パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞のレビューを中心に、DVD、WOWOWの映画の感想などネタバレ有りで記録しています。

エージェント・マロリー ★★

2012年10月12日 | アクション映画ーア行
女格闘家が銀幕に殴り込み、私を怒らせると死ぬよ!
クールでタフでセクシーな格闘ヒロインの誕生である。全米女子格闘界のスターであるジーナ・カラーノが、ハリウッドで主演デビューを飾ったのが本作。

男たちを相手にリアルアクションに挑んでいるのだ。民間軍事企業の経営者、ケネスに雇われている敏腕女性工作員マロリーは、バルセロナで監禁されていた東洋人ジャーナリストを見事に奪回。

続いてアイルランドへ飛ぶが、一連の依頼は巧妙に仕込まれた罠だったのだ。ここで、マイケル・ファスベンダーと偽夫婦役はなかなかのお似合いだと思ったのだが、彼はマロリーの知らない任務を秘めていた。そして、米国へ帰還したマロリーは大反撃に打って出る。

スペインでの人質救出作戦は、マロリーが冷静な判断と抜群の身体能力を発揮して無事解決。その噂を聞きつけたMI6から新しい仕事のオファーが届く。
休暇をとるはずだったマロリーだが、元恋人のケネスに頼まれてやむを得ずダブリンへ。そこには何故か先日救出したはずの人質の死体があった。ダブリンで殺人犯にされ、刺客に命を狙われる、マロリー万事きゅうす。
辛うじて修羅場を脱したマロリーは、罠を仕掛けた張本人を探す。元海兵隊員の父親の家に身を隠したマロニーと、意外な黒幕たちとの死闘が始まったのである。
冒頭の逃亡シーンから、観客は一挙に引き込まれるだろう。

自分より格段に体格が大きく、銃を持った相手を、腕ひしぎ十字固めで打ち負かす。まるでダンスの振り付けのように、よどみなく素早いアクション、予想もつかない展開。「ボーン・アルティメイタム」を彷彿とさせる、屋根から屋根へ飛び移るアクションも、特撮やワイヤーを使わない。
相手に当てないスタントを習得した彼女が魅せるのは、細かいカット割りでごまかす必要のない本物の格闘なのだ。ラストでのユアン・マクレガーも、重々しいジャンピング・パンチを食らって即座にKOなんて弱いのだ。
映画は本当にソダバーグによるジーナのファン映画と化しており、どのシーンもジーナがいかに強く美しいかだけを丹念に、というか息を飲むバトルを舐めまわすように撮られているのだ。

主人公カラーノ、これが映画初出演ながら、マイケル・ダグラス、ユアン・マクレガー、マイケル・ファスベンダーら贅沢な共演者が、引き立て役を演じていることからも、彼女のアクションスターとしての期待度の高さが伺える。
彼女のムエタイをベースにした打撃技が、目を見張る総合格闘技が一番の見所です。173センチの身長に均整のとれたボディが魅力的ですね。
本作をステップに「ワイルド・スピード」第6弾(2013年5月米公開)への出演も決定、これからの活躍に期待したい。
2012年劇場鑑賞作品・・・102 人気ブログランキングへ


トラックバック (10)   この記事についてブログを書く
« テイク・ディス・ワルツ  ★★ | トップ | あの日 あの時 愛の記憶 ★★★ »

アクション映画ーア行」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

10 トラックバック

エージェント・マロリー/ジーナ・カラーノ (カノンな日々)
『オーシャンズ』シリーズでも有名なスティーヴン・ソダーバーグ監督が女スパイの活躍を描いたスパイ・アクション映画です。といってもジーナ・カラーノという名前は初耳なんです ...
エージェント・マロリー (こんな映画見ました~)
『エージェント・マロリー』---original---2011年(アメリカ)監督:スティーヴン・ソダーバーグ出演:ジーナ・カラーノ 、マイケル・ファスベンダー、ユアン・マクレガー 、ビル・パクストン 、チャニング・テイタム、アントニオ・バンデラス、マイケル・ダグラ...
エージェント・マロリー (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★【3点】(14)(F) ジーナ・カラーノご本人以外見どころなし(苦笑)
エージェント・マロリー (新・映画鑑賞★日記・・・)
【HAYWIRE】 2012/09/28公開 アメリカ 93分監督:スティーヴン・ソダーバーグ出演:ジーナ・カラーノ、マイケル・ファスベンダー、ユアン・マクレガー、ビル・パクストン、チャニング・テイタム、マチュー・カソヴィッツ、マイケル・アンガラノ、アントニオ・バンデラス...
エージェント・マロリー (風に吹かれて)
ボコボコにされるイケメン達公式サイト http://www.mallory-movie.com監督: スティーヴン・ソダーバーグフリーランスの有能な女性スパイ、マロリー・ケイン(ジーナ・カラーノ)が田
映画:エージェント・マロリー Haywire ソダーバーグが放つ、趣味路線も少々ありながらのリアルアクション (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
スティーブン・ソダーバーグ監督は、当ブログのお気に入り。 最近でいうと、 2011年11月25日:コンテイジョン Contaigion 大作だが、ソダーバーグの趣味的要素も含まれるところが新しい? 2011年04月02日:バブル Bubble ガールフレンド・エクスペリエンスとは全く...
エージェント・マロリー (だらだら無気力ブログ!)
これ、シリーズ化して欲しいなぁ。
エージェント・マロリー (ここなつ映画レビュー)
こなれた作品である。アクション・シーンも素晴らしい。冒頭のダイナーでの乱闘から手に汗握る展開。女雇われアサシンのマロリーの物語。彼女はフリーランスで、優れた知性と格闘能力と美貌を武器に、各エージェントからの依頼をこなす。しかし、どのビジネスでもそうで...
『エージェント・マロリー』(2011) (【徒然なるままに・・・】)
民間の軍事業者である元恋人のケネスから、バルセロナでの人質救出を依頼されたマロリー。無事に仕事をやり遂げた彼女の元に、今度はMI6から新たな任務の依頼が来るが、その背後には彼女を狙う何者かの陰謀が・・・?! アメリカの女子総合格闘家のジーナ・ガラーノ...
エージェント・マロリー (映画大好きだった^^まとめ)
95 : 稚羽矢[sage] : 2012/10/01(月) 19:54:29.68 ID:3UN1VrIk思ったよりジーナが美人だったな時系列としてはカフェからの逃亡はダブリンから戻って親父に会う前だよな?『ボーン・レガシー』を観 ...