パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞のレビューを中心に、DVD、WOWOWの映画の感想などネタバレ有りで記録しています。

プライベート・ウォー★★★★

2019年10月12日 | アクション映画ーハ行

「ゴーン・ガール」のロザムンド・パイクが2012年に取材中のシリアで命を落としたベテラン戦場記者メリー・コルヴィンを演じる伝記映画。黒の眼帯をトレードマークに、数々の危険な紛争地帯に飛び込み、命がけの取材活動を続けた伝説の女性記者の壮絶なジャーナリスト人生を、PTSD(心的外傷後ストレス障害)にも苦しんでいた彼女の知られざる素顔とともに描き出していく。共演はジェイミー・ドーナン、スタンリー・トゥッチ。監督は「カルテル・ランド」「ラッカは静かに虐殺されている」などのドキュメンタリー作品で高い評価を受け、本作が劇映画デビューとなるマシュー・ハイネマン。

あらすじ:英国サンデー・タイムズ紙の特派員として活躍するアメリカ人記者のメリー・コルヴィン。2001年にはスリランカでの取材中に戦闘に巻き込まれ、左眼を失明してしまう。それでもすぐに現場復帰を果たしたメリーは、これ以降、黒い眼帯がトレードマークとなる。2003年にはフリーのカメラマン、ポール・コンロイとともに乗り込んだイラクで大きなスクープをものにする。しかし紛争地での過酷な取材は徐々に彼女の心を蝕み、ついにはPTSDで入院してしまうメリーだったが…。

<感想>新聞やニュースでは知ることのできない“真実”が、本作では描かれていた。戦地では何が起きていた? 女性戦場記者が見た“信じがたい事実”とは?・・・銃声と爆音轟く危険地帯の圧倒的臨場感 戦争を肌で感じる稀有な良質作品であります。

映画は、ときに新聞やニュースでも報じない“真実”を映し出すことがある。報道機関が入り込めない危険な最前線で、一体何が起きているのか。メディアがカメラを回していない戦地で、住民たちはどのように暮らしているのか。「プライベート・ウォー」は、そうした“信じがたい事実”を暴き出し、戦争自体を肌で感じさせる稀有な作品である。

本作は、実在の女性戦場記者メリー・コルビンの半生を、「ゴーン・ガール」のロザムンド・パイクの怪演で成し遂げたものである。戦地を、ノーヘル革ジャンで突進する百戦錬磨の女性ジャーナリストは、英雄的すぎると萎えてしまうが、戦争ジャンキーで酒とSEXの依存症、使命感でなく狂気で動いている感じがスキ。しかも男性客に大サービスまでして。

レバノン内戦や湾岸戦争など、世界各地の戦場を取材して飛び回ったコルビン。その業績から“生ける伝説”と称され、型破りな取材スタイルは同業者の尊敬と批判を一身に集めた。そしてこれは、命を賭して戦場の現実を伝えたコルビン、その生きざまに共鳴した人々が紡いだ、“信じがたい実話”でもある。

外見からも伝わってくるとおり、この主人公、言動は破天荒そのものだ。ルールに縛られることを嫌い、常に信念に突き動かされ、己の使命を全うすべくあらゆる手を尽くしていく。本項目では、そんなコルビンの無茶苦茶ではあるが、愛すべき“クレイジー”な行動の一部を紹介していく。

□危険地帯への取材を、会社が禁止したが…

スリランカ内戦を取材するためオフィスを出ようとした瞬間、コルビンは上司に「危険すぎる」として渡航を禁止される。しかし、コルビンはこれを全く無視し、即日、現地へと飛んで行った。さらにイラク戦争では、応じなければ従軍資格がはく奪される手続きさえも、行動が制限されるとして無視。アメリカ軍も近寄らない危険地帯へと、颯爽と出かけて行った。

映画の序盤、コルビンがスリランカ内戦で大ケガを負う場面が白眉だ。薄暗い夜半、反政府組織とともに農地を移動するさなか、突如、足元の土がいたるところで跳ね上がった。一瞬ののち、けたたましい銃声が耳に届く。同時に強烈なライトの光があたりを照らし、前方に銃を構える人々のシルエットが浮かび上がった。撃たれていたのだ。コルビンは反射的に「記者だ!」と両手を上げるが、遅かった。背後が爆裂し、まともに食らった彼女の視界は暗闇に包まれた。命は助かったが、そう、彼女が片目を失った戦場での出来事であります。

主人公は戦場での経験からトラウマに苛まれ精神的な危うさの瀬戸際に立ちながらも、紛争地に舞い戻らずにはいられないのだ。使命感と、恐怖と紙一重の激しさにしか生きている証が感じられない者の行為だと感じた。

この複雑な人物をロザムンド・パイクが見事に演じきっていた。恐怖という感覚を喪失する映画「フィアレス」にもあったように、怖れを失った人間は自由になれるわけではなく、危機意識を感じたくてさらに危うい領域に踏み込んでしまうのだ。戦場だけでなく、その精神的彷徨いも豊かであった。

民間人は当然のように戦火に飲み込まれた。医者もおらず薬も足りず、野戦病院では獣医が血だるまになった人間を手当てしている。この映画は、女性記者が目撃した “現実”にスポットを当てているのだ。

ジャーナリズムとは多くの真実のうち、正確なたったひとつをいかに伝えるか。そして固有名を持たない人間は、この世で一人もおらず、個々の出来事を他人事ではなく伝えようとする姿勢をみました。

2019年劇場鑑賞作品・・・151  アクション・アドベンチャーランキング

 

 映画に夢中

 

  トラックバック専用ブログとして、エキサイトブログ版へ

 トラックバックURL : https://koronnmama.exblog.jp/tb/30825877


僕のワンダフル・ジャーニー★★★・5

2019年10月12日 | アクション映画ーハ行

愛する飼い主イーサンとの運命の再会を目指して生まれ変わりを繰り返す健気な犬ベイリーの一途な愛を犬目線で綴ったW・ブルース・キャメロン原作の大ヒット・ファミリー映画「僕のワンダフル・ライフ」の続編。年老いたイーサンとの約束を守り、何度生まれ変わっても孫娘に寄り添い続け、家族の絆を取り戻すために奮闘するベイリーの長い旅路を描く。出演は引き続きイーサン役にデニス・クエイド。またベイリーと彼が転生していく犬たちの声も引き続きジョシュ・ギャッドが担当。監督はTV「フレンズ」や「モダン・ファミリー」などを手がけてきたゲイル・マンキューソ。

あらすじ:3回も生まれ変わりようやくイーサンと再会した犬のベイリーは、田舎の農場でイーサンと彼の初恋の人ハンナとのんびり過ごしていた。そこへ、ハンナの亡くなった息子の妻グロリアとその幼い娘CJが新たな家族に加わる。しかし幸せな日々は長くは続かず、グロリアは突然CJを連れて家を出て行ってしまう。そんな中、再び犬生が終わろうとしていたベイリーは、彼の生まれ変わりを知っているイーサンから、CJを守ってくれと重大な使命を託される。イーサンとの約束を守ると決意したベイリーは、かわいいビーグルの子犬に生まれ変わると、少し成長したCJを見つけ出し、彼女から片時も離れることなく心の支えとなっていくのだったが…。

<感想>犬好きによる、犬好きのための映画。みんなの笑顔が、僕の幸せなのだ。家族をひとつにするため、何度も生まれ変わる犬のベイリー。幸せな涙があふれ出す、犬と人間のラブストーリーです。愛犬と寄り添う人生、犬が繋ぐ家族の絆、幸せな涙があふれ出し、胸がいっぱいになる“最高の犬ムービー”!

死去した愛犬が、自分と再会するために生まれ変わってくれる……2017年の映画「僕のワンダフル・ライフ」は、愛犬家たちの切なる“願望”を映像化した感動作でした。

その続編「僕のワンダフル・ジャーニー」今回も、愛犬と飼い主の絆に涙が止まりません。しかし、その涙の意味合いは、前作とはちょっとだけ異なります。飼い主を守りたい、幸せにしたいという、愛犬の健気な“想い”。彼らは単なるペットではなく、人生をともに歩む “家族”なんだ――。涙があふれてくるのは、悲しいからではありません。幸せだから、泣くんです。犬好きによる、犬好きのための映画なんですね。

 

前作は最愛のイーサンに再会するべく、50年で3回も生まれ変わった愛犬ベイリーの姿を描きました。今度のベイリーは、イーサンの義理の孫娘であり、歌手になることを夢見るCJとともに、優しい物語を紡いでいきます。このセクションでは、本作の見どころを4つのポイント。

【健気すぎる】愛犬が生まれ変わり、また会いに来てくれる… 理由は「君を守りたい」から! 穏やかで満ち足りた“犬生”を送るベイリーは、離れて暮らす幼いCJを心配しながら、ついに寿命を迎えることに。命の灯が消えるその瞬間、イーサンはベイリーにこう語りかけます。

「CJを守ってくれ。僕を幸せにしたように、あの子も幸せにしてやってくれ」。最愛の飼い主の願いを受けた愛犬は、再び“生まれ変わりの旅”に出発します。今度は、CJを守るんだ――!

前作と打って変わって、今回は“女の子の人生”にスポットライトが当てられます。CJの幼少期~青年期がシームレスに描かれるため、“人間ドラマ”への感情移入はさらに深く、感動の波はより大きくなっています。そして健気なベイリーの奮闘を見れば、「幸せは、犬と歩む人生にある」「死は別れではなく、次の旅の始まりなんだ」など、“希望”がとめどなくあふれ出てきます。

ベイリーは生まれ変わりを繰り返し、ついにCJと再会。そして図らずも、彼女の人生の幅を広げるきっかけになっていきます。

ペットの犬が人間の声でセリフを言うのも何だかなぁ~と感じましたがね、ヒロインのCJが小学生から高校生へと一瞬で成長している、ギターを結び目にした演出が素晴らしかったです。犬のお喋りが多いので、CJの弾き語りがあまり聞けなかったのが寂しい。

4匹の犬が、それぞれに可愛いいが、最初に登場するベーリーの芸達者ぶりには、舌を巻いた。イーサンに合わせて伸び々をするなど、ナチュラルな魅力で、犬が喋るというファンタジックな作品の世界観に驚きました。

同じ主人に尽くすために、生まれ変わって何度も「犬生」をやり直す健気な犬の冒険。とにかくも、語りべを演じる犬たちが魅力的だからだろう。

愛くるしいビーグルのミックス犬“キャバグル”や、大型犬の王様“アフリカン・ボーアボール”、宝石のように毛並みが輝く“ヨークシャー・テリア”など、個性豊かなワンちゃんたちが続々と登場です。

自分の尻尾を噛もうとぐるぐる回転したり、飼い主の帰宅に「そんなに跳べるのだ」と、驚いては喜んだりして。犬好きなら思わず笑みがこぼれる“たまらない”映像が、いたるところに盛り込まれています。

 

成長したCJは田舎町を飛び出し、夢をかなえるべくNYへやってきます。10代の淡い恋、母親との気まずい関係、生きるうえで突き当たる何枚もの高い壁。ベイリーは、輪廻転生を繰り返して、時に喜び、時に悩むCJに寄り添うなかで、やがて自身の“究極の目的”を見出していきます。

しかしながら、人間を愛するのが犬の人生の究極の目的とし、飼い主との約束を守るべく、輪廻転生を繰り返す健気な犬たちに比べて、人間の身勝手さには哀しくなってしまう。安楽死や交通事故など、人間の都合で犬たちが、死を迎える展開には涙でしたね。

行く先々での思いがけない交流、幼なじみ・トレントとの運命的な再会。さらに母と子、果ては孫と祖父母の関係など“家族の絆”を深めることにも一役買っています。「犬はペットではなく、絆をつなぐ家族」。そんな物語のメッセージが、ありありと浮かび上がってくるのが良かったです。

 

2019年劇場鑑賞作品・・・150  アクション・アドベンチャーランキング

 

 映画に夢中

 

  トラックバック専用ブログとして、エキサイトブログ版へ

 トラックバックURL : https://koronnmama.exblog.jp/tb/30825780