パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞のレビューを中心に、DVD、WOWOWの映画の感想などネタバレ有りで記録しています。

青鬼 ver.2.0 ★

2015年07月24日 | アクション映画ーア行
テレビドラマ「家政婦のミタ」や「GTO」シリーズなどの中川大志を新たな主演に迎え、人気ホラーゲーム「青鬼」を映画化した劇場版第2弾。主人公と仲間たちが、さまざまな謎やトリックを解き明かしながら神出鬼没の青鬼から逃れようとする姿を活写する。ヒロインを『紙の月』などの平祐奈が、主人公の相棒を『クジラのいた夏』などの松島庄汰が好演。前作よりさらにバージョンアップした内容や、ゲームの人気キャラクター・フワッティーの登場に息をのむ。
あらすじ:ひろし(中川大志)と杏奈(平祐奈)は、いじめが原因で不登校を続ける同級生シュンの家を訪ねることにする。だが、二人はその途中で不思議な模様のチョウに誘われるように、怪物が出現するといううわさの“ジェイルハウス”に引き寄せられる。同じころ、シュンの不登校の元凶である卓郎(松島庄汰)たち三人も肝試しの実況動画制作のため屋敷に入っていく。

strong><感想>観ようかどうしようかと迷った挙句に「青鬼」の1作目を観たので続きということで観賞。1作目では、鬼が出るという噂の屋敷を訪れたプレイヤーが、青鬼の攻撃をかわしながら館を脱出するというシンプルなもので、血走った目玉の怪物の青鬼が出てくる瞬間が結構キモイというかグロイと言う感じで、そんなに怖くはありませんでしたね。
そういえば、1作目の「青鬼」のラストが、シュンくんが生徒達に虐められていて、その腹いせにPCでゲームを作っていて、そのゲームに虐めっこたちを「ジェイルハウス」の家の中へ閉じ込めて、ゲームをクリアできない場合は、青鬼に食われてしまうというゲームだと、「恐怖を克服する」ゲームだということを須賀健太演じるシュン君が、はっきり説明していました。

今回の2作目は、一応期待はしているのですが、とにかく出てくる化け物「青鬼」は同じで、その子供というかゆるキャラのようなハンペン型の、フワッティー子供の青鬼が出てくるというではありませんか。期待しないわけにはいきませんね。

ここでは、不登校になっているシュンくんが、須賀健太からタモトになって「ジェイルハウス」の外で杏奈と一緒に、中の様子を見ながら(PCのゲーム)中川大志扮するひろしを応援する形で頑張っています。
今回もクラスの中では、かなり目立つ虐めっこの卓郎に松島庄汰が扮して、「ジェイルハウス」の家の中へ肝試しということで、友達のたけしと美香の3人で家の中へ入って行きます。そこへ学年一の秀才で真面目なひろしも、杏奈と家の中へ入るのですが、杏奈がシュンくんの家へ行くと一人出て行きます。

ゲームの人数は、ひろしに美香、この2人は最初に怪物の青鬼に食われてしまうわけ。次が、ひろしに卓郎なんだけど、ひろしだけがこの「ジェイルハウス」はシュンくんが作ったゲームの世界だと、シュンくんのPC画面とリンクしていると気づいていた。

ですが、一応屋敷の中へ入っているわけで、どこからともなく表れるでかい青鬼と、青鬼の子供みたいな小さいものの、仲間と合体を繰り返して大きくなり、ひろしたちを襲ってくるのだ。ですが、このフワッティーなるハンペン型の青鬼は、見た目が怖くないし何だかとっても可愛いのだ。
それに直線移動しかできないし、ひろしや卓郎にも簡単に避けられてしまい、攻撃力も低めなんですから。でも、バージョンアップといって、2人を追いこむ強敵なキャラなので、漫画みたいですが注目して欲しいですよね。

しかし、最初に青鬼に食われてしまったと思っていた“たけし”が、実はまだ生きていて、素っ裸になって体中を青いペンキで塗りつぶして、ロッカーの中へ隠れていたのだ。青鬼もロッカーの前を行ったり来たりするものの、息を止めて微動だにしないタケシに、気付かないで去っていく。

そうして、ひろしを虐めていた卓郎が、ひろしと結託をしてなんとかこの屋敷から逃げ出そうと、試みるのです。ひろしが言うには、3階に行けば、鍵が箱の中にあって、その鍵でドアを開けて「飛び降りれば、リセットされる」と言うひろし。

だが、ひろしは、逃げる途中でつまずいて腹に怪我をしてしまい、卓郎にその鍵を使って、「扉を開けてリセット」してくれと頼むのです。ひろし役の中川大志くん、上半身裸になると筋肉美が凄いですよね。

このことで、卓郎はひろしと仲良くなり、元気な卓郎がヒーローとなって、リセットに向けて頑張ります。ですから、みんな青鬼に食べられて死んでしまうということはなく、1作目と同じように、卓郎がリセットしてくれたのでみんな始めに戻って無事ということなんですね。シンプルな作りながらも、複雑な謎解きや凝った仕掛け、予測不可能な青鬼の出現、それに恐怖を煽るBGMなど。

1作目に比べると、青鬼の正体も解っているので、ハンペン型のフワッティーが出てくるだけが見どころでしょうか。子供騙しと思って観て下さい。
青鬼
2015年劇場鑑賞作品・・・148映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング

トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
« インサイド・ヘッド ★★★.5 | トップ | きみはいい子 ★★★.5 »

アクション映画ーア行」カテゴリの最新記事

4 トラックバック

青鬼 ver.2.0/中川大志 (カノンな日々)
人気フリーゲームを原作に映画化した『青鬼』のシリーズ第2弾です。前作は単館上映から徐々に上映拡大していったんですよね。そしてこの第2弾が作られたってことは評判も良かった ...
『青鬼ver2.0』をシネマート新宿1で観て、果てしなくあかんねんふじき★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★ゲラゲラ】   ゲーム未アクセス。 えーと、前回もそうだったけど何やってんねん。 どうでもいい話。 どうでもいいキャラ。 この設定で恐怖するのは難しい。 ...
青鬼 ver.2.0 (銀幕大帝α)
2015年 日本 70分 ホラー 劇場公開(2015/07/04) 監督: 前川英章 原作: noprops VFX: 前川英章 出演: 中川大志:ひろし 平祐奈:杏奈 松島庄汰:卓郎 久松郁実:美香 勧修寺玲旺:たけし タモト清嵐:シュン <ストーリー> 不登校のクラスメート・シ...
青鬼 ver.2.0 (いやいやえん)
【概略】 ひろしと杏奈は不登校のクラスメート・シュンの様子を見に、彼の家へと向かった。しかし道中、奇妙な模様をした蝶に誘われ…。 ホラー 逃げるな。立ち向かえ! あれ?キャラクターの名前一緒じゃんね。これ、バージョンアップってそういうこと?でも正...