パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞のレビューを中心に、DVD、WOWOWの映画の感想などネタバレ有りで記録しています。

劇場版 おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~★★★・5

2019年08月31日 | アクション映画ーア行

一大ブームを巻き起こした田中圭主演の大ヒット・ドラマ「おっさんずラブ」の劇場版。ドラマ版の最終回から1年後を舞台に、本社と東京第二営業所の対立が勃発する中、混沌としていくおっさんたちの恋模様をスケールアップした筆致で描き出す。共演は吉田鋼太郎、林遣都、内田理央らドラマ版のレギュラー陣に加え、新たに沢村一樹、志尊淳が参加。監督はドラマ版に引き続き瑠東東一郎。

<感想>おっさんたちの愛の頂上決戦(ラブ・バトルロワイアル)、ついに完結。2018年に一大旋風を巻き起こしたTVドラマ「おっさんずラブ」が、この夏映画になってカムバックした。春田(田中圭)と牧(林遣都)が結ばれたハッピーエンドの続きが観たくてしょうがなかったファンの期待に応えるかのように、本作はドラマのラストで中国に異動となった春田が、天空不動産東京第二営業所に戻って来るところからスターとする。そこには牧の姿はなく、陽気な新入社員の山田正義(ジャスティス=志尊淳)が新たに加わっていた。牧が本社に戻ったことを知らされておらず、動揺を隠せない春田。

そんな中、狸穴迅(沢村一樹)率いる本社のプロジェクトチーム“Genius7”が突如、営業所に現れる。なんとそこには牧の姿もあり、“Genius7”の一員として現れた牧凌太に動揺する。世はオリンピックに伴う再開発で慌ただしく、春田の所属する天空不動産東京第二営業所も大きく様変わりする。

本社からやってきた狸穴迅(沢村一樹)率いる本社のプロジェクトチーム“Genius7”が、東京第二営業所の場所を使うというのだった。よそへ追いやられる黒澤部長たちの今後の仕事ぶりはどうなるのだろうか。

そして、牧が仕事が忙しいという理由で、春田との同棲生活を止めて実家へ帰るというのだ。ショックが隠せない春田は、牧のいない部屋で一人寂しく暮らせるのだろうか。

劇場版では、沢村一樹演じる狸穴迅と、志尊淳演じる山田正義=ジャスティスが新たに参戦して、恋のペンタゴン状態になります。ですので、映画でもおっさんたちのラブ・バトルロワイヤルが繰り広げられわけだが、一番のポイントは、ドラマの最終回で春田に玉砕した黒澤部長(吉田鋼太郎)が階段から落ちて記憶喪失となってしまうこと。

しかもだ、春田の存在だけ綺麗さっぱりと忘れてしまうという謎の症状で、“初めて”春田に出会った黒澤部長は、またしても春田(今回はハルタンではなくて、ハルポンに恋に落ちてしまうのだった。というわけで、部長の恋ゆえの暴走は今回も健在ですから。ハルポンのためにセーターを編んだり、牧に敵対心むきだしでサウナでは、水をかけたりと面白かわいい黒澤部長から目が離せません。

それに、春田と牧が花火大会に行くシーン、牧のゆかた姿がかわゆいし、春田はゆかたじゃなくてサムイ(作無衣)みたいな楽な姿で現れ、そこへ新人のジャスティスの志尊淳の浴衣姿で現れるシーン。

それと、狸穴が、パートナーの中国企業が麻薬取引をしている証拠を掴んで、今回のプロジェクトチームを解散させることにしました。ですが、怒った中国企業が会長の娘(ゆいP)を誘拐するのですね。

しかし、春田は無防備にも単身で乗り込んで行きます。その結果春田も拉致されてしまい、会長の娘と同じ倉庫に監禁されてしまう。春田は拉致された倉庫から、スマホで連絡してなんとか場所を伝えようとしますが、肝心な時に電源が切れてしまう。ですが、そのスマホにはGPSが付いていて、居場所が判明して、営業所のメンバー全員で倉庫へ助けに向かうのです。

しかし、間一髪のところで、倉庫に仕掛けられていた時限爆弾が爆発して火の手があがるのです。ところが、崩れた瓦礫の山の下敷きになった春田が意識不明になる。ここでの牧と黒澤部長二人が、春田の口に人工呼吸をするシーンには、爆笑もんでした。

せっかく上海でダイヤの指輪を買って来たのに、春田はそこで指輪を渡すのかと思いきや、ぜんぜんそんなことなかったし、花火大会で海へ捨てたのを拾ったはずなのに、あのダイヤの指輪はどうしたのでしょうかね。でも、牧は指輪をしてましたよね、何時、どこで?

春田はいつも目の前のことに一生懸命で、実はすごくリアリスト。現実だけをみて、問題を処理していく、それって案外難しいことですよね。夢や理想に逃げ込むことは簡単だけど、彼はそうじゃない。だからみんな春田のことが大好きなんだろうなと。

それから、黒澤部長の元妻・蝶子(大塚寧々)と、マロ(金子大地)のその後の結婚など、他のキャラクターにもしっかりとフォーカスされているので、そちらにもご期待下さい。ラストでは志尊淳演じる山田正義=ジャスティスが、牧と会長の娘=ゆいPを助けたことによって、二人の仲に恋が芽生えて結婚をすることになるとはね。みんながその結婚式に出席して、楽しく終わらせるところなんかもいいと思います。

シンガポールに転勤が決まった牧と、本社に栄転した春田との関係は元通りに戻ったのかが気がかりですよね。二人は、最後にはお互いの気持ちを大事にして、熱い抱擁とキスでお別れです。ふたりはしばらくの間離れ離れになりますが、続編でも作るつもりなんでしょうか。

 

2019年劇場鑑賞作品・・・128  アクション・アドベンチャーランキング

 

 映画に夢中

 

  トラックバック専用ブログとして、エキサイトブログ版へ

トラックバックURL : https://koronnmama.exblog.jp/tb/30764279


この記事についてブログを書く
« ダンスウィズミー★★★ | トップ | さらば愛しきアウトロー★★★・5 »

アクション映画ーア行」カテゴリの最新記事