日々のぼやき

「パパの涙で子は育つ」の原作者であり、テレビディレクターである込山正徳による日々のぼやき。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ブログまたまた、変えました。

2009-07-02 01:00:29 | 子育て

「日々のぼやきブログ」をまたまた、ほかのアドレスに立ち上げました。 以下です。 http://papanamida.exblog.jp/

何度も変更すいません。 今度は、写真が大きく載せられますので。

コメント (6)

のんき畑にナユタ畑

2009-06-18 22:28:47 | 子育て

さてさて色々と収穫できてますよ!!

ナユタは喜んで、畑についてくる。「インゲンできてる。カボチャも大きくなってきた!!」

など興味津々。ナユタの畑が欲しいというので、一部A4サイズほどの土地をナユタ畑とした。

コメント

「岳物語」から「大きな約束」へ

2009-06-09 11:47:15 | 子育て

25年ほど前にベストセラーになった椎名誠「岳物語」をお読みになった方も多いかもしれません。私も愛読しました。好きな本のひとつです。

椎名誠さんと小学生の息子岳くんとの何気ない日常や父子の愛情が、軽くて読みやすい文体で、綴られていました。読み終わるとしっとりとした暖かさを感じる私小説でした。

それから四半世紀、先日、椎名誠の「大きな約束」「続・大きな約束」という本を書店で見つけて購入、これが、すばらしく良くてこの一週間、久々に読書の楽しさを感じました。

内容は、岳物語の25年後の日常。還暦を越えた椎名誠さんの現在の日々が、つらつらと書き綴られているのです。息子岳くんは現在結婚してお子さんもいて、要するに椎名さんは「じいじい」になったわけですが、そんな孫との交流や、かつて世界中を一緒に旅をした昔の仲間たちが、病魔に倒れて他界してしまうことなどが、過剰でない表現で淡々と描かれていて、思わず涙が零れてしまうシーンがいくつもありました。

時の流れの無常感、非情さ・・・・・。確実に老いていく身体・・・。プロレスごっこをして暴れまわった息子との日々は、はるか遠い昔になってしまったこと。「岳物語」から椎名家を知っているものからすると、椎名さんの寂寥感がひしひしと伝わってきました。

「岳物語」を読んだ方は是非読んでみてください。ちなみに私の姉にも本を貸したら、「シーナさんの文章いいよね。わかるね」と感動していましたから、女性にも伝わるようです。

 

 

 

コメント

75000円の大名旅行

2009-06-05 08:29:25 | 激怒

二泊三日の京都旅行が75000円って安いですか、高いですか?

沖縄や北海道の二泊三日のツアーが3万円くらいで楽しめる現在、75000円は、私にとって、ちょいと高い気がする。

だから頭にくる。

中学生の息子の修学旅行が二泊三日で75000円ですよ!!旅行代金が55000円で、そのほか昼食代やタクシー代で二万円ですよ。中学生にドバドバお金使わせ贅沢させて、どうすんの!!公立中学だよ!!

「集団行動を学ばせる重要な行事です」っていうならキャンプでいいやん。丹沢でキャンプだったら一万円でおつりくるよ。

「日本の歴史を学ぶには京都が最適」っていうなら、まず神奈川の古都、鎌倉を知ってからでいいやろ。鎌倉旅行なら2万円で済むよ。

旅行会社の戦略に、まったく疑問を抱かずに旅行が決定されて、親は意思表示も許されないまま、75000円を払わされるという理不尽さ。

不況の影響で、経済が困窮している家庭も、けっこうあるはずですよ。そんな家庭にとって二泊三日で75000円は厳しいよ、納得できないと思うよ。

そもそも小学校、中学校、高校と3回も修学旅行に行かせる必要性が私にはわからない。3回で20万だね。うちは3人だから60万円だ。

昨日、京都旅行から息子が手ぶらで帰ってきた。
「荷物は?」って訊いたら、「宅急便で送ったよ」だって。
行きも帰りも、生徒全員、荷物は宅急便だってさ。それも旅行代金に含まれているという。まったく、親切なこった。

中学生に大名旅行させて、親は節約節約でひーひーしている。
間違っていますよね、このシステム。

 

 

 

 

 

コメント (1)

運動会

2009-05-31 21:21:13 | 子育て

本日、ナユタの運動会。
最近のパパさんたちの撮影は気合が入っている。報道カメラマンが使う脚立を用意して、長い望遠レンズの一眼レフを使い真剣な眼差しで自分の子供を撮っている。いやあ、恐れ入ります。こちらは、コンパクトカメラでちょいちょい撮るだけで、まったくいい写真が撮れません。運動会撮影は相当な望遠レンズがないとキツイですね。

運動会の現場で、笑顔の素敵なあるママさん、Mさんから嬉しいお言葉貰いました。このブログが面白くて、しばしば読んでくださっているとのこと。「ナユタのちんちん命名」には大笑いしたそうです。ありがとうございます。今後ともよろしくお願いいたします。


さて「のんき畑」は、カブが育っていますよ。たった二ヶ月で、農業知識まるでなしの私でも、こんなもの作れることに感激。塩を振って漬物にしたら、しっとりとした歯ごたえで美味しい一品になりました。

 

 

 

 

 

 

コメント