Take It Easy ~パパールの雑記帳 別館~

身近な自然を感性で切り撮ります

親指AFを活用しよう~オリンパス編

2009年06月06日 | TIPS
今回はオリンパスE-3における親指AFの設定について。

オリンパスはデジタル一眼レフに関しては後発メーカーのためAF速度・精度など基本性能が他メーカーより多少落ちるようですね(オリンパスファンの方ごめんなさい)。
でも、メニューなどの使いやすさはよく考えられており、カスタマイズすると非常に使い勝手の良いマイカメラに変身します(笑)

親指AFの設定は、カスタムメニュー1の「ボタン/ダイヤル」-「AEL/AFLモード」で行います。
MF(マニュアルフォーカス)を、mode3に設定するとカメラ背部の「AEL/AFLボタン」にAFを割り当てられます。


特筆すべき点は、すべてのレンズにMFのmode3を設定できること。
つまりすべてのレンズで、「大まかなピント合わせはAFボタン、微調整はMFで」という使い方が出来るわけです。
キヤノンでは、フルタイム・マニュアル・フォーカス(FMF)機能のある一部のレンズしか対応していないので、オリンパスのメリットは大きいですね。

また、AF/MFの切り替えも簡単です。
同じくカスタムメニュー1の「ボタン/ダイヤル」-「AEL/AFLモード」で行います。
「Fnボタン」をMF切り替えボタンに設定できます。


でも、AEL/AFLボタン(白い矢印)は右手で押さえるには遠い位置にあって使いにくいんですよね。
ファインダーを見ながら親指AFの操作をするには、Fnボタン(黄色の矢印)の方が使いやすい。


実は、カスタムメニュー1には、AEL/AFLボタンとFnボタン入れ替える設定もある(設定画面は省略)!
まさに至れり尽くせりですね(笑)

これらの設定により
・AEL/AFLボタンを押すと親指AFモードに切り替え
・基本的なピント合わせはマニュアル、必要なときだけFnボタンを押してAF作動
・再度AEL/AFLボタンを押すと通常のシャッターボタンによるAF

キヤノン以上に簡単な設定で親指AFを使えるので、オリンパスユーザーにもお勧めですよ。

なお、動き回る被写体の撮影では、コンティニュアスAFと親指AFを併用すると便利です。
この設定に関しては北村 智史さんのレポートをご参照ください。
『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 親指AFを活用しよう~キヤノン編 | トップ | 映画「ハゲタカ」に行きました »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

TIPS」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事