パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞のレビューを中心に、DVD、WOWOWの映画の感想などネタバレ有りで記録しています。

新しい靴を買わなくちゃ ★★

2012年10月28日 | あ行の映画
脚本家・監督の北川悦吏子が原作を担当し、くらもちふさこの作画で漫画化された同名コミックを、北川自身のメガホンで実写映画化。全編フランスロケを敢行し、パリで出会った男女の偶然から始まる3日間の恋を描く。妹のスズメに付き添ってパリ旅行にやってきたカメラマンのセンだったが、パリに着くなりスズメは単独行動をしたいと言ってどこかに行ってしまう。
置き去りにされたセンは宿泊先のホテルもわからず困り果てた上に、落としたパスポートを踏みつけられ、破かれてしまう。パスポートを踏んでしまったのは、パリでフリーペーパー編集者として働く日本人女性アオイだった。アオイは、パスポートを踏んだ拍子に靴のヒールが折れてしまい……。主演はパリ在住の女優・中山美穂。共演に向井理、桐谷美玲。岩井俊二がプロデュースを担当。(作品資料より)

<感想>TVの「ロング・バケーション」で好評だった北川悦吏子脚本兼監督の作品。プロデュースに岩井俊二、音楽に坂本龍一のピアノ演奏、モーツアルトのメヌエットが要所、要所に入って極上のラブストーリーに仕上がっています。難を言えば主人公のアオイ役の中山美穂が、相手役の若い年下の向井理さんと恋人関係を描いているので、年齢的に違和感を感じました。もうちょっと若い女優さんでも良かったのでは。
お話の中にも、コメディのような、年代の差を現わす台詞のやりとりがあるのですが、パリに住んでいるし、フランス語も堪能なので彼女に抜擢されたのかもしれません。でも、あまりにも年の差が厳しく感じ、昔の若いころの美穂ちゃんならきっと最高だったでしょうに。酔っ払ったミポリンの姿も、年齢的にキツイかも。

まぁ、最近は年の離れた恋愛も流行ということもあり、物語もパリで結婚して夫の浮気で離婚、その後妊娠に気づいて男の子を出産。その息子が病弱で5歳で亡くなったお話など、そういう展開も含めるとかなり年齢的に年の差があってもいいのかなぁ、なんて妥協せざるをえないですよね。
もちろん若い世代の方達には、パリの名所、エフェル塔や、凱旋門、コンコルド広場に、ノートルダム寺院、セーヌ川遊覧船観光など、パリを満喫できる映画なので、見ているだけでも観光した気分になれます。
もう一つの話が、向井理くんがパリに来たきっかけが妹の守り役、付き添いってことでやって来たのですが、妹のスズメ(鈴愛)は、パリで絵の勉強をしている恋人に会いに来た。そして結婚してくれと彼に迫るのだが、彼氏はまだ学生だし、経済的にも無理だし、パリで一緒に住みたいというスズメの強引なプロポーズを断る。

そう言った展開が、大人の恋物語と交互に描かれ、メインのラブロマンスが雲隠れするシーンには戸惑いをおぼえてしまった。ドラマのタイトルにある「新しい靴を買わなくちゃ」の物語を優先的にしてはいるものの、二人の恋物語というより、年上の美穂ちゃんが、パリに住んでいて日本人の男性が目の前に現れ、懐かしさと日本に帰りたいという願望が見え見え。しかし、浮気症の夫と離婚はしても必死にパリで頑張っている彼女は、実際に本人もそうだと思わせるような感じが見え隠れする。最近、映画の出演が増えているし、日本にも頻繁に帰って来ているようなので、この映画の中のヒロインと何だか被って見えるのは考え過ぎかしら。

もちろん二人のラブシーンってほどじゃないけど、彼女のアパートで床に布団に包まり、抱き合って寝るシーンも清潔感が溢れて、向井理ファンを怒らせたりはしない。それに別れのラストシーンで、抱き合うシーンもベタベタすることなく、キスを交わすことも無く爽やかです。
年下でも気が利くのが、日本へ帰ってから彼女に送るベージュ色のヒールが最高。こういう何気ないプレゼントって女って嬉しいし、新しい靴を履いてパリでもう少し頑張ってみようという気になる。
何だか、北川悦吏子の昔の作品とあまり変わり映えしないストーリーに、懐かしさを感じつつも、物足りなさをぬぐいきれない。何かもう一工夫というか、ひとひねり味付けが欲しかった。
2012年劇場鑑賞作品・・・113  人気ブログランキングへ


トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
« アイアン・スカイ ... | トップ | 星の旅人たち ★★★★ »

あ行の映画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

4 トラックバック

新しい靴を買わなくちゃ (映画的・絵画的・音楽的)
 『新しい靴を買わなくちゃ』を渋谷TOEIで見ました。 (1)あの中山美穂が主演の映画と聞いて一抹の不安があったのですが、TVドラマで著名な北川悦吏子氏が監督・脚本、人気の向井理も出演するし、坂本龍一氏が音楽監督ならば、マアいいかもしれないと映画館に行ってみま....
新しい靴を買わなくちゃ/中山美穂、向井理 (カノンな日々)
中山美穂さんには映画よりもTVドラマに復活してほしいと思うの私だけでしょうか?数々のヒット作を生み出してきた人気脚本家・北川悦吏子さんの2作目の監督作品で、プロデュースと ...
『新しい靴を買わなくちゃ』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「新しい靴を買わなくちゃ」□監督・脚本 北川悦吏子 □キャスト 中山美穂、向井 理、桐谷美玲、綾野 剛、アマンダ・プラマー■鑑賞日 10月8日(月)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★(5★満点、☆は0.5)...
新しい靴を買わなくちゃ (2012) (のほほん便り)
パリで出会った男女の偶然から始まる3日間の恋北川悦吏子、脚本、岩井俊二、プロデュース、坂本龍一、音楽で、パリが舞台ですから、物語に入った者勝ち?!キャスティングも美形......