幸福学専門30年 筬島正夫が語る本当の幸せ


自著『第3の幸せ』【60ページ無料プレゼント中】         

「神の沈黙と不在」に絶望 マザーテレサの告白

2007-10-22 | その他


「神の沈黙と不在」に絶望 マザーテレサの告白

以下のニュースが問題になってます。。。。

http://www.heiwaboke.com/2007/09/post_1109.html

マザーテレサの遺品から信仰を否定する書簡がザクザク! 西側諸国騒然!!

 ノーベル平和賞受賞者であり、ローマ・カトリック教会の修道会
 「神の愛の宣教者会」の創設者、マザー・テレサが亡くなって
 十年を迎えたが、ここにきてマザー・テレサの生前の
 書簡内容が明らかになった。

 それによると、コルカタで死に行く貧者の救済に生涯をささげた
 マザー・テレサが「神の沈黙と不在」に絶望し、
 「孤独な日々」を過ごしていたことが浮き彫りになっている。
 「貧者の天使」と呼ばれたマザー・テレサの告白は世界に
 大きな衝撃を投げ掛けている。


(写真はTIME 2007年9月号) 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 その修道女テレサが亡くなって五日で十年目を迎えたが、
 それに先立ち、テレサの生前の書簡内容が明らかになった。
 それによると、修道女テレサは
 
 「私はイエスを探すが見いだせず、
  イエスの声を求めるが、聞けない」
  
 「自分の中の神は空虚だ」
 
 「神は自分を望んでいない」
 
 といった苦悶を告白し、
 
 「自分は孤独であり、暗闇の中に生きている」
 
 と嘆いている。

 「貧者の天使」の告白に衝撃を受けた西側メディアは
 
 「テレサ、信仰への懐疑」などとセンセーショナルな
 
 見出しを付けて報じた。
 彼女は生前、その書簡を燃やしてほしいと願っていたが、
 どのような経緯からか燃やされず、
 このように彼女の内面の声が明らかになったわけだ。

 マザー・テレサの告白で彼女の神聖に疑問を投げ掛けることは、
 もちろんできない。
 しかし、修道女テレサの苦悩が、「神の不在」に関する
 現代キリスト教神学の不十分さを痛感させる一方、
 結婚と家庭を断念して修道院で神を求める信仰生活が神の願いで
 あるか、という問い掛けを内包していることだけは確かだろう。

ソース:http://www.worldtimes.co.jp/w/eu/eu2/kr070918.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この記事を読んで、小説家の国木田独歩を思い出しました。


『武蔵野』『春の鳥』などで知られる明治の小説家・国木田独歩は

熱心なクリスチャンでした。



肺病で七転八倒の病床に、かつて洗礼を受けた牧師・植村正久を呼び、

彼は心の煩悶を訴えました。

 

「あなたは、かつて初めて私の心を開いてくださった人。
 今、死を前に、私の心はまた閉ざされてしまった。
 どうかもう一度、あなたの鍵で私の心を開いてください」

 植村牧師は言います。

「鍵を持っているのは、私ではありません。神です。祈ることです」


「祈れません。私には、祈ることが出来ません」

「祈らずとても助くる神なきや」


独歩は、ベッドの上で泣きました。

キリスト教では、最後まで神に祈れ、といいます。

さすれば神は天国に救い給う、と。

しかし、かの独歩ですら、祈り続けることはできなかったのです。


ガガーリンの 「地球は青かった」の次の言葉も思い起こされます。

http://homepage3.nifty.com/time-trek/else-net/topics-5-4.html#2005-4-12

ガガーリンが地球一周。神はどこにも居なかった …

1961年4月12日、ユーリ・ガガーリンが人類初の有人ロケットで地球を一周。

有人宇宙船ボストーク1号で地球周回軌道に入り、大気圏外を1時間50分で一周した。

  
あとで手記に遺している。

「地球は青かった。しかし、どこを見回しても神はいなかった …」

■実存主義の哲学者、キュルケゴールは、最後日記につづった。

 「キリスト教はどこにもない」と。

 




コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 何を目的に生きてくの 口に... | トップ | ネブラスカ州議会議員が神を提訴 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

その他」カテゴリの最新記事