パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞のレビューを中心に、DVD、WOWOWの映画の感想などネタバレ有りで記録しています。

アトミック・ブロンド★★★★

2017年10月21日 | アクション映画ーア行

 

「モンスター」「マッドマックス 怒りのデス・ロード」のシャーリーズ・セロンが美しき最強女スパイを演じるサスペンス・アクション。冷戦体制崩壊直前のベルリンを舞台に、極秘ミッションに臨むヒロインが、次々と現われる刺客相手に壮絶な戦闘アクションを繰り広げるさまを、リアルかつスタイリッシュに描き出す。共演はジェームズ・マカヴォイ、ジョン・グッドマン、トビー・ジョーンズ。監督はスタント畑出身で、「ジョン・ウィック」では共同監督を務め、「デッドプール」続編の監督にも抜擢されるなどハリウッドで注目を集めるアクション演出のスペシャリスト、デヴィッド・リーチ。

らすじ:冷戦末期の1989年。英国秘密情報部“MI6”の凄腕エージェント、ローレン・ブロートンは、何者かに奪われた極秘リストの奪還と、二重スパイ“サッチェル”の正体を突き止めよという密命を帯びベルリンに降り立つ。早速現地で活動するスパイ、デヴィッド・パーシヴァルと合流するが、彼女の行動は敵側に筒抜けとなっていた。誰が敵か味方かまるで分からない状況の中、次々と襲いかかる殺し屋たちを、強靱な肉体と圧倒的戦闘スキルでなぎ倒していくローレンだったが…。

<感想>本作の特長のひとつが、激しいアクションとファッショナブルなローレンのギャップ。場面写真では、黒のロングコートに身を包み路地裏に立つロレーンの姿や、華やかなドレスでバーを訪れたシーン、白のコートを着こなし、任務に当たる様子が描かれている。

シャリーズが美しき女スパイ役というから、てっきりお色気たっぷりの華麗でスタイリッシュなアクション映画を期待していたら、観てびっくり、本作のシャー子さんは、激しいアクションとファッショナブルなローレンのギャップの二つを演じていました。

確かに冒頭のブルーに染まった画面とか、全裸で氷が浮かんでいるバスタブに浸かったシャー子さんが、ウォッカをがぶ飲みしてタバコの煙がたなびき、そこにデヴィッド・ボウイの歌声が流れるあたりは、鳥肌が立つぐらいにカッコよかった。ですが、よくよく見ると、彼女、顔も体も傷だらけなんですよ。

そして、事件が終了して帰国した彼女が上司から尋問を受け、その証言が回想シーンとして描かれるという設定で展開。いかに凄い戦いだったのかを暗示しているわけですね。

今回のシャー子さんのアクションは、正面から殴り合ったりして、結構やられる展開もあるので観ていて痛々しくなっちゃうぐらいで、男の腹をグーで殴るとか、肘でド付くとか、あとは背負い投げとか、面白かったのが、ゴムホースを武器にして、ホースを男の首に巻き付けて、窓から下の階へとダイブするシーンも凄かった。

拳銃の使い方も、ナイフの使い方も男みたいな仕草で、さすがに「マッドマックス 怒りのデス・ロード」で演じたフュリオサのシャー子さんも凄くカッコ良かった。今回のアクションは男らしくて、頼もしく見えましたよ。

殺し屋たちを相手に階段で繰り広げる約7分間の戦いなんて、まるでワンカットみたいに撮られているから、観ている方も力が入って疲れてしまうほど。

ともかくシャー子さん扮するローレンが、男前なんですよ。ベッドシーンの相手も女だし、つまりレズってこと。「キングスマン」や「ザ・マミー」でさんざん強い女を演じていたソフィア・フテラが、妙に可愛い役で笑ってしまうけど、やはりシャー子さんの前では貫禄負けってことなのかもね。

徹底的にシャーリーズ・セロンをカッコ良く美しく描くということに神経を集中させたような画面作りで、MI6の諜報部員ということなので、女王陛下とご対面式典があるとかで、ラストで着ている、ディオールの真っ赤なコートには、さすが女優と言う美しさで、何より輝いて見えましたね。彼女のプロモーション映画といっていいかも。

映画の中での音楽が、80年代を知っている人なら、当時のヒットナンバーが次々と流れてくるから、長いPVとしても楽しめるはず。

ローレンの上司に、ジョン・グッドマン、トビー・ジョーンズが出てます。それに、イギリスの諜報部員として、デヴィッド・パーシヴァル役にジェームズ・マカヴォイがスキンヘッドで出ているし、彼は不審な行動の多い男で、スパイといっても、裏切りやこさん臭さを漂わせながら、物語をかき回す男を演じている。だから単純なアクション映画だと思っていると、最後にあっと驚く仕掛けが用意されているし、ひねりも充分ですよね。クールでポップな“女性版ボンド”を心底楽しそうに演じるシャー子が最高!

2017年劇場鑑賞作品・・・242アクション・アドベンチャーランキング

『映画』 ジャンルのランキング
トラックバック (19)   この記事についてブログを書く
« ロスト・イン・パリ ★★★ | トップ | バリー・シール/アメリカを... »
最近の画像もっと見る

アクション映画ーア行」カテゴリの最新記事

19 トラックバック

アトミック・ブロンド (ネタバレ映画館)
ハイヒールとウォッカ
アトミック・ブロンド (あーうぃ だにぇっと)
アトミック・ブロンド@ユナイテッドシネマ豊洲
劇場鑑賞「アトミック・ブロンド」 (日々“是”精進! ver.F)
全てを欺く… 詳細レビューはφ(.. ) https://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201710200000/ 【輸入盤】Atomic Blonde - Original Soundtrack (Digi) [ アトミック ブロンド ]
アトミック・ブロンド (ただの映画好き日記)
イギリスの情報機関、MI6ですご腕のスパイとしてその名をとどろかすロレーン・ブロートンに、新たな指令が下される。
アトミック・ブロンド (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★☆【3.5点】(F) 大した捻りもなく淡々と進むストーリーだが体を張った壮絶アクションは
アトミック・ブロンド (♪HAVE A NICE DAY♪)
シャーリーズ・セロンが綺麗でかっこいい あのシャキーンとした目も素敵すぎる いや~~~痺れたわ(笑) 最初から面白そうな感じが漂ってるし 音楽が大好きな80年代の洋楽 そ......
アトミック・ブロンド (だらだら無気力ブログ!)
アクション見応えあり。
映画『アトミック・ブロンド』★圧倒的なシャーリーズの魅力with魅惑のBGM♪ (yutake☆イヴの《映画★一期一会》)
作品について http://cinema.pia.co.jp/title/172739/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。 ・ロレーン: シャーリーズ・セロン☆ ←目当て☆ ・デヴィッド: ジェームズ・マ......
アトミック・ブロンド  監督/デヴィッド・リーチ (西京極 紫の館)
【出演】  シャーリーズ・セロン  ジェームズ・マカヴォイ  ジョン・グッドマン  ソフィア・ブテラ 【ストーリー】 イギリスの情報機関、MI6ですご腕のスパイとしてその名をと......
『アトミック・ブロンド』 (こねたみっくす)
シャーリーズ・セロンはいつ歳を取るの? 1975年生まれの現在42歳。それでこの美しさは何たることか!肌のシミやたるみはこの女優の辞書には載っていないのか。 そう思えるほど、'...
「アトミック・ブロンド」Atomic Blonde (2017 KADOKAWA) (事務職員へのこの1冊)
最初っから最後までシャーリーズ・セロン印のあんこがたっぷり入った作品。このお姉さんはとにかく作品に対する気合いが違う。アクションのトレーニングのために歯を折り、そこ......
17-308「アトミック・ブロンド」(アメリカ) (CINECHANが観た映画について)
警察が来ると判っていれば、違う服を着ていったのに  冷戦末期の1989年。英国秘密情報部“MI6”の凄腕エージェント、ローレン・ブロートンは、何者かに奪われた極秘リストの奪......
『アトミック・ブロンド』(2017) (【徒然なるままに・・・】)
東西冷戦末期のベルリン、MI6の諜報員ガスコインがKGBの暗殺者バクティンに殺害され、世界各地で暗躍するスパイの名前を記したリストを奪われてしまう。バクティンはKGB......
アトミック・ブロンド (セレンディピティ ダイアリー)
冷戦末期のベルリンを舞台に、シャーリーズ・セロンがMI6のスパイを演じるアクションスリラー。グラフィックノベルの「The Coldest City」をデヴィッド・リーチ監督が映画化。 アトミ......
70『アトミック・ブロンド』ピンヒールで蹴って下さい。くく (シネマ・ジャンプストリート 映画のブログ)
シャーリーズ・セロン姐さん最新作は、女ジョン・ウィックmeetsワイルド! 『アトミック・ブロンド』 ~あらすじ~ イギリスの情報機関、MI6ですご腕のスパイとしてその名を......
『アトミック・ブロンド』('17初鑑賞117・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆-- (10段階評価で 6) 10月24日(火) 109シネマズHAT神戸 シアター7にて 15:30の回を鑑賞。 2D:字幕版。
「アトミック・ブロンド」 (ここなつ映画レビュー)
シャリーズ・セロンがぶっちぎりで美しく強い。それだけを愛でようと鑑賞しに行ったのだが…。しまった、これは本格的なスパイ物の要素もあったんだ。本格的だなんて全然思わずに......
「アトミック・ブロンド」 (或る日の出来事)
シャーリーズの美しさとタフなアクションを見る映画。
『アトミック・ブロンド』 (cinema-days 映画な日々)
二重スパイを見付け出し 国家機密情報を奪還する 金髪美人スパイの活躍を描く... 【個人評価:★★☆ (2.5P)】 (劇場鑑賞) 原題:Atomic Blonde