坂之上サイクル東開フィット 自転車最新情報

「坂之上サイクル東開フィット」のブログです。

レベル☆サイクリング 「春祭り大ハンヤ・シティサイクル 走ってきました!」

2014年04月29日 14時40分41秒 | 未分類、未編集分



□27日(日曜日)に行われた、『鹿児島シティサイクル』についての記事です。


鹿児島シティサイクルとは、鹿児島市のドルフィンポート先ウォーターフロントで26(土)・27(日)に行われた「かごしま春祭り大ハンヤ」の付帯イベントです。


黄色のTシャツは、春祭り大ハンヤのオリジナルデザインで、これを着た自転車グループが祭りの宣伝隊を兼ねながら、市内の名所を自転車で巡ってくるという企画です。


大ハンヤの演技舞台に上がって紹介、挨拶を済ませて出発!。

企画発案された方々の思いもあって、走行マナーのレクチャーや、道路整備状況についての意見交換など、なかなか骨もあり、でもイージーライドの楽しいイベントでした。


鹿児島の市街地には史跡が多く、ちょこちょこ止まって探訪できることからも、自転車を利用しての周遊は楽しくなります。


昨年好評だったコースはそのままに、総勢10数名が参加、最高齢の方は毎年参加されてらっしゃいます。


心配された雨も降らず、皆さん無事に走りきりました。


「ちょこっと希望者だけで多賀山公園(かなり上ったところ)に行きましょうか」

とお誘いしたところ、最高齢の方も女性も全員上ってこられるというサプライズもありました。


かつてイギリス軍を迎え撃ったという、砲台跡地の見晴らしのよい場所まで皆さんで上りました。


やっぱり、自転車好きには高いところが似合うなぁと思いました。


3時間ほどの周遊を済ませてゴール。


参加者の皆様は、春祭り会場の食事券をもらい、お祭りと食事をたのしまれました。

参加の皆様、どうもどうも、お疲れ様でした。
コメント

お店☆予定表 「ゴールデンウイーク予定」

2014年04月25日 19時25分26秒 | お店☆予定表
(映像 タイヨー店先のハナミズキ)

いつも当店をご利用いただき、どうもありがとうございます。

ご迷惑おかけしますが、中島の用事もあり、ゴールデンウイーク明けまでは不定期な休業が入りますので、どうぞお気をつけ下さいませ。



   「 □ 」が営業日、「 ■ 」が休業日・不在を表しております。



□■□ 4月26日(土曜日)

中島用事の為、14時~16時半の間、不在です


  (営業、10時~20時)



■□  4月27日(日曜日)
『鹿児島シティサイクル2014in春祭り大ハンヤ』に協力


店舗営業 15時半~19時です。



□ 4月28日(月曜日) 通常営業



□ 4月29日(火曜日・昭和の日) 通常営業



■ 4月30日(水曜日)  定休日



□ 5月1日(木曜日)  通常営業



□ 5月2日(金曜日)  通常営業



□ 5月3日(土曜日・憲法記念日)   通常営業



■□ 5月4日(日曜日・みどりの日)   通常営業


  日曜サイクリング会計画中  店舗営業 14時~19時



□ 5月5日(月曜日・こどもの日)  通常営業



■(□) 5月6日(火曜日・振替休日)

中島用事の為、臨時休業します。
(※県の競技会に参加予定。早く終われば夕方から営業できるかも) 



■ 5月7日(水曜日) 定休日



  8日(木曜日)以降、通常営業です。

すみません、よろしくお願い致します。
コメント

レベル☆プロ 「コルナゴC60 カタログ到着しました!」

2014年04月18日 19時19分43秒 | レベル☆プロ


イタリアの名門コルナゴ社から、名車C59の後を引き継ぐ

『C60』が発表され、当店にもカタログが届きました。

(※カタログは現在少数につき、お分けできません。すみません。店内でご覧いただけます)

☆8%税込み定価696600円


相変わらず『ラグ』を使ってカーボンパイプをつなぐ方式を採用、その自信にあふれたたずまいには走りへの情熱が込められており、とても素敵だと思います。


現在、スローピング540サイズのクラシックホワイトのみがメーカー在庫ありで、他のカラー・サイズの入荷は未定となっています。
コメント

レベル☆サイクリング 「2013ツールドおおすみ総括☆中島10大事件簿 (前編)+(後編)」

2014年04月18日 01時30分35秒 | レベル☆サイクリング
昨年(2013)開催分の「ツールドおおすみ」から5か月も経ったところで、


やっと、やっと、


中島の「2013ツールドおおすみ10大事件簿」の記事が完成となります。

レジ前の机に置きっぱなしで懸案になっていたピンクのメモ書きが、やっとこさ役目を解かれます。ご苦労さんでした。

「10大事件簿の後編は?」と、長らく気にされてた方が、もしもいらっしゃいましたら、大変お待たせいたしました。



以下、昨年(2013)11月25日に配信した6位までの記事を(前編)とし、新たに(後編)を追加してお送りいたします。







■前編  ※昨年(2013)11月25日配信分


今年もお世話になりました。

関係スタッフの皆様、サポートの鹿屋体育大学の皆様、応援下さった皆様、本当にありがとうございました!


参加者は過去最高を更新し、さらなる飛躍に期待も大きな「ツールドおおすみ」、私事ですみませんが

中島の「2013ツールドおおすみ10大事件簿」

でまとめてみました。



☆  中島の2013ツールドおおすみ10大事件簿








第10位


『これ以上望めないくらいの最上の好天気に感謝!


☆ 降水確率もほぼ0%でした。暑くもなく、寒過ぎず、風もなく、火山灰も降らずで、理想的な好天気でした。

写真がほぼすべて逆光になってますが、天気が良かったので勘弁して下さいませ。










第9位


『あな珍しや。中島が110kmスタートに間に合う』



スタート前は毎年、あちこちバタバタと走り回ってた中島、今年は普通にスタートできました。不思議・・・


まあ、半分は関係者みたいな感覚で、「コースは知ってるし、どうせすぐ追いつくし、トラブル処理はできるし・・・」ということで、お客様ケアをしてるうちに「あらラスタート、まあいいか・・・」、最後尾車が出た後から、ビブの肩ひももかけず、グラブを背中に突っ込んだまま後追い・・・なんてことを毎年やってたのですが…。すみません。正しくスタートしましょう!







第8位

『危な…。ビィンディングシューズ忘れかける』


☆今回は寝る前に準備を終わらせてたのですが、出発前に店の鍵を閉めた時に

「なんとな~く嫌な感じ」

がして荷物を調べたら、入れたはずのシューズが神隠しのごとく見当たらない…。

店の鍵を開け中を見渡すと、入れたはずのシューズがテーブルの上にちょこんとたたずんでいる…。

危ないです。



忘れ物ワースト

1 ボトル

2 シューズ

3 ヘルメット

4 参加証

5 補給食


「バッテリーを充電器の上に置き忘れて・・・」 というのも、そろそろお気を付け下さい・・・



※出発前チェック表準備してあります。

ご希望の方は中島まで。








第7位

『バララちゃんに出会えず…』


どこかのツールドおおすみパンフレットに、バララちゃんの写真が出てたはずですが、悲しいかな今年は出会えませんでした…。

もしかして、セクバラ中島を避けて…?


2010ツールドおおすみ参考記事

おおすみ過去記事








第6位


『中島、橋本英也選手の高速トレインから一人落っこちる…』


☆帰り道の休憩所以降から、鹿屋体大選手が機関車引きする「夢の高速トレイン号」に乗せていただきました。

ましたが、橋本トレインの乗客は、「セカンドウィンドウ」メンバーをはじめ脚のある上級者ばかり…。


平地の異次元走行をしばらく楽しみながら、ほら、やっぱりというか、ちょっとした坂道でもグイグイ行く列車に、中島の心拍計から「終了せよ」のお達しが…。



恥ずかしながら一人だけ

アディオ~ス… (ちぎれた)」

となったのでありました。



まあ、中切れして迷惑となる前に、早めに後続に道を譲ったあたりは、



我ながクールに良くやった


と自画自賛。(ちぎれたくせに…)

中島が上りついたとき、橋本トレインはすでに遠くにかすんでいたのでありました・・・。



心拍計、ワットメーターは、

「はしゃぎたいし、クールでもいたい」

という、わがまま大人の必需品ですから。



(映像ー鹿屋体育大学ホームページよりー橋本英也選手)



活躍のサイクルメーター 「シグマスポーツROX8.1」











■後編 2014年 4月17日 編集




第5位



『開かずのトイレでクリートがすすり泣く・・・』


☆ 橋本選手につき切れした後、ヨレヨレと一人、休憩所に到着。

「トイレトイレは・・・」と人の動きをみると、あ~んな遠くに見えまして。クリートをすすり泣かせながらそぞろ歩きしていくとなんと、トイレに使用不可の張り紙が・・・


またまた遠いけど、反対側の端っこにトイレらしき建物を発見!


「クリートすすり泣かせサイクリスト軍団」は、海岸沿いにながひょろい休憩所を、端から端に再びそぞろ歩きと・・・。


トイレの建屋に近づくと、手前では「草むらにて解放中」のメンメンのお姿がありまして、「いけませんねえ」とトイレを見ると、こちらも使用不可ですか・・・


どーかひとつ、よろしくおねがいいたします


次のトイレポイントにて解放いたしました












第4位




『そんな、切ない・・・。昼食前に、想定外の「上り」追加が!』




☆ 走行前から皆様にお話ししてたように、体力温存のために(後半の走りでハシャグためにも?)昼食会場から先のロードパークは走らないつもりだったのですが、タイミング悪く昼食会場を通過させられてしまいまして、後半のハシャギ分の脚をロードパークに吸い取られてしまいました。



昼食会場の門前にいらっしゃった係の方は、


「君たち、ロードパークに向かう『足きりタイム』にギリギリ間に合ったよ~!。良かったね~!行ってらっしゃい!




といった風情(ふぜい)でしたが、当方としては、





「ちがうんだけど・・・



内心、「ショートカットでよかったんだけど・・・」というのは、よくあることかもしれません。



結局、100kmコースとしては最終組あたりにて、ひょろひょろと昼食会場入りしたのでありました。



予定と、「ちがうんだけど・・・」 と思いながら・・・。


 ■10大事件簿ランク外


    「鹿屋体育大学 自転車競技部選手  ブランコを漕ぐ! 」







 ■ 同じくランク外

   
    「コロッケ美味しかったです。サイクリング途中でなければお腹いっぱい食べたかった・・・」









サイクリングの昼食にコロッケ。


微妙に、「ちがうんだけど・・・」と思いながら・・・。







第3位



『大会前日、深夜0時に響くローラー音の意味』




☆ 「ツールドおおすみ」がいよいよ翌朝に迫り、明日は早朝4時起きだというのに、中島は深夜0時過ぎにローラー台に乗って自転車をこいでいました。


 その時の体調はいたって普通。「興奮して眠れないから」というものでもないし、そんな前日深夜にヤラカスような調整法など多分無いでしょう。



ただ、大会前にほとんど自転車に乗れず、運動もしていなかった中島はこう考えました。



「明日、お通じが悪いかも・・・」





これは、日ごろの運動不足のまま大会を迎えた時、当日の起床や食事が不規則な上に緊張が重なることからよく経験していた現象でした。


この場合、一番問題なのが、


「食べたものが胃にとどまる感じで、エネルギーの供給不良が起こる」、 



つまり、お通じが悪いと、せっかくその朝食べた食事も胃に溜まってしまい、栄養吸収する小腸・大腸に移りにくく、自転車競技で最も重要なエネルギー供給の質が落ちてしまうというわけです。(おそらく・・・中島妄想150%


「不用意なところでモヨオシテ困る」ということはさほどありません。また、本格的な競技者は、練習不足も便秘も無用な心配と思われます。日ごろ忙しいまま、やっとこさ休日のとれたサイクリストこそ、前日に軽く運動しておきましょう。



自転車に、(ローラー台に)乗って、 「明日のお通じをよくしましょう!」



いろんな方におすすめです・・・。








第2位


『ラスト、バラ園の上りで遭遇した不可解なビープ音とは?』



☆ 鹿屋体大OGの萩原選手には、


 「このコルナゴ、なんというモデルですか?」


という、自転車屋さんとしては恥ずかしすぎる質問をしてしまいました。( ■ ランク外事件・・・)



フレームのモデル名表示が分かりにくいとはいえ、萩原選手も、新城選手にしても


コルナゴ最高峰モデル、 「C59に乗ってる」に決まってるじゃないですか。


 


「え゛~、知らないんですか?」とかいう突込みはなかったので、、コルナゴ取扱店「坂之上サイクルステイション店主 中島」とはバレてないと思いますが・・・。すみません。



事件というのは、そんな萩原さんが我々に合わせてくださって、バラ園の坂を一緒に上って行ったときの話です。


「麻由子ォ、お前、参加者引きちぎって先行っちゃっただろォ、あんまりスピード出すなァ・・・」とは、車でサポート中の鹿屋体大 黒川先生の声。


「出してませんよォ・・・」とつぶやく萩原選手。


しかし、前にも見たことのあるような光景とともに、ちぎれる予感が頭いっぱいに広がります。


すぐ前を行く萩原選手が、カシャカシャ2,3段シフトアップして軽やかなダンシングに変わり、すいすいと漕いで行く・・・。


アタックでもなく、ゆっくりと漕いでるけど着いていけませんから~ (再び、アディオ~ス!)




このとき、萩原選手とりまきの中年男性陣(たぶん)の自転車から、得体のしれない「ピピピピピ…」とか、「ピョロンピヨロン・・・」とか、普段聞いたこともないような変な音があちこちから発生してました。



中島が使用中の「シグマスポーツROX8.1]の場合、年甲斐もなく心拍数が上がりすぎたら、「ピピピピピ・・・・・・」という警告音が出ることになってるようで、この時初めて知りました・・・。


聞きなれないほかの音も、ヨソんちの「止めときなよ、年を考えて!」みたいなもんだったと察します。



「はしゃぎたいけど、クールな大人でもありたい!」


そんな皆さんにもお勧めしたい、心拍計を、ぜひどうぞ。



大学1年生の萩原麻由子さんと。  宮之城 南日本サイクルフェスタにて。










第1位



『鹿屋体育大学自転車競技部に遊んでもらう』



☆ この「2013年ツールドおおすみ」で、自転車競技部員への黒川先生のオファーがどんなものだったか知る由もありませんが、


けっこう体育大生に遊んでもらえて楽しかったです。



かつて、普通のサイクリストを扇風機に、比べて体大生レベルをヘリコプターに例えたことがあります。


シロウトさんのはしゃいだ「仕掛け」に対して、体大生が「反応するはずもない」、というのが例年の風景だったはず・・・。



ところが今年は違いました。



中島の、へなちょこアタックにも(5秒でつぶされました・・・)


脚のあるお客様の逃げにも、体育大生から「ご反応」をいただき、エキサイトな走りを堪能させていただきました。



ラストのバラ園の上りでは、清水都貴プロのアタックに、黒枝選手(だったかな)、さらにうちのお客様の3つどもえの競り合いが始まり、黒川先生のサポートカーが「ベンガベンガ」(みたいに)言いながら追っかけるというシーンもありました。


(※ ベンガベンガ・・・というのはスペインの応援言葉です。黒川センセーが実際、ベンガベンガ言うわけはありません。どこかの国の「アレアレ!」とか、「ガンバガンバ!」みたいなもの



なかなか出会うことのないシーン、とても楽しかったです。  




 




どうぞどうぞ、今年も楽しめますように。
コメント

イベント☆情報 「鹿児島シティサイクル2014inかごしま春祭り」

2014年04月17日 16時33分34秒 | イベント☆情報




4月27日(日曜日)開催

「鹿児島シティサイクルin春祭り」の案内です。


☆鹿児島市のドルフィンポートから、天文館、祇園之州と、史跡巡りをしながらユックリと自転車を楽しむサイクリング会があります。

(※ドルフィンポート前のウォーターフロントパークをメイン会場に行われる「かごしま春祭り大ハンヤ」(4月26・27日)の告知キャラバン隊を兼ねています)




『鹿児島シティサイクル2014』概要


□4月27日(日曜日) 9:30受付開始

□エントリー代2000円


□対象 小学校高学年以上 (※交通量のある市街地を走ります。小学生は同伴者が必要です)


□募集定員30名


◎店頭に申込書類あります。

中島参加予定!




お申込み締切  4月23日くらいまでです。


ご興味のある方は、お早めに中島までお問い合わせください。
コメント

イベント☆情報 「第6回 鹿児島県照葉樹の森サイクルジャンボリー」

2014年04月17日 12時50分16秒 | イベント☆情報
鹿児島で最も熱いヒルクライムレース大会が、今年も6月にやってきます!

例年、日程が「指宿トライアスロン大会(今年は5月18日開催)」と重なっていたのがやっと解消されました。

昨年、「仕事の都合で両方いっぺんに出れない~」とお嘆きの方がありましたが、今年は2つとも出場となりますか…。
o(^-^)o

(指宿トライアスロン大会の受付は終了しております)



「第6回 鹿児島県照葉樹の森サイクルジャンボリー」

      → WEBサイト



□2014年 6月1日(日曜日)開催 小雨天決行


□本部会場 錦江町役場駐車場


□受付開始 7:00~


□Aコース 約29km 標高差700m位 平均勾配2.1%  たっぷりヒルクライム (ロードレーサーのみ使用可)


□Bコース 約20km 標高差 210m 平均勾配1.0% ちょっぴりヒルクライム (クロスバイク・マウンテンバイク可)


平均勾配、たったの1%と2%ですからね。  (← ※あてになりません)


□コース、年代、男女別などで全13カテゴリーがあります。


□参加費 3000~6000円 昼食付き


□申込最終締切 5月14日

ウェブ申込締切5月7日


◎店頭に申込書類あります。




こちらは2012サイクルジャンボリーAコースのゴールシーンです。

nakashima号がまだ「フロント42T1枚ギヤ」だったころでしょうか。懐かしいです。









現在は「フロント39T×アルテグラ11S 32Tローギヤ」に進化?しております。

もう、お後がない感じですが・・・。












「大人のヒルクライムアイテム」、高度計付のシグマスポーツROX8.1を使用しております。ケイデンス・簡易ワット数も見れます。


おおおーっと、ノーマルペダルが見切れてますが・・・





今年の「やる気」、ただいま充電中です・・・。
コメント

イベント☆情報 「吹上浜砂の祭典併催のサイクリング会、今年は別日程で…」

2014年04月17日 10時49分06秒 | イベント☆情報
毎年恒例だった、

「砂の祭典」併催のサイクリング大会は、主催者の南さつま市の都合により、ゴールデンウィーク期間中の開催を見送られる事となりました。


秋あたりの開催に向けて検討中との話も聞いております。


南さつまのサイクリングロードはいつでも走れますので、またお気軽にご利用下さいませ。




さつま湖近くの「吹上浜公園」(海浜公園と名前が似てますが、10Kmほど離れています)


を起点にして、サイクリングロードを日吉の海岸まで往復20Km、途中「かめまる館でお食事」、というのも楽しそうです。
コメント

レベル☆プロ(編集中・追加しました)「自転車事故と保険 その2 (自転車対自動車)」

2014年04月06日 09時34分25秒 | 未分類、未編集分
自転車の交通事故とそれに関連する保険のお話を、2回に分けてお送りしています。

その1では、

自転車(強者)が人(弱者)とぶつかり合った場合でしたが、


今回は、■その2、

「自転車(弱者)が自動車(強者)とぶつかり合った場合」についてお送りします。



とある信頼の置ける有力な筋からの情報が元になっています。

鹿児島で発生した自転車と乗用車の交通事故で、保険会社かから示された2つのケースを説明します。

中島は、その過失割合の考えに変化が出ているのではないかと思い、注目しています。




□ケース1 『人身事故 自転車運転者が重傷』

保険会社の過失割合査定は「 車7に対して自転車3」。

※車側の保険会社は、自転車側の損失に対して70%分しか支払わないという判定。

納得がいかなかった自転車の運転者(重傷)に対して、車の運転者が30%分を自腹で補てんし、全額支払って収めたという話。




□ケース2 『物損事故 双方ケガ無し』


保険会社(ケース1と別会社)の過失割合査定『車5に対して自転車5』


※当初、車の運転者が示談金をその場で支払って解決しようと提案したところ、自転車側が納得せず、警察を呼んで現場検証をするよう主張した。

交通事故を警察へ届け出る事は義務であるが、現場検証によって、自転車側のルール尊守に落ち度は無かったかどうかも記録に残り、責任を問われた。

(警察には民事不介入の原則があるので、過失割合は保険会社の査定による)



■この記事はただ今執筆途中です。




さて、ちょっと後戻りして、交通事故と保険についておさらいしてみましょう。

中島は保険について素人ですので、何かお気づきの点がありましたら指摘ご指南よろしくお願い致します。


◎車の保険は大まかに、責任保険(自賠責)と任意保険の2種類がある。

◎自賠責保険は、相手方のケガなどの賠償に充てられる。被害者救済の観点から、原付バイク以上の車両には加入が義務付けされている。※賠償額に限度がある。



◎任意保険では、自賠責で足りない分の相手方への賠償や、事故車の修理費、自身の治療費など様々な補償を任意で選べる。


◎一般に、ケガの治療費は自賠責保険から、車の修理費等は任意保険から支払われる。


◎任意保険では、長年の無事故(保険を使わない)契約者には割引の特典があるので、少額(3万円以下位?)の修理費では保険を使わずに手出しした方が安く済む場合もある。


(続く…)



次に、事故にまつわる有りがちなケースを上げてみます。


◎ちょっとした接触でも、運転者がケガしたり車体が全損になったりと大きなダメージを受ける自転車側に対して、車側のダメージは極小である。


◎「弱者保護」とする考えにより、一般的に、車よりオートバイが、オートバイより自転車が、自転車より歩行者が有利な査定に傾く。


◎相手方をケガさせた場合、加害者は、


1、行政処分(免許停止・取消)

2、民事責任(損害賠償)

3、刑事罰(罰金・懲役刑・禁固刑)


の3種の責任を問われる。



◎刑事罰などの処分は、再犯であるかどうかや反省しているかどうかによって、その量刑は大きく変化する。

反省しているかどうかというのは、被害者側と示談が成立しているのかという事であり、つまり、被害者の

『納得しました』

という書面上のサインが無ければ、極めて不利な処分を受ける。


◎自転車の物損は、新車を買っても3万円前後で済む事を考えると、車側の判断としては、

☆任意保険からは支払わない(示談交渉の代行だけしてもらう)。

☆相手方の自転車は自腹で新車を弁償する。

☆自分の車のちょっとしたキズは、ややこしくなるので不問にする。(車の修理費が自転車代より高くなり、相手方に請求金が発生するから)

☆免許や刑事罰の事もあるので、示談成立を優先的に考える。(あくまでも私見ですが…)



◎余談ですが、例えば「一時停止違反」なども道路交通法に背く法律違反であり、警察官から認知された場合は、本来なら検察審送りとなるところを、

「反則金制度」

というシステムで、運転免許を担保にしつつ簡略化してある。

期日までに反則金を支払わないと、検察審送りとなり、有罪なら前科者になる可能性も?(分かりません)…。




まだまだつづく・・・・・。
コメント