エンタープライズアプリケーション志向
成功は気づきと行動から生まれる。
 



村上春樹がエルサレム章を受賞したそうです。
どれだけすごい章なのかわかりませんが。

そこでのスピーチで印象に残ったのが、これ。

もう少し考えてみてください。
誰だって自分の存在は疑えませんし、生きていると確信しています。
「大いなる制度」はそれとはまったく違う存在です。
私たちは「大いなる制度」とやらに搾取されてはなりませんし、
独走させるわけにはいきません。
「大いなる制度」が私たちを作ったのではなく、
私たちが「大いなる制度」を作為したのです。

翻訳サイト
村上春樹、エルサレム賞受賞スピーチ試訳

原文では「制度」のことを「System」と言っています。

一昔前では、映画「ターミネーター」であったような
人間が作ったロボットやコンピュータが意思を持ち出して、
人間を滅ぼす。というSFがよくありました。

マトリックスもそうですね。

コンピュータとシステムってイメージが似てます。

最近では、人間が作った制度(システム)が人間を苦しめているようにしか
見えない時代になってきました。
しかも、作った当の本人たちはそれを制御できてない。

SFもあながち間違ってないなって思うわけです。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« Zend Server OSC2009 Tokyo... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。