パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞のレビューを中心に、DVD、WOWOWの映画の感想などネタバレ有りで記録しています。

プロミスト・ランド ★★★

2014年09月20日 | は行の映画
『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』のマット・デイモンとガス・ヴァン・サント監督が再び手を組んだ社会派ドラマ。新たなエネルギー源として注目を浴びるシェールガス革命を背景に、脚本と製作もこなすマット演じる大手エネルギー会社の社員が、ガス採掘権を買収すべく訪れた田舎町で住民との交流を通じ、自身の人生を見つめ直していく。共演には『お家(うち)をさがそう』のジョン・クラシンスキーや、オスカー女優のフランシス・マクドーマンドら実力派がそろう。
あらすじ:寂れた田舎町のマッキンリーを訪れた大手エネルギー会社の幹部候補スティーヴ(マット・デイモン)。そこには良質のシェールガスが埋蔵されており、不況に苦しむ農場主たちから安値で採掘権を買収する交渉のため同地に来たのだった。住民を簡単に説得できるともくろんでいたスティーヴだったが、思いも寄らぬ障壁が立ちはだかり……。

<感想>脚本兼主演のマット・デイモンとガス・ヴァン・サント監督が、三度目のタッグを組んだ社会派ドラマ。天然ガス事業に対する企業と、地元住民の意識の隔たりと、ガスの採掘権の交渉者の情熱と葛藤をリアルに描写している。

見ながら、何だか米国流の資本主義って本当に悪いのか、と思ってしまった。それにしては、悪いと言う描き方が、昔から殆ど深化してないように感じられた。それが不思議でならない。
シェールガス開発をめぐるお話だが、開発のマイナス点は深く描かれず、開発、掘削会社の資本主義的な欺瞞のみが描かれる。それなら何十年も前から描かれてきた資本主義悪玉説から、一歩も進んでいないのではないか。

ちょっとズルしているなぁ、という印象は残る。シェールガスの採掘をめぐる重々しい環境時事問題を扱っているにしては、筋の動かし方がお伽噺的になっているようだ。
出世街道を走り順風満帆だったスティーヴ。田舎街へ入る直前に、わざわざポンコツ車とネルシャツに着替えて、住民に親近感のアピールを図るエネルギー会社の社員。それでいて、タグを切らないまま着てしまううかつさが、傲慢にして憎みきれない人柄を強く刻みつけている。
特別な説明もないのに、彼らがどんな人間で、これからどんなことが起きようとしているのか、自然と把握できるのだ。脚本家としてもマット・デイモンがやっぱり上手い。実際の交渉員と接したことがなくても、違和感を覚えさせない説得力の演技に感心した。

最終的には田舎が吸い取るという映画で、その意味ではやはりⅠ本のプロットが走っている。主人公の心の中で、おカネと力の価値観がぐらつき、虚偽から誠実さと自己尊厳、グローバルからローカリティの獲得、といった運動が起こるのだ。

で、その運動は、綺麗に、説得力をもって描かれているだろうか?・・・スティーヴの脱落には十分なドライヴがあるだろうか。しかし、田舎にやってきて、スティーヴたちの邪魔をする環境活動家のダスティンが、まさか自分の会社からの派遣とは、一生懸命に会社のためにと、地域の暮らしを良くしようと考えてのことなのに、会社からの命令で反対運動をするとはどういう料簡なのか。

だから、自分も田舎生まれの育ちで、農業をやっていてダメにしてしまい手放した苦い経験があるだけに、目の前に大金をちらつかせても、昔から住んでいる土地は手放すことはできないのだ。
それと、住民との対話集会で、スティーヴが劣勢に立った瞬間に、さりげなく背後に見える星条旗も悪くない。まずは、ハル・ホルブルック演じる、超エリートのスーパー老人、マサチューセッツ工科大を卒業し、その知見と弁舌と人情をもって、グローバルの倫理をぐらつかせるのだ。

もう一人は美人なのに人懐っこくて、清純なのに胸のボタンが一つ外れている小学校教師のアリス。「カンパニー・メン」で、ベン・アフレックの奥さん役を演じていた、ローズマリー・デウィット。本当に美しくてこんな田舎の教師にはもったいないと思った。ラストでスティーヴをローカルな生へと招くところが出来すぎのような気もしたが、二人の恋愛もほんわかでいいのだ。
特に、鳥のさえずりと、庭の緑色と、白い柵と、午後の光を浴びた子供たちのソフトボールに、小さな女の子が売る25セントのレモネードが、甘酸っぱい郷愁を誘っていていい。
2014年劇場鑑賞作品・・・294 映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング


トラックバック (19)   この記事についてブログを書く
« 監視者たち ★★★★ | トップ | ジゴロ・イン・ニューヨーク★... »

は行の映画」カテゴリの最新記事

19 トラックバック

プロミスト・ランド / Promised Land (勝手に映画評)
世は、“シェールガス革命”と言われていますが、その【革命】の負の部分を描いた社会派作品。マット・デイモンが、主演のほか、制作にも関わっています。 マット・デイモンが、良いですねぇ。オーシャンズシリーズでは若手で皆にからかわれ、ボーンシリーズでは超人的な...
「プロミスト・ランド」:正義と信念が難しい時代 (大江戸時夫の東京温度)
映画『プロミスト・ランド』は真面目で良心的な古典的アメリカ映画らしさを持っている
『プロミスト・ランド』 (こねたみっくす)
会社を信じちゃいけないよ。 信じちゃいけないものは噂だけではないのです。会社も信じちゃいけない。その辺りを理解していない綺麗事主義の脚本が残念でならなかったこの作品。 ...
『プロミスト・ランド』 (2012) (相木悟の映画評)
エネルギー問題であぶり出す、人生の決断! 丁寧につくられた、高品質な社会派ヒューマンドラマではあるのだが…。 本作は、俳優のマット・デイモンとジョン・クラシンスキーが製作と脚本を担い、ガス・ヴァン・サントがメガホンをとった期待作。マットとサントの組み...
プロミスト・ランド・・・・・評価額1650円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
何を、約束されたのか? 監督ガス・ヴァン・サント、主演・共同脚本マット・デイモンという、名作「グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち」のコンビが再びタッグを組んだヒューマンドラマ。 シェールガス革命に沸くアメリカの片田舎を舞台に、町を丸ごと買収するため...
映画・プロミスト・ランド (読書と映画とガーデニング)
原題 PROMISED LAND2012年 アメリカ 大手エネルギー会社のエリート社員・スティーヴ(マット・デイモン)シェールガスの埋蔵地へ赴き農場主から掘削権を借り上げる仕事に就く彼は農業地出身の強みを生かし実績を積み重ねていた幹部候補になった彼は同僚のスー(フ....
プロミスト・ランド (ダイターンクラッシュ!!)
2014年9月2日(火) 19:40~ TOHOシネマズシャンテ3 料金:1400円(シネマイレージデイ) パンフレット:未確認 社畜のお猿さん、仕事を放棄。 『プロミスト・ランド 』公式サイト 田舎に出向いては、農場主から土地を買い取る、天然ガス屋のマット・デイモン。 ...
プロミスト・ランド (映画的・絵画的・音楽的)
 『プロミスト・ランド』を新宿武蔵野館で見ました。 (1)本作(注1)は、マット・デイモン(注2)が主演の作品だというので映画館に行ってみました。  本作の舞台は、アメリカの小さな田舎町のマッキンリー(注3)。  その町で、マット・デイモンが、大手エネルギー....
『プロミスト・ランド』 (ラムの大通り)
(原題:PROMISED LAND) ----『プロミスト・ランド』… えっ、浜田省吾? 「なに、とぼけてんだよフォーン。 これは、あのガス・ヴァン・サント監督の作品。 しかも脚本をマット・デイモンが担当しているんだ」 ----えっ、それって 『グッド・ウィル・ハンティング/旅...
プロミスト・ランド (映画と本の『たんぽぽ館』)
少女に教えられたこと * * * * * * * * * * アメリカの田舎町、マッキンリー。 不況にあえぐ農場主からシェールガスの掘削権を買い上げる エネルギー会社のエリート社員、スティーヴ(マット・デイモン)。 この街の仕事も簡単にケリが付くはずで....
プロミスト・ランド (風に吹かれて)
簡単には決められない問題 公式サイト http://www.promised-land.jp 原案: デイヴ・エッガース監督: ガス・ヴァン・サント脚本: マット・デイモン、ジョン・クラシンスキー 大
「プロミスト・ランド」 (ここなつ映画レビュー)
心から素晴らしい作品だったと思える。生い立ち、思い出、プライド、仕事に対する姿勢、積み重ねた生き方…そんなものをまとめた自分自身という名の胸倉を掴まれ上に持ち上げられ、ぐらぐらと揺らされた挙句にパッと手を放されたような感じ。パッと突き放された割には余韻...
プロミスト・ランド (映画の話でコーヒーブレイク)
ロビン・ウイリアム氏の追悼で放映されていた「グッド・ウィル・ハンティング」を見ました。 マット・デイモンが若く初々しかったです。 本作は「グッド・ウィル・・・」と同じく監督はガス・ヴァン・サント。 脚本と製作はマット・デイモンと、本作でマットのライバルを....
映画:プロミスド・ランド Promised Land アメリカの田舎町に迫る21世紀 = シェールガス開発 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
実は鑑賞したのは遥か昔。 ガス・バン・サントの新作にもかかわらず、日本では公開されないのでは? とビビってた(笑) ヨカッタヨカッタ! さてこの映画のテーマは、なかなかに旬なネタ。 中東への依存度を減らし、アメリカを大資源国に押し上げるだろうと言われて...
「プロミスト・ランド」☆すべては誠意 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
今アメリカでも大きな物議をかもしているタイムリーな「話題」であり、しかも「問題」のシェールガスについて、真剣に真っ向から取り組んだ社会派ドラマ。 かなり興味を持って見始めたのだけど・・・・
『プロミスト・ランド』をトーホーシネマズシャンテ1(4F)で観て、普通でね?ふじき★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★終盤の展開は中々見せるが、ビックリとしては小粒】   おでに分かったのは映画の中で、 「返却は計画的に」と言わなかったので、お金に関する映画だけど ...
プロミスト・ランド(2012)**PROMISED LAND (銅版画制作の日々)
人生はいつでも、やり直せる。 久しぶりの投稿です。京都みなみ会館にて、マット・ディモンがあのガス・ヴァン・サント監督と久々にタッグを組んだ作品を鑑賞。 なんと日本公開にまで2年もかかったんですね。地味な作品だからなのかしら・・・・。題材がシェールガスで...
映画『プロミスト・ランド』を観て (kintyre's Diary 新館)
14-71.プロミスド・ランド■原題:Promised Land■製作年、国:2012年、アメリカ■上映時間:106分■料金:1,100円、TOHOシネマズシャンテ(日比谷)■鑑賞日:9月1日 □監督:ガス・ヴァン・サント□脚本・製作:マット・デイモン、ジョン・クラシンスキ...
エネルギー以上の問題 (笑う社会人の生活)
22日のことですが、映画館「プロミスト・ランド」を鑑賞しました。 良質のシェールガスが埋蔵されている寂れた田舎町のマッキンリーを訪れた大手エネルギー会社の幹部候補スティーヴ 不況に苦しむ農場主たちから安値で採掘権を買収する交渉も住民を簡単に説得できるとも....