パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞のレビューを中心に、DVD、WOWOWの映画の感想などネタバレ有りで記録しています。

96時間/リベンジ ★★★★

2013年01月11日 | アクション映画ーカ行
元CIA工作員の男が、元妻と娘を守ろうと犯罪組織に立ち向かう姿を描くアクション第2弾。製作・脚本は「トランスポーター」シリーズのリュック・ベッソン、監督は「コロンビアーナ」のオリヴィエ・メガトン。出演は「シンドラーのリスト」のリーアム・ニーソン、「ナイト&デイ」のマギー・グレイス、「007/ゴールデンアイ」のファムケ・ヤンセン。

<感想>前作の大成功で製作費も増強されたのだろう。舞台もアクションもスケールアップして、前作をしのぐ期待以上の出来だった。今度は父親が誘拐されるって、馬鹿にしてんのか?・・・そう思ったのは最初だけで、テンポ良く見せ場も途切れず、演出力で真っ向から勝負に挑んで一瞬たりとも飽きさせない92分で、キッチリと最後まで楽しめました。

しかし前作で娘をさらった連中は、一人残らず主人公ブライアンが始末したわけで、今更リベンジもないんじゃないか。と思ったら今度の敵は、この間ブライアンが虐殺した誘拐犯の父親だという。息子の仇をアルバニアの田舎に引っ立てて死ぬより辛い拷問を加え、やっぱ殺そうとするのだが、そんなに正直言ってキャラクターが立っていたわけでもない前作の悪党たちを、覚えていないのが観客。ともあれリベンジされるのは主人公の方であったという斬新な構図であります。

物語は、ブライアンは相変わらず実直に暮らしていたのだが、別れた妻のレノーラ(ファムケ・ヤンセン)が再婚相手と上手くいかなく、中国への家族旅行も中止になって泣く元妻。人が善いのが取り柄のブライアンが、ちょうどトルコのイスタンブールへ出張することになっていたので、娘のキムを誘うのであります。
しかしですよ、この人たちは前作でパリで拉致されて死にかけたばかりなのに、家族の絆の再構築、またはトラウマの克服にはいろんなやり方もあろうに。だから、中国とかトルコとかあまりいい予感はしない。せめてハワイくらいにしておいた方がよかったんじゃないかと。
やっぱ、観客の嫌な予感が的中して、イスタンブールの街で元夫婦2人は、さっそくアルバニア軍団に襲撃されるんです。ブライアンは悪党どもを次々とちぎっては投げ、多分ニーソン1人なら映画はここで終了してしまうと思った。しかしだ、元妻を人質に捕られて手も足も出ないので2人は拉致されてしまう。

ところがですよ、ブライアンはホテルで呑気にくつろいでいる娘に電話をして前作同様「良く聞け、お父さんとお母さんはこれから拉致される」とぶっ飛びのセリフが出てくるんです。とにかく拉致寸前に電話連絡というのがシリーズの定番になっているのが笑える。
頭に袋を被せられ、車に押し込まれるブライアン。しかし、車中で聞こえる環境音から冷静に移動距離と、周辺の状況を分析し、これから連行される場所のあたりを付けるなど、CIA仕込みの特殊スキルは健在だ。今回も悪党たちは、敵に回す相手を明らかに間違っていたのが痛快。

さらに前回では誘拐されて父親の助けを待つのみであった娘キムが、今回は戦力に加わるんですから。でもね、携帯で遠隔操作されて父親の監禁場所を割り出すのに使われとか、盗んだタクシーでイスタンブールの市街地の暴走とか、基本的には父親ブライアンの道具扱いだったのだが、必要以上に足を引っ張ることはないので安心して見られた。
捕まったパパは、娘にホテルの窓から手榴弾を投げさせ、爆発音の間隔と方向から自分が監禁されている位置を絞り込むという、これって元CIA仕込みなの。かくしてイスタンブールの世界遺産には、ドッカン、ドッカンと連続爆破が巻き起こり、トルコ市民を恐怖のどん底に突き落とすのであります。

監督は「コロンビアーナ」のオリヴィエ・メガトンなのだが、手持ちカメラで撮った画像を繋ぐアクションシーンで、何が起こっているのか若干分かりずらかった。それと本作でアクション監督をしている人が、トルコ式浴場の円形リングにニーソンとわざわざ上がって、クライマックスの大バトルを繰り広げる。ケレンみ過剰な素晴らしいセットアップだけに、肝心の試合がなんだかガサツに見えた。別れた妻役のファムケ・ヤンセンも特に見せ場はなく、しいて言えば、首を切られて血抜きのために逆さ吊にされるところかな。
まぁ、それでも60歳とは思えぬ動きのリーアム・ニーソン。巨体を活かした猪突猛進ブチ切れファイトは今回も健在だし、笑いながらそんなバカなと観る分には文句のない快作です。
第1作目96時間
2013年劇場鑑賞作品・・・3  映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキングへ

トラックバック (23)   この記事についてブログを書く
« その夜の侍 ★★ | トップ | STRIKE BACK 反撃のレスキュ... »

アクション映画ーカ行」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

23 トラックバック

96時間/リベンジ (Akira's VOICE)
アクションもスリルも物足りない。  
『96時間/リベンジ』 (こねたみっくす)
イスタンブールが最凶のドライビングスクール。 やはりリュック・ベッソンがプロデューサーを務める作品はカースタント以外は面白味がない。これが続編となるとよりその酷さが増 ...
劇場鑑賞「96時間 リベンジ」 (日々“是”精進! ver.F)
お父さんは、“最強”です… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201301110003/ ポスタ- A4 パターンD 96時間 リベンジ 光沢プリント写真フォトスタンド APOLLO ...
『96時間/リベンジ』 (2012) / アメリカ (Nice One!! @goo)
原題: TAKEN 2 監督: オリヴィエ・メガトン 出演: リーアム・ニーソン 、マギー・グレイス 、ファムケ・ヤンセン 試写会場: スペースFS汐留 公式サイトはこちら。 (2013年1月11日公開)   「96時間」シリーズ イッキ観試写会に行って来ました。その名の...
96時間/リベンジ (心のままに映画の風景)
イスタンブールで仕事を終えた元CIA工作員ブライアン(リーアム・ニーソン)は、失われた家族の絆を修復するため、元妻レノーア(ファムケ・ヤンセン)と娘キム(マギー・グレイス)を呼び寄せた。 かつて...
映画:96時間/リベンジ Taken 2 悪い予感がすっかり当たってしまった。続編は辞めた方が良かったのでは?!  (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
当ブログ、「96時間」は大変お気に入りで、その年のベスト10にも入れている。 当時の褒め言葉は、「Taken 褒め言葉1~5(本文)でわかっていただきたい、必見のアクション」  1.こりゃ先行公開各国で評判・興収ともに、「抜群」なわけだわ! 2.強いて言うと「フ...
96時間/リベンジ (風に吹かれて)
オヤジのスキルで家族を守るぜ公式サイト http://www.foxmovies.jp/96hours製作・脚本 リュック・ベッソン監督: オリヴィエ・メガトン  「トランスポーター3 アンリミテッド
96時間 リベンジ (ハリウッド映画 LOVE)
原題:Taken 2監督:オリビエ・メガトン出演:リーアム・ニーソン、マギー・グレイス、ファムケ・ヤンセン、リーランド・オーサ、ジョン・グライスリベンジって・・・てっきり
96時間/リベンジ (新・映画鑑賞★日記・・・)
【TAKEN 2】 2013/01/11公開 アメリカ 92分監督:オリヴィエ・メガトン出演:リーアム・ニーソン、マギー・グレイス、ファムケ・ヤンセン、ラデ・シェルベッジア 迷宮の街 イスタンブール。 悲しいほどの父の愛が、再び暴走を始める。 [Story]イスタンブールで就いて...
映画:96時間/リベンジ Taken 2 悪い予感がすっかり当たってしまった。続編は辞めた方が良かったのでは?!  (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
当ブログ、「96時間」は大変お気に入りで、その年のベスト10にも入れている。 当時の褒め言葉は、「Taken 褒め言葉1~5(本文)でわかっていただきたい、必見のアクション」  1.こりゃ先行公開各国で評判・興収ともに、「抜群」なわけだわ! 2.強いて言うと「フ...
「96時間 リベンジ」オヤジ、ますます無敵に! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[96時間] ブログ村キーワード  そんなわけで新年明けてもお11日!今年の1発目は…、あの無敵オヤジが帰ってきた!まさかまさかのシリーズ化?!「96時間 リベンジ」(20世紀フォックス映画)でございます。前作に引き続き、製作はリュック・ベッソン。前作でパリをぶっ壊...
96時間/リベンジ / TAKEN 2 (勝手に映画評)
人身売買組織に奪われた娘を奪還する“父親”を描いた『96時間』。今回は、前回娘の奪還に際してほぼ壊滅に追い込んだ組織から、自身や元妻が狙われます・・・。 いやぁ、今回もリーアム・ニーソン強すぎます。ってかねぇ、この作品ってストーリーよりも、アクションだよ...
96時間/リベンジ/TAKEN 2 (いい加減社長の映画日記)
そんなに興味はなかったんだけど、前作も観たし・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 イスタンブールでの仕事を終えた元CIA工作員ブライアンは、バカンスを一緒に過ごし、家族の絆を取り戻そうと元妻のレノーアと娘のキムを呼び寄せる。 だがその頃、かつて...
「96時間 リベンジ」ゆかりの地をたずねて (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
すっかり落ち着いたおじさんになったリーアム・ニーソンが、家族のために激しいアクションで頑張る「96時間」の続編が、この「96時間 リベンジ」 ちょっと身体が重たそうになってきているけど、リーアム父さん大丈夫?
96時間/リベンジ (だらだら無気力ブログ!)
パパ強すぎ!
「96時間/リベンジ」 オヤジ、頑張る、ふたたび (はらやんの映画徒然草)
あの無敵の親父が帰ってきた! ということで、リーアム・ニーソン主演の「96時間」
『96時間/リベンジ』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「96時間/リベンジ」□監督 オリヴィエ・メガトン □脚本 リュック・ベッソン□キャスト リーアム・ニーソン、マギー・グレイス、ファムケ・ヤンセン、ラデ・シェルベッジア■鑑賞日 1月14日(月)■劇場 TOHOシネマズ川崎■...
『96時間リベンジ』 2013年1本目 ワーナーマイカルシネマズ名取 (映画とJ-POPの日々)
『96時間リベンジ』 タイトルのとおり、『96時間』の続編なのですが、実は観てませんでした。 一応チェックはしていたのですが、リュック・ベッソン製作なのが気になってしまい観 ...
96時間/リベンジ (銀幕大帝α)
TAKEN 2 2012年 アメリカ 92分 アクション/サスペンス/犯罪 劇場公開(2013/01/11) 監督:オリヴィエ・メガトン『コロンビアーナ』 製作:リュック・ベッソン 脚本:リュック・ベッソン 出演: リーアム・ニーソン『THE GREY 凍える太陽』:ブライアン・ミ....
96時間/リベンジ (いやいやえん)
一作目「96時間」が面白かったので続編投入ですな。リーアム・ニーソンがあんなにアクション出来るとは思わなかったもんね。しかももの凄く強い無敵の父です。今作でもその無敵の父ぶりは変わらないのですが、ちょっと変化球を投げてきました。96時間という時間は意味...
96時間/リベンジ (タケヤと愉快な仲間達)
監督:オリヴィエ・メガトン 出演: リーアム・ニーソン、マギー・グレイス、ファムケ・ヤンセン 【あらすじ】 イスタンブールで就いていた警護の仕事を終え、元妻レノーア(ファムケ・ヤンセン)と娘のキム(マギー・グレイス)を同地に呼び寄せた元CIA工作員ブライア....
96時間リベンジ (映画好きパパの鑑賞日記)
 リーアム・ニーソン主演のアクションシリーズ2作目。3作目が劇場公開されたので、その前に見ておこうと思いました。1作目は好きな作品です。  作品情報 2012年アメリカ映画 監督:オリヴィエ・メガトン 出演:リーアム・ニーソン、マギー・グレイス、ファムケ・...
96時間/リベンジ (Taken 2) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 オリヴィエ・メガトン 主演 リーアム・ニーソン 2012年 フランス映画 98分 アクション 採点★★★ 英語が話せて楽器も弾け、時折料理を振る舞い容姿にも一応気を遣ってはいる。概ねその全てに措いて“そこそこ”ではあるんですけど、自分で言うのもアレです...