パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞のレビューを中心に、DVD、WOWOWの映画の感想などネタバレ有りで記録しています。

そして父になる ★★★★

2013年09月27日 | さ行の映画
『誰も知らない』などの是枝裕和監督が子どもの取り違えという出来事に遭遇した2組の家族を通して、愛や絆、家族といったテーマを感動的に描くドラマ。順調で幸せな人生を送ってきたものの、運命的な出来事をきっかけに苦悩し成長する主人公を、大河ドラマ「龍馬伝」や『ガリレオ』シリーズの福山雅治が演じる。共演は、尾野真千子や真木よう子をはじめ、リリー・フランキー、樹木希林、夏八木勲ら個性派が集結。予期しない巡り合わせに家族が何を思い、選択するのか注目。

<感想>“新生児取り違え事件“を題材に、6歳になった子供たちを交換することになった2組の夫婦の葛藤を丁寧に描き出している。スピルバーグが審査員長を務めた今年のカンヌ映画祭コンペ部門で見事に審査員賞を受賞しての凱旋公開である。

映画の内容は、未熟な家族と、未熟な男の物語である。大手建設会社に勤め、都内の高層マンションに妻と子と暮らす野々宮良多は、6年間育てた息子が実は病院で取り違えられており、別の夫婦の血を引いていることを知る。自分のような向上心がなく、おっとりとした息子に不満を抱いていた父は、やっぱりそういうことか、とつぶやく。
住む土地柄も経済状況も生活も対照的な、息子を取り違えられた二つの家族は交流を重ね、そして良多は子供を交換するという結論を出す。

他の是枝裕和監督作品の多くと同じように、成長した主人公の清々しい表情も、わかりやすい答えも結末もありません。すべての登場人物ばかりか、演じている役者たち、監督すらもまだ答えを探しているような、だから観客たちもこれからどうなるのか、微妙な終わり方なのだ。パーソナルでありながら、この普遍的な葛藤に引き込み入れて、その一部にしてしまっているような。
2時間の作品は終わっても、物語はずっと続いていくわけで、ラストも家族は未熟なままだし、良多は父親としてのスタート地点に立ったに過ぎないのだから。その瞬間は決して晴れやかではなく、むしろ彼は人生でもっとも戸惑い、混乱しているように見えた。

父である自分はここから始まるのだから。涙をこらえ声を詰まらせ、我が子に無様に向き合う主人公。我が家に実の子を迎え入れても、その血の繋がっている子供に、自分をパパと呼べと言うのに、子供は「何で、何でなの」と、まだ子供たちは、ただお泊りに来ているだけだと思っている。理解するには時間がいる。
6年間育てた子供慶多は、両親の過剰な期待を受け止めて、ピアノとか自分には向いてないと分かっていることにも一生懸命に努力する。それなのに父親である良多は、「やっぱり、あっちと交換するか」なんて、母親にとっては怒りが湧いてくる発言をする。もっと、母親は自分の意見を言うべき。慶多に二人でどこか遠くに行こうという母親、だが結局生活のためなのかそのまま慶多を手放す。

子供心に、大好きな父親に環境の違う家へお泊りに行かされ、慣れない生活ながらも、本当の父親は優しく器用で一緒にお風呂にも入ってくれるしで、次第に居こごちが良くなってくる慶多なのだが。やっぱり、まだ6年間育ててくれたパパの方が好きなのだ。観ていて、痛いほどに子供の気持ちが伝わって来て辛い思いがする。

それに対して、良多の実の子供・琉晴は、血が繋がっているとはいえ馴染まず、さっさと自分の家へ帰ってしまう。迎えに行く良多に、迎えに来てくれたと喜んで出ていく慶多なのだが、良多パパは実の子どもの名前を呼ぶ。これは、子供にとって理解しがたい仕打ちであり、6年間父親だったと言い訳する父に、慶多は言葉にならない。それにはつい涙がこぼれて仕方がなかった。
実に素晴らしく、子供たち2人の演技に泣かされます。そして、この物語に巻き込まれて、自分もその家族の一員になったような思いで幸せを噛みしめました。
2013年劇場鑑賞作品・・・282   映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング
『映画』 ジャンルのランキング
トラックバック (48)   この記事についてブログを書く
« ウォーム・ボディーズ ★★★ | トップ | シャニダールの花  ★★★ »
最近の画像もっと見る

さ行の映画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

48 トラックバック

そして父になる (Akira's VOICE)
家族は一日にして成らず。  
『そして父になる』 (こねたみっくす)
6年間育てた息子を、本当に他人の子と言えますか。 第66回カンヌ国際映画祭で審査員賞を受賞したこの作品は、是枝裕和監督らしい静かに語り、じわじわと心に響く今年の邦画を代表 ...
血の繋がりや年月よりも・・・。『そして父になる』 (水曜日のシネマ日記)
カンヌ国際映画祭で審査員賞を受賞した是枝裕和監督の最新作。子どもの取り違えという出来事に遭遇した家族の物語です。
劇場鑑賞「そして父になる」 (日々“是”精進! ver.F)
本当の家族になるということ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201309240003/ 【送料無料】そして父になる [ 是枝裕和 ]価格:690円(税込、送料込) 【送料無料】【予約・新作+もう1枚でポイント3倍】そして父に...
『そして父になる』 (2013) / 日本 (Nice One!! @goo)
監督・脚本: 是枝裕和 出演:  福山雅治 、尾野真千子 、真木よう子 、リリー・フランキー 、二宮慶多 、黄升? 、大河内浩 、風吹ジュン 、國村隼 、樹木希林 、夏八木勲 映画『そして父になる』 公式サイトはこちら。 第66回カンヌ国際映画祭審査員賞....
そして父になる/福山雅治 (カノンな日々)
『奇跡』の是枝裕和監督が福山雅治さんを主演に6年間育ててきた愛する息子が実は病院で取り違えられた他人の子どもだったという事実をつきつけられた二組の家族の姿を家族の愛と ...
【そして父になる 】映画@見取り八段 (映画@見取り八段)
監督: 是枝裕和    出演: 福山雅治、尾野真千子、真木よう子、リリー・フラン…
[映画『そして父になる』を観た(寸評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆なんか、かったるそうで、見る気がなかったのだが、観たら、ヨーロッパの映画のような、なんか淡々とした雰囲気をたたえた傑作であった。  六年を経てから判明した、病院での子供の取り違えに端を発する二つの家族の物語だ。  たとえが突拍子もないが^^; ある意...
そして父になる (心のままに映画の風景)
大手建設会社のエリート社員、野々宮良多(福山雅治)は、学歴、仕事、家庭と勝ち組人生を歩んでいる。 都内の高級マンションで、妻みどり(尾野真千子)と6歳になる息子慶多と何不自由のない暮らしを送っていたある日、慶多が病院内で取り違えられた他人の子供だった...
「そして父になる」 (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常)
病院からの電話。 凧揚げとミッション。
そして父になる (悠雅的生活)
6年めの事実。強くなるためのミッション。負けたことのない男。
「そして父になる」取り違えられた真実を知った先にみた血の繋がりだけではない子供に愛情を注いだ期間を経た先にあった2人の父親像 (オールマイティにコメンテート)
「そして父になる」はある2つの家族が子供を取り違えられた事により6年間他人の子供を育てる事になった2つの家族の苦悩と葛藤を描いたストーリーである。今の時代では取り違えら ...
そして父になる (だらだら無気力ブログ!)
見応えあって考えさせられる一本
そして父になる (勝手に映画評)
第66回カンヌ国際映画祭で審査員賞受賞。10分間にも渡るスタンディングオベーション。それは、是枝監督が退場しなかったらいつまでも鳴り止まなそうだったので退場したと言うくらい。また、審査員長のスティーブン・スピルバーグは初めて見た時から本作品が賞に値するとい...
『そして父になる』 2013年9月29日 TOHOシネマズ市川 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『そして父になる』 を観賞しました。 世界の目に狂いはなかったね 今年のベスト3には入るでしょう 【ストーリー】  申し分のない学歴や仕事、良き家庭を、自分の力で勝ち取ってきた良多(福山雅治)。順風満帆な人生を歩んできたが、ある日、6年間大切に育ててきた...
『そして父になる』 (ラムの大通り)
----この映画って、 カンヌ国際映画祭審査員受賞の話題作だよね。 監督は是枝裕和だっけ? 『誰も知らない』『奇跡』など、 子どもの演出には定評があるけど、 こんども父と子の話? 「さすがフォーン。 よく知っているね。 長年、パートナーを務めてきただけのことはあ....
『そして父になる』 血か情か? (映画のブログ)
 かつて社会問題になるほど頻発した「赤ちゃん取り違え事件」。  『そして父になる』は1977年に発覚した事件を参考にしつつ、赤ちゃんを取り違えられてしまった二家族の苦悩を描く。  現実に取り違えられた二人の女の子がたどった人生は、奥野修司氏が『ねじれた絆...
そして父になる・・・・・評価額1700円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
そして、家族になる。 出生時に病院で息子を取り違えられた、二組の家族の姿を描く骨太の人間ドラマ。 デビュー作の「幻の光」以来、市井の人々の様々な葛藤を描いてきた是枝裕和監督は、もしも愛した息子が他人の子供だったら?という状況を通して、親は無条件で子供...
そして父になる  監督/是枝 裕和 (西京極 紫の館)
【主演】  福山雅治  尾野真千子  真木よう子  リリー・フランキー 【ストーリー】 申し分のない学歴や仕事、良き家庭を、自分の力で勝ち取ってきた良多。順風満帆な人生を歩んできたが、ある日、6年間大切に育ててきた息子が病院内で他人の子どもと取り違えられて....
そして父になる (風に吹かれて)
家族になろうよ公式サイト http://soshitechichininaru.gaga.ne.jp監督・脚本・編集: 是枝裕和  「誰も知らない」 「歩いても 歩いても」大手建設会社に勤めるエリート
そして父になる (映画と本の『たんぽぽ館』)
男は子どもとつながっている自信がないから、血にこだわるのでしょう? * * * * * * * * * * 2013年第66回カンヌ国際映画祭で 長いスタンディング・オベーション。 そして審査員賞受賞ということで、随分前から話題になっていました。 実のところ....
そして父になる   LIKE FATHER, LIKE SON (映画の話でコーヒーブレイク)
今週末から公開かと思っていたら…先行上映なるのもがあったのですね。 どうせ東京だけでしょ。横浜じゃ先行はないな~。と思い、 「マン・オブ・スティール」3D字幕の上映館を探していたら、最寄りの映画館でも 横浜の映画館でも「そして父になる」の先行上映をやって...
『そして父になる』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「そして父になる」 □監督・脚本 是枝裕和□キャスト 福山雅治、尾野真千子、真木よう子、リリー・フランキー、二宮慶多、       黄升?、風吹ジュン、國村 隼、樹木希林、夏八木 勲■鑑賞日 9月28日(土)■劇場 TOHOシ...
そして父になる・・・・・評価額1700円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
そして、家族になる。 出生時に病院で息子を取り違えられた、二組の家族の姿を描く骨太の人間ドラマ。 デビュー作の「幻の光」以来、市井の人々の様々な葛藤を描いてきた是枝裕和監督は、もしも愛した息子が他人の子供だったら?という状況を通して、親は無条件で子供...
そして父になる  (にきログ)
こちらカンヌ映画祭審査員特別賞を受賞した作品ですね 是枝監督監督作品は「誰も知らない」以来の鑑賞ですね いやぁ面白かったです この監督はやっぱりTVドラマよりも映画畑の人間ですね あらすじ 申し分のない学歴や仕事、良き家庭を、自分の力で勝ち取ってき...
そして父になる (ケントのたそがれ劇場)
★★★★ 製作:2013年 日本 上映時間:120分 監督:是枝裕和  子供が6歳になったとき、出産時に他人の赤ちゃんと取り違えたという事実が判明。その子供を持つ2組の家族の葛藤と、愛と絆、血の繋がりと家族といったテーマを感動的に描いたヒューマンドラマてあ
映画「そして父になる」 (FREE TIME)
話題の映画「そして父になる」を鑑賞しました。
そして父になる 子が父を育てるんだな~(実体験として) (No War,No Nukes,Love Peace,Love Surfin',Love Beer.)
【55うち今年の試写会6】 うちの娘2人が中高生の頃、我が家のあちらこちらには娘たちが可愛い盛りの頃の写真を飾りまくっておいて、反抗期の娘の言動によって衝動的に生じる娘への「殺意」は、その写真を見ることによって解消していた…、わかる人わかるでしょ。  ...
「そして父になる」 言葉の少なさがリアリティを生む (はらやんの映画徒然草)
6年間育てていた子供が実は他人の子供だった。 その事実に直面した2組の家族・・・
映画『そして父になる』観たジ━━…(〃´-`〃)…━━ン (よくばりアンテナ)
公式サイトはコチラ 赤ちゃん取り違え事件なんて今の時代にありえないと思っていたけれど、 みている間に もしも自分の子どもが取り違えられていたとしたら・・・・と 考えずにはいられない、そしてことの重大さに、衝撃を受けるのです。 エリート意識の強い...
そして父になる (はるみのひとり言)
この日ほんとは凶悪を観るつもりだったんですが、先行上映されてると知って急遽こちらに変更。公開されるの楽しみだったからな~。映画が始まる前にカンヌの映像も流れました。ストーリーは・・・これまで順調に勝ち組人生を歩んできた大手建設会社のエリート社員、野々宮...
そして父になる (映画的・絵画的・音楽的)
 『そして父になる』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)あちこちで流される予告編で本編を見た気になってしまい、わざわざ行くまでもないのではと思い始めたものの、これほど評判の作品ならばやはり見ておかなければと考え直し、映画館に行ってきました。  映画の始....
是枝裕和監督、福山雅治主演『そして父になる(LIKE FATHER, LIKE SON)』 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞に触れています。第66回カンヌ映画祭審査員特別賞を受賞した是枝裕和監督最新作『そして父になる』出演は福山雅治、尾野真千子、真木よう子、リリー・フランキー、樹木希林、夏八木勲、他 物語・学
観ました、「そして父になる」 (オヨヨ千感ヤマト)
注:ある程度ネタバレあり 是枝裕和監督作品。「空気人形」・・・あらたくん・・・。
子の心、親知らず~『そして父になる』 (真紅のthinkingdays)
 大手ゼネコンに勤務し、都内の高級マンションに住む野々宮良多(福山雅治) は、いわゆる 「勝ち組」 のエリートサラリーマン。妻みどり(尾野真千子)、一 人息子の慶多(二宮慶多)と、平穏な暮らしを営んでいた。 お受験に成功した 慶多の小学校入学直前、あ...
『そして父になる』 (仲間が増えるといいなぁ・・・)
是枝裕和監督 野々宮夫妻に福山雅治、尾野真千子 斎木夫妻にリリー・フランキー、真木よう子 2013年・第66回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品され、審査員を受賞したそうです。 息子が出生時に病院で取り違えられ、別の子どもだったことを知らされるので...
そして父になる  感想♪ (★ Shaberiba )
そして父になる---まさにそんな作品。秀悦!
そして父になる (タケヤと愉快な仲間達)
【監督・脚本】是枝裕和 【出演】福山雅治、尾野真千子、真木よう子、リリー・フランキー、二宮慶多、黄升?、風吹ジュン、國村 隼、樹木希林、夏八木 勲 【解説】 『誰も知らない』などの是枝裕和監督が子どもの取り違えという出来事に遭遇した2組の家族を通して、愛や....
血か時か、そして (笑う社会人の生活)
27日のことですが、映画「そして父になる」を鑑賞しました。 学歴、仕事、良き家庭 いわいる勝ち組の良多。 順風満帆な人生を歩んできた、ある日 6年間育ててきた息子が病院内で他人の子どもと取り違えられていたことが判明して・・・ 子の取り違え問題 血の繋がりか過...
そして父になる (単館系)
そして父になる 新宿ピカデリー 9/28公開 申し分のない学歴や仕事、良き家庭を、自分の力で勝ち取ってきた良多(福山雅治)。 順風満帆な人生を歩んできたが、ある日、6年間大切に育ててきた息子が病院内で 他人の子どもと取り違えられていたことが判明する。 血縁...
そして父になる(2013) (銅版画制作の日々)
 6年間育てた息子は、他人の子でした MOVIX京都にて鑑賞。観てからしばらく時間が経ってしまいました。 大好きな是枝監督作品。今回も家族の物語。福山雅治と監督が組んでというのは初めてですね。そういや福山君も44歳。人の親になってもおかしくないんだよね...
そして父になる (まてぃの徒然映画+雑記)
是枝監督の最新作は、カンヌ映画祭で審査員賞を受賞したこの作品。福山雅治と尾野真千子、リリー・フランキーと真木よう子の2組の夫婦に起きた子供の取り違えを通して、家族とは何か、父親とは何かを問う。 野々宮良多(福山雅治)は、一流会社に勤めてタワーマンション...
そして父になる(2013年5位) (映画好きパパの鑑賞日記)
 2013年マイベストテンで5位はそして父になる    作品情報 2013年日本映画 監督:是枝裕和 出演:福山雅治、尾野真千子、リリー・フランキー、真木よう子 上映時間:120分 評価★★★★★(五段階) 鑑賞場所(TOHOシネマズ渋谷)  カンヌ映画祭で...
「そして父になる」 (ここなつ映画レビュー)
2013年は例年になく邦画を鑑賞した年だった。そのほとんどが息子への「お付き合い」だったとはいえ、中にはもちろん「参りました」というような作品もある。この「そして父になる」は、第66回カンヌ映画祭で審査員特別賞を受賞した作品だというだけでなく、是枝監督の作品...
映画『そして父になる』を観て (kintyre's Diary 新館)
13-79.そして父になる■英題:Like Father,Like Son■配給:ギャガ■製作年、国:2013年、日本■上映時間:120分■料金:0円(ポイント利用)■観賞日:10月5日、TOHOシネマズ渋谷(渋谷) □監督・脚本・編集:是枝裕和◆福山雅治◆真木よう子◆リリー・フラ...
映画評「そして父になる」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2013年日本映画 監督・是枝裕和 ネタバレあり
そして父になる (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
2013/09/28公開 日本 120分監督:是枝裕和出演:福山雅治、尾野真千子、真木よう子、リリー・フランキー、二宮慶多、黄升げん 6年間育てた息子は、他人の子でした これまで順調に勝ち組人生を歩んできた大手建設会社のエリート社員、野々宮良多。妻みどりと6歳になる....
そして父になる (のほほん便り)
第66回カンヌ国際映画祭 審査員賞、受賞作品。アート系映画としては異例のヒット作品になった記憶も新しいです。まず、目のつけどころがイイですよね。「人は、血か育ちか…」永遠のテーマです。それに、気づいたのが「子供が6歳の時」、という年齢設定もまた絶妙。かた...