晴れたらいいね…。

人生をゆったり、のんびり暮らしたい人のためのブログ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

5年前も10年前もまったく変わらぬ思い。

2010年11月28日 | 折れない心の処方箋
久々の更新です。スローライフのつもりが、
今年は仕事、「調布アットホーム」、「多摩ソーシャルライタ―ズ倶楽部
設立と2~3人分の人生を同時進行で歩んでいるようです。
なかなか思うように自分のブログも更新できなくなってきました。

でも、ここ10年、思いはまったく変わっていません。
たとえば、下記の文章は5年前の2006年1月11日にこのブログに
書いた「落ち込んだ時に読む言葉」という文章です。
http://blog.goo.ne.jp/papa_hemingwayjp/e/78ed65d6262fde269833ac90b4b4b3a6

長いですが読んでください。コメントを書いてくれているのは
10年前、1999年の闘病当時の主治医のNさんです。
現在岡山の大病院で働いていらっしゃいます。友人です。
「調布アットホーム」、「多摩ソーシャルライタ―ズ倶楽部」も
この気持ちのまま歩んできた結果であり、今のモチベーションになっています。

●2006年1月11日の自己ブログ記事より
タイトル/「落ち込んだ時に読む言葉」


落ち込んだ時に、どんな言葉で自分を励ましているでしょうか?
人生、いい時もあれば落ち込む時もあります。相田みつを風に
いえば「落ち込むこともあるさ。人間だもの」でしょうか?
しかし、相田みつを先生、ファンには失礼ですが、落ち込んだ時に、
こんなこといわれても癒されるかもしれませんが、何の解決にもなりません。

ノルウェーのノーベル平和賞を受賞した人道主義者であり、
探検家・ナンセンは、未来についてこう話しています。
「人類にとって一層より未来に近づくことができるようにと、
真実に望むならば、その第一の条件は、勇気を持つことであり、
恐怖で支配されないことである」。

あくまでも「未来」について述べたものですが、探検家らしい発言ですね。
いさという時の人の心のありようを述べているように思います。
落ち込んだ時、絶対絶命の時、人の心は「あせり」「あきらめ」
「恐怖」といったマイナスの感情で支配されます。
その時に「勇気」で「心」を「希望」の方向へと持っていけるかが、
勝負なのです。

人生はある意味、葛藤の連続です。あきらめるのか。挑戦するのか。
善か、悪か。勝つか、負けるか。常に心が葛藤し、
どちらかを選んでいるのです。僕は闘病生活で死を目前にした時、
だんだんと心が「恐怖」に支配されていくのがわかりました。
「絶望」「あきらめ」の心が覆いかぶさってくるのを感じました。
そして5年間の闘病生活のうち最初の約9カ月、
精神的にのたうちまわることになりました。
病棟には末期患者も多く、「恐怖」に震えるもの、パニックになるもの、
あきらめて投げやりになるもの、思考を止めてしまうものなど、
さまざまな人がいました。しかし、僕はその果てに
「自分は負けない」「絶対に死なない」「生きてやる」と
「勇気」で「恐怖」に打ち勝ち、未来を明るいものにしたのです。
「恐怖」に打ち勝った時、薬の飲み方、治療の受け方、
医師との接し方など、生き延びるための「智慧」が出てきました。
そして心をコントロールする術を覚えました。
後は絶壁でした。だからこそ得た処し方でしょうね。

しかし、それは人生全般でもいえるころでした。いざという時、
自分の心の状態に気付き、「悪」だったら「善」へ、
「まあいいか」と思っていたら「いやいやこれから」、
「あきらめて」いたら「絶対できる」と心を意識して変えるのです。
その時にはじめて、改善するための「智慧」と「パワー」が出てきます。

「あきらめないさ。生きるためには」。これが僕が5年に及ぶ
闘病で得た結論でした。その気持ちは今も続いています。

コメント (1)

只今、新番組「はっぴーう~たん」放送中!

2010年10月01日 | 執筆格闘記

多摩の地域情報を伝える番組が誕生!

只今、我らがFM西東京、有賀達郎さんと三鷹・あきゅらいず美養品さんとの
コラボによる、コミュニティFM「FM西東京」・「むさしのFM」・「調布FM」の
3局合同番組、「はっぴーう~たん」が朝11時から放送中だ。

まだ間に合います。ネットを使えば全国どこでもサイマル放送で聞けます。
ぜひ聞いてください(笑い)!。
(※http://www.simulradio.jp/  へアクセスして「FM西東京」をクリック
  すると聞けます)。

この番組、この2月に目黒から多摩エリアに移転してきた
「あきゅらいず美養品」さんの「地域のために何かしたい」という
思いからスタートした多摩エリアの地域活性化番組。
毎週月~金の11時~12時に上記3局で放送されます。

まずはともあれお聞きください。
30分前からいい感じでオンエアーが進んでいます。
多摩エリアの地域活動に新しい時代がきそうですね。

コメント

この2ヵ月間のできごと

2010年09月29日 | 執筆格闘記

またまた、ブログ更新が2ヵ月もあいてしまいました。
現在、個人のブログも含め、3つのブログを書いていますが、
どれも更新できないほど、この2ヵ月はめまぐるしい日々でした。

まず、9月1日「多摩ソーシャル・ライターズ倶楽部」という
団体が立ち上がりました。8月はこの準備で奔走していました。
この団体は4月1日に立ち上げた「調布アットホーム」という
調布でコミュニティビジネスを推進する団体に、とある
信用金庫さんから「会員誌を作らないか」と話があり、
だったら「調布だけはなく、多摩エリア全体の団体を作りましょう」と、
多摩エリアで広くライター、カメラマン、デザイナーなどを集め、
新団体を作りました。現在、ひとつ仕事がまわっています。

また、9月には骨髄バンク事業を推進するNPO法人
「全国骨髄バンク推進連絡協議会」の20周年を記念する
イベントが福島県の裏磐梯のホテルであり、
ちょっと変わった趣向があり、号泣してしまいました。
この衝撃のイベントはまだ近日中に紹介します。
なんと自分の「骨髄液」という命を与えてくれたもうひとりの
自分と出会うという禁断のイベントに恥ずかしくも
人格がくづれるほど取り乱してしまった。

さらには、9月は第2回目のブログ講「地域と私・始めの一歩塾」
を地元の「電通大」をお借りして開催しています。
今、開催中のその講座の後ろでこのブログを書いています。

ほかにもいくつも大きなイベントがありました。そこで感じたことを
どれも詳細に紹介したい衝動が高まっています。

まだまだ奇跡は続いています。今後はしっかり更新していきます。

コメント

「シュアリー・サムディ」と「クレージー・ハート」

2010年07月26日 | 人生のらりくらり
昨日の日曜日は久しぶりに時間が空いたのでお隣の府中で
映画「シュアリー・サムディ」を観てきました。

直前まで、ディカプリオと渡辺謙の「インセプション」を
観ようかと思っていたのですが、封切後最初の日曜となる25日は、
TOHO府中はほぼ満席。仕方なく「シュアリー・サムディ」を
選んだのですが、これが大間違い! といってもいい意味です。

最近、難しい仕事ばかりしていたので、20代の若者の「ノー天気」
なところと、「情熱いっぱい」なところにすごく癒されました。
ハチャメチャだけどおもしろい!

先々週に仕事の合間に観賞した「カントリーミュージシャン」の物語、
「クレージー・ハート」もいい映画でした。こちらは大人の映画。
人生も捨てたもんじゃないと励まされました。
コメント

9月に電通大をお借りして一風変わったブログ講座を開催します。

2010年07月21日 | 調布市でCBを普及


9月1日(水)、15日(水)、29日(水)の3日間でまた電通大をお借りして、
第2回「地域と私・始めの一歩塾」ブログ講座を開催します。

前回は4月に開催。17名の方に受講いただき、
新たな人と人、人と地域のネットワークができました。

今年1月から準備、4月1日に正式に立ち上げた
調布でのコミュニティビジネスの中間支援組織、
調布CB推進委員会「調布アットホーム」
も順調に育ってきました。スローライフを標榜しながら、
だんだん仕事に地域のことに、組織運営と忙しくなってきました。

ぜひHPや一風変わったブログ講座に来てみてください。

コメント