パン屋√s(ルーツ)。

一人で営んでる「パン屋√s(ルーツ)」の日々。

パン焼いたり、つぶやいたり、パン焼いたり。

『焼き芋になったつもり。』は予約完売となりました。たくさんのご予約をありがとうございました。

2022-11-22 | お知らせ。
うーむ。
シュトーレン、始まっていますが、大コケ。
先週は何本も失敗しました・・・・。
ほんとすみませんっっ。
ご迷惑をおかけした皆様、本当に申し訳ありませんっっ。

我ながらほんとダメなヤツ。。。。
ツメの甘さは超一流。

ふぅぅぅ・・・・。
でも、まだ始まったばかりなので、起き上がってまた走りますっっ!

もう、そんなこんなで、てんやわんやで御礼がすっかり遅くなりました。
先日の東和町『にっち』での行商(11/14)、
並びに盛岡『リタ』さんでの委託販売(11/18)に
お越しいただいた皆様、本当にありがとうございました~
『にっち』スタッフの皆様、『リタ』スタッフの皆様、本当にありがとうございました

『にっち』はもう年内の行商はありません。先日が年内最後でした。
今年も本当に毎月お世話になりましてありがとうございました!
来年の行商日程は後日、お知らせ致します。
来年もどうぞよろしくお願いいたします

さて、季節酵母パン『焼き芋になったつもり。』ですが、
今年は予約販売のみとさせて頂いていまして、予約でいっぱいに
なりましたので予約受付は終了とさせて頂きます。
ご予約頂いた皆様、すでにご利用頂いた皆様、本当にありがとうございました

その『焼き芋になったつもり。』について、まだ詳しく説明していませんでしたので
ちょっと触れさせて頂きます。



↑↑
先日、少しお伝えしましたが、小型パンです。
中に自家製薩摩芋ペーストがぎっしり入った、当店の中では柔らかめのパンです。
是非、レンジで数秒温めてアツアツのところを召し上がってくださいね。


実は非常に残念なお知らせがあります。

今まで薩摩芋を栽培してくださっていた方が、この春に突然亡くなりました。

小田島さんという方で、70歳くらいの男性でしたが、いつも元気で、
突然の死は全くの想定外でした。

農業や養蜂を趣味でなさっていましたが、いつも好奇心旺盛で、YouTubeで
いつも農法や養蜂について調べてトライなさっているような
若々しい方でした。

それで、小田島さんが亡くなったあとに、母が薩摩芋を植えてくれたのですが、
やはり収穫量は小田島さんのようにはいかず。。。。

そのような理由で、今年は薩摩芋の量が少なすぎるので
予約販売のみとさせて頂きました。

改めまして、ご予約頂いた皆様、本当にありがとうございました。



↑↑
薩摩芋酵母は元気で、瓶から溢れてまた大惨事になりましたが、
元気な酵母は私の救いでもあります。

小田島さんはいつも人を気遣っている方で、シュトーレンのラッピングにと、
ご自分の庭のバラの実や、モミの木の葉っぱなど、いつも適切なタイミングで
持ってきてくださるような、さりげない優しさが光る方でした。


もう居ないと思うと残念でなりません。




↑↑
小田島さんから頂いた椿。
鉢植えだった椿を頂いて、母が地植えした時は今にも枯れそうだった。
助からないかも・・・と思っていました。

でも、今年、元気に育ってくれて。

小田島さん、本当にありがとう。
またいずれ、そちらで会えるのを楽しみにしています。

『焼き芋になったつもり。』は、そんな小田島さんを思い出しながら
日々焼いています。


今週末で『焼き芋になったつもり。』は販売終了となります。
今からお受取りの方も楽しんで頂けたら嬉しいです。
きっと小田島さんも同じ思いだと思います。

では引き続きどうぞよろしくお願い致します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◆11月の委託販売等のお知らせ。⇒★


◆毎週土曜日は『農園たそがれ』が、イタリアンレストラン『バダローネ』さんで
野菜の販売を致します。そちらもどうぞよろしくお願い致します⇒★
コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 『シュトーレン』、予約完売... | トップ | 『かぼちゃだらけ。』のこと... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

お知らせ。」カテゴリの最新記事