パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞のレビューを中心に、DVD、WOWOWの映画の感想などネタバレ有りで記録しています。

もうひとりの息子 ★★★.5

2014年02月01日 | ま行の映画
いまなお根深い対立が続くイスラエルとパレスチナの問題を背景に、それぞれの家族の間で子どもの取り違え事件が発生したら、という衝撃的な題材で描き出す感動の家族ドラマ。子どもの誕生から18年目にあまりにも残酷な事実を突きつけられた憎しみ合う2つの家族の動揺と、幾多の葛藤を重ねながら辿る選択への道のりをリアルな筆致で描き出す。監督は本作が長編3作目となるフランス人女性、ロレーヌ・レヴィ。2012年の東京国際映画祭では、みごとグランプリと最優秀監督賞の2冠に輝いた。
あらすじ:テルアビブに暮らすフランス系イスラエル人家族の18歳になる息子ヨセフ。ある日、兵役検査で両親の実の子ではないことが判明する。18年前、湾岸戦争の混乱の中、病院で別の赤ん坊と取り違えられていたのだ。しかも相手は高い壁の向こうに暮らすパレスチナ人夫婦の息子ヤシンだった。最初は事実を受け止めきれず激しく動揺するヨセフとヤシン、そしてそれぞれの家族たちだったが…。

<感想>イスラエル人夫婦とパレスチナ人夫婦の赤ん坊が、病院で取り違えられ、それが18年後にわかった、という話である。子供が取り違えられる話は、幾度も映画化されてきたが、取り違えがパレスチナ人とイスラエル人の間でおこったとなっては、普通に考えても丸く収まるなどありえそうにない。
宗教や言語、文化の異なる家庭で育ち、ある日突然「自分とは何者なのか?」という同じ問いに直面する2人の青年たち。
イスラエルのテルアビブに暮らすヨセフは、軍人の父と医師の母、妹との4人暮らし。両親がフランス系であるため、ヘブライ語だけでなく、家の中ではフランス語もつかっている。音楽が好きでミュージシャンになることを夢見ている彼は、兵役に就くために受けた検査で、自分が両親から生まれるはずのない血液型であることを知る。

一方、彼と取り違えられ、ヨルダン川西岸地区で育ったヤシンの母親はアラビア語だが、両親や兄、妹と離れて親戚の住むパリで学び、大学入学資格を得たばかりという設定。ヨセフ役を「リトル・ランボーズ」のジュール・シトリュク、ヤシン役をベルギー出身、若手俳優マハディ・ザハビが演じている。
ヨセフは、愛情あふれる、どちらかと言うと少し過保護な家庭で育って、まだ思春期を抜け切れていないキャラクターで、身体的にもちょっと子供っぽいあどけなさが抜けない感じの青年。
ヤシンは、早くから家族と離れて暮らし、パリに住んで学校に通い、バカンスだけ帰って来るという。社会生活に一歩足を踏み入れている大人の雰囲気のする青年です。そうした違いが、観ている側にもすぐに分かっていいですね。
ヨセフとヤシンが取り違えられていた、という事実は、それぞれに彼らを愛していた家族にも同様を与え、父親たちが自体を中々受け入れられない一方で、母親たちはすぐに自分たちがすべきことを理解して、手を取り合います。これは、女性が持っている特性だと思われます。大地に根ざし、真実に近く、人生に対しても本能ですぐに感じ取ることができる。母親ともなれば一層に、それが強まり、子供の為に自分を投げ出すことも可能でしょう。

アラブ人とユダヤ人という複雑な状況の子供を取り違え、二つの家族を個々の社会のメタファーにして、父、母、兄、妹と、それぞれに託す構成と名演が驚異的で、今の日本の姿にも重なっていく。まさに、昨年のカンヌ映画祭コンペ部門で見事に審査員賞を受賞「そして父になる」に匹敵するようでした。
18歳のヤシンとヨセフ。思いもよらない事実を受けいれていく1カ月。18歳という年齢はまだ、か弱くもろい年代で、本当の意味でのアイデンティティをようやく築き始めたところだと思います。取り違えという出来事がおこることによって、そんな年齢にある青年たちの、築きかけてきたアイデンティティが崩壊し、ゼロから作り直していかなければならないなんて。
ヨセフとヤシンの2人は、相手が生きてきた場所や家族を知るために、検問所を抜けてそれぞれの家を訪問して、出会いを重ねながら少しずつ親しくなっていく。そして、何よりも大切なのは当事者と言う眼が、想像するだけに胸がつぶれそうな苦悩を抱えつつ、最良の解決を目指して歩み出す。このお話を客観的にきちんとまとめているのに感心しました。

イスラエルとパレスチナという非常に近い存在でありながら、戦争をしている場所を背景とするこの物語に希望もメッセージはあるのだろうか?・・・。もっともホットな政治問題を、このような角度から捉えたことにも凄いと思った。未来は、若者に託していくものだと静かに語るレヴィ監督。当事者の声が聞こえる社会が、自立した社会だと再確認する。
女性監督のレヴィはフランス人だが、ユダヤ人でもあるのだ。この映画の公平さと監督の誠実さに感心しながらも、イスラエルとパレスチナの現実の難しさを改めて感じさせられました。
2014年劇場鑑賞作品・・・27  映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング

トラックバック (8)   この記事についてブログを書く
« グリフィン家のウエディング... | トップ | マイティ・ソー /ダーク・... »

ま行の映画」カテゴリの最新記事

8 トラックバック

『もうひとりの息子』 映画のマジカルな力 (映画のブログ)
 上手いタイミングで公開したものだ。  子供の取り違えが発覚したことで、無風で暮らしてきた二家族が波乱に巻き込まれる。  カンヌ国際映画祭で審査員特別賞を受賞し、大ヒットした『そして父になる』と同じタイミングに、良く似たシチュエーションの家族を描いて...
『もうひとりの息子』 2013年9月28日 UNICEF (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『もうひとりの息子』 を上映会で鑑賞しました。 UNICEFのホールで鑑賞しましたが、大きいTVモニターでの上映でした。 スクリーンが出てくるのかと思ってたけど、会場の椅子とかは豪華で良かったけど 大きい画面で見たかった!(笑) 【ストーリー】  イスラエルで暮...
映画・もうひとりの息子 (読書と映画とガーデニング)
原題 La fils de l’Aute英題 The Other Sun2012年 フランス テルアビブに暮らすフランス系イスラエル人の家族 18歳になった息子が兵役検査を受ける その結果、息子が実の子ではないという信じ難い事実が明らかになる その真実は相手側の家族にも伝...
【TIFF_2012】『もうひとりの息子』 (2012) / フランス (Nice One!! @goo)
原題: The Other Son [ Le fils de l'Autre ] 監督: ロレーヌ・レヴィ 出演: エマニュエル・ドゥヴォス 、パスカル・エルベ 、ジュール・シトリュク 、マハディ・ダハビ 、アリン・オマリ 、カリファ・ナトゥール 第25回東京国際映画祭『もうひとりの....
「もうひとりの息子」第25回東京国際映画祭コンペティション作品 (ここなつ映画レビュー)
ガザ停戦記念。今日、ガザ停戦が宣言された。「もうひとりの息子」は、イスラエルに住むユダヤ人家族とイスラエルに住むパレスチナ人家族との、衝撃的な運命を乗り越えて交流が深まる物語。一筋の希望の光が見えてくるような展開は、今日の日の停戦の事実と無縁ではないは...
もうひとりの息子・・・・・評価額1650円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
壁の向こうに“家族”がいる。 昨年の東京国際映画祭で最高賞の東京サクラグランプリ、監督賞の二冠に輝いた作品が、ようやく劇場一般公開である。 大ヒット中の是枝裕和監督の「そして父になる」と同じ、新生児の取り違えをモチーフとした作品で、時節柄どうしても比...
「もうひとりの息子」 (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常)
1991年1月23日。 イスラエルのハイファの病院で男の子がふたり誕生した。
映画評「もうひとりの息子」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2012年フランス映画 監督ロレーヌ・レヴィ ネタバレあり