよ、母親の、伽椰子が出てくる場面は、長い黒髪と血走ったギョロ目がたまらなく怖いですから。それも、ここぞと言う時には、必ず恐怖のあの声と音響とともに出て来るんですから。

それも、何か今回の伽椰子は、貞子のようにも見えましたね。特に、麻衣のアパートの郵便受けから腕が出て来て、それから長い黒髪に加奈子が出てくるところは、貞子かお前は、って笑ってしまった。

本作のヒロインは、結衣の姉の役で平愛梨が、ホテルの客室係りで出ていました。前作で失踪した妹結衣の行方を追う中で、様々な恐怖に直面する麻衣の役で身体を張っての熱演でした。麻衣の夫も恐怖の怨霊に怯えます。

そして、佐伯俊雄を引き取る叔母さんの娘におのののかが、その同級生に柳ゆり菜など、今が旬の美女たちが女子高校生役を演じています。その女子高生も、おのののかの家へ遊びに行き、俊雄君の部屋を覗き、興味をもったために一人は、何故か、天井に頭を突き破って死んでいるのを発見されます。それに、レオ役のおのののかちゃんは、背中をエビゾリするかのようにポキッと折りたたんで殺すんですから。最後の友人は、黒いイカスミスパゲッティを食べていて、もしかして、パスタの中にミミズとかムカデがウニョウニョしてるかと思ったのだが、そのまま顔が黒くなって死亡。

彼女らの絶叫演技が、観る者をより恐怖の底へと引きずり込むようですね。女子高生の凄まじいキャーキャーという悲鳴が、うるさいです。
不動産屋の袴田さんが出ていて、この家は呪われている、取り壊さなければと、更地にしてしまいます。更地にしても、夫や父親に殺されて怨念を持つ恨みは消えません。怨霊となってその親戚や、俊雄のことを調べる先生とか、その結衣先生が行方不明になったことで、姉の麻衣が調べ始めるわけ。

だから、もちろん麻衣のところにも母親の伽椰子が付き纏い、仕事先のホテルまで押しかけてきては、麻衣を恐怖に陥れるのです。他の人には見えない怪奇現象に怯える麻衣が可愛そうです。
そして、親切にも前回の物語を早回しで解説してくれるので、今回初めて観る方にも解りやすいと思います。佐伯の父親が、母親が生んだ男の子、俊雄を自分の子ではないとプッツンとキレてしまった父親が、母親の伽椰子をトシオの見ている前で首を捻じって殺し、飼っていた黒猫は叩き潰して電子レンジの中へ、確か俊雄くんはお風呂で殺されていたような、母親の死体は2階の押入れの天井裏に隠して、父親は首を吊って死んでしまう。
タイトル“呪怨“とは、「人が強い怨念を抱いて死んだ時、呪いが生まれる。 その呪いは死に場所に蓄積し__そこに触れた者は呪いに取り憑かれる」つよい恨みを抱いて死んだモノの呪い。

それは、死んだモノが生前に接していた場所に蓄積され、「業」となる。 その呪いに触れたモノは命を失い、新たな呪いが生まれる。」という意味だそうです。
亡くなった今までの人達は、誰かがキチンと弔ってあげないとその霊魂は、この世を彷徨い、ましてや死にたくないのに、惨忍な殺し方で殺されれば未練たっぷりでこの屋敷にきた者たち片っ端から呪い殺してやるという、悲しい女、伽椰子とその子供の俊雄なんですね。

それにしても、伽椰子の強い恨みが、佐伯家に近づいた人たちを無差別に呪いの連鎖に引きずり込んでいく。独特な恐ろしいうめき声をあげ、強烈な呪で佐伯家に入った人間を必ず殺すという伽椰子は、貞子と同じ怨霊ですね。最後の伽椰子の顔は、恐ろしい口裂け女になっていましたもの。伽椰子役の最所美咲さんの凄まじい演技に拍手もんです。こりゃ、続篇あるわさね。でも「貞子vs伽倻子」激突の予告編とは。絶対に貞子に応援するよ。怖いもの見たさで、熱さをしのぐのには最高のホラー映画かもですね。
2015年劇場鑑賞作品・・・128映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング

『映画』 ジャンルのランキング
トラックバック (12)   この記事についてブログを書く
« トイレのピエタ ★★★ | トップ | ブラックハット ★★★ »
最近の画像もっと見る

アクション映画ーサ行」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

12 トラックバック

呪怨 -ザ・ファイナル-/平愛梨 (カノンな日々)
佐々木希さんが主演した『呪怨 -終わりの始まり-』のその後日譚を描いた続編。前作で佐々木希さんが演じた小学校教師の消息を平愛梨さん演じる姉が追うというお話だそうで、監督は ...
劇場鑑賞「呪怨 -ザ・ファイナル-」 (日々“是”精進! ver.F)
終わりは、ない… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201506230001/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】呪怨ザ・ファイナル [ 堀江純子 ]価格:518円(税込、送料込) 【楽天ブックスならいつでも送料無料】呪怨 ...
呪怨 -ザ・ファイナル-  監督/落合 正幸 (西京極 紫の館)
【出演】  平 愛梨  桐山 漣  おのののか  佐々木 希 【ストーリー】 小学校で教師をしている妹の結衣が姿を消したと知らされた麻衣。その行方を追ううちに、結衣が不登校を続けていた佐伯俊雄という生徒の家を頻繁に訪ねていたという情報をつかむ。結衣の情報を得る...
呪怨 -ザ・ファイナル- (だらだら無気力ブログ!)
ノゾミールとおのののかが超絶可愛い!!
映画感想『呪怨-ザ・ファイナル-』-2015年 (見取り八段・実0段)
映画自体はちっとも「ファイナル」じゃないが、別の意味で終わってる…Jホラーの行く末が心配です…★+0.5(5点満点)詳しい感想記事はこちら→映画@見取り八段 『呪怨 -ザ・ファイナ...
呪怨 -ザ・ファイナル- (映画好きパパの鑑賞日記)
 日本のホラー映画の決定版ともいえる呪怨シリーズの最新作。どこが、ザ・ファイナルなんだと、思ってみていたら、エンディングに、まさかの「貞子VS伽椰子」の特報がでて、一番びっくりしました。  作品情報 2015年日本映画 監督:落合正幸 出演:平愛梨、佐々木希...
呪怨 -ザ・ファイナル-  (そーれりぽーと)
前作でJホラーの終わりが始まったかと思ったら、1年を待たずして止めを刺しに来た『呪怨 -ザ・ファイナル-』を観てきました。 ★ 終わった。 枯れたように思えるとは言え、こと『呪怨』にかけては清水崇監督に任せておけば間違い無いものを、なぜ清水崇監督よりいち...
『呪怨 ザ・ファイナル』をHTC渋谷3で観て、頑張れ落合監督とエールふじき★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★怖くないのは企画その物が限界に来ているからだろう】 怖い場面が皆無とは思わない。 心霊写真さながらにありえない場所に手足があったり、起こる筈のない大 ...
呪怨 ザ・ファイナル (ケントのたそがれ劇場)
★★ 製作:2015年 日本 上映時間:89分 監督:落合正幸  いままで劇場で邦画ホラーを観ることはほとんどなかった。だが世界一怖いホラーとして名をはせ、ハリウッドでもリメイクされた『呪怨』の完結編と言うことでわざわざ劇場まで足を運んでしまった。  とこ
呪怨 -ザ・ファイナル- (銀幕大帝α)
2015年 日本 91分 ホラー 劇場公開(2015/06/20) 監督: 落合正幸 『呪怨 -終わりの始まり-』 脚本: 一瀬隆重 落合正幸 クリエイティブスーパーバイザー: 一瀬隆重 出演: 平愛梨 桐山漣 おのののか 柳ゆり菜 松浦雅 RIMI 中原果南 最所美咲 小林颯 緋田康人 ...
呪怨 ザ・ファイナル (いやいやえん)
【概略】 小学校教師の妹・結衣が失踪したと知った姉の麻衣は、結衣が頻繁に佐伯俊雄という不登校の生徒の家を訪れていたことを知る。手掛かりを得ようと、麻衣は彼の居場所を捜し始め…。 ホラー 俊雄少年の初恋を思わせるような少女との交流…なにこの要らな...
呪怨 -ザ・ファイナル- (Subterranean サブタレイニアン)
監督 落合正幸 主演 平愛梨 2015年 日本映画 89分 ホラー 採点★★ プロレスラーの引退宣言同様、映画の“ファイナル”ってのも全く当てにならない言葉ですよねぇ。シレーっと続きが作られたりしますし。まぁ、「次回を乞うご期待!」と終わりながらも、あれこれ...