広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

笑顔と声の大きさ

2006-07-31 09:12:08 | Weblog

はじめにここをクリックしてください

 

昨日はいい天気になりまして、とても暑かっです。

やっと各地で梅雨明けが伝えられましたね。

熱中症、夏ばてには気を付けましょう。

 

先週末は、少し遠くのお客様をお尋ねしました。

私の場合、人と話すときに声が小さくなってしまうため、

お客様にあまりいい印象をもっていただけないことが

多いです・・・・・。

そのため先週の訪問時には、笑顔といつもより大きめ

な声で挨拶したところ、笑顔で挨拶を返していただき、

その後もいろいろな話をすることができました。

状況や人にもよりますが、人と話すときの声のボリューム

は大切なことだと実感しました。(HO)

 

 

 


ペット共生マンション

2006-07-30 10:11:22 | Weblog

はじめにここをクリックしてください

ここ数年でペットと一緒に住めるマンションが増えているそうです。

不動産経済研究所から発表された「首都圏におけるペット飼育可能な

マンションの普及率調査」よると、1998年では1.1%にすぎなかったが、

1999年で3.1%、2000年で9.0%と普及率はわずかに上昇してきました。

しかし、2001年になると19.1%、2002年34.6%、2003年46.9%、2004年

55.8%、2005年には64.3%と大幅に上昇したそうです。

このデータを見るとペット共生のマンションが、常識化されてきたという

印象を受けます。

ペットを家族同然に愛されている方には、嬉しい情報ですよね。

パナホームでもペット共生アパートをご用意しています。

さらに、ペットとの共生に配慮した設備も整っていますので、アパート経営

をお考えの方のご参考になれば幸いに思います。(HO)

 

 


配置計画の提案不足

2006-07-29 13:20:38 | Weblog

はじめにここをクリックしてください。

家づくりにおいて、内部の間取りも重要ですが、

敷地に対して住宅をどのように配置するのかも

十分考える必要があります。

隣地との関係、採光、敷地の広さ等を考慮して、

配置を考えないといけません。

お客様のご要望を全て満たしてあげたいと思って

も高さの制限などの法令の関係や周囲の環境に

よって、できない部分がでてきてしまいます。

配置を含めた提案をもっと考えていかなければい

けないと、最近思うことがあります。(HO)

 


提案力

2006-07-28 08:45:26 | Weblog

はじめにここをクリックしてください。

先日、テレビを見ていたら建築(住宅)をテーマにした番組がありました。その住宅は、パナホームではなかったのですが、普通の住宅とはデザインや提案が一味違うものでした。小高い山の頂が建築地で、海がすぐ近くにあり、完成した住宅からの眺望は、とてもすばらしいと思いました。番組を見ていて、山頂という建築地の環境対策(特に風の強さと冬の寒さに対して)、外部からのプライバシーの確保と内部からの眺望のバランス、自然光や景色を活かした演出やプラン提案と見どころが多かったです。ちょっと奇抜すぎるデザインは、どうかなと思ったのですが、参考にするべきところが多く、これからのプラン提案活かしていければと思っています。(HO)


自然素材

2006-07-26 08:11:17 | Weblog
自然素材って注目されていますね。
全国的に見ても、喘息・アトピーの人口は増えているのだから、当たり前と言えば当たり前なのでしょうか。実際にパナホームも珪藻土などを住宅に取り入れています。
では、自然素材の色を生かしたインテリアや色の効果というと・・・?
もう、言うこと無しで『くつろぎ』の空間ですね。
和風・カントリー・クラシック・・・さまざまなインテリアに変身します。特に強い個性を持たないのが特徴ですので、飽きのこない空間を作る事も可能ですね。
濃淡をつけるために、モノトーンやグリーン、朱色などをアクセントカラーに使うとしっくりします。
今は『癒し』を求めている人が多くいます。マッサージやアロマオイル。休日の過ごし方も変わってきた人もいるのではないですか? 私は最近、部屋にお花を飾っています。きっかけはお客様から頂いた事からでした。ありがとうございました。花はかざれなくても、観葉植物を置いてみてはいかがですか?気持ちのゆとりが出来たりもしますよ。(ma)

『青』の性格

2006-07-25 08:37:57 | Weblog

ご参加お願いします。
今日も雨です・・・。嫌いではないのですがこう続くと、晴天が恋しくなります。無いものねだりですね。
雨を色で例えると、『』ですね。
という事で、今日は『』について。

青は、幅広いイメージを漂わせる色になります。
若さ、爽やかさ、新鮮さ、モダン、ノーブル・・・といったイメージをもつ色。
視覚的には、実際の大きさより過小評価されやすい色なので、「縮小色」とも言われているそうですよ。また、心を鎮静化させる作用があるので、寝室や格調を感じさせたいフォーマルリビングに使ってみてもいいかと。しかし、その場合も寒く沈んだ感じにならないように面積配分を考慮してください。でも明るいトーンを選ばれるとよいです。グリーン系の色味をアクセントとしてくわえるのも、賛成です。そして、女性には特に多いかと思いますが、「冷え性」な方。寒さを感じさせる色ですので、使い方には要注意です。

ここで、ひとつの知識を
』の反対色と言えば何色を思い出しますか?
・・・正解は『黄色』です。だと思っちゃいそうですよね。
反対色を用いれば、お互いの色を引き立たせる組み合わせが作れますよ色にも、性格がりますので、輝くように使って下さいね。(ma)

コメント (2)

情報交換

2006-07-24 12:05:48 | Weblog

雨が続きますねぇ・・・

ということで、クリック下さい!

 

どんな職業に就かれてらっしゃる方も

いろんな方との情報交換・意見交換はされますよね。

今日はわが事務所の月間会議。

いつもなら事務所内の人間と本部の人間が数人来て行うのですが、

本日は西日本のショップの方が、

参考に見学にこられます。

自信を持って、私たちのお客様に対する理念を伝えたいと思います。

 

最近、「聞く」ことを恥ずかしがる日本人が増えているように思います。

仕事上の話だけではなく、日常生活に関しても同じです。

「聞く」ことは自分がステップアップするために欠かせない事ですよね。

「聞く」と「考える」。これ、私の毎日の課題。

 

今日はあまり住宅とは関係ない話になってしまいました。

許してください。次回はすばらしいブログを提供いたします!!(mi)

 


マジック

2006-07-23 10:06:38 | Weblog

はじめにここをクリックよろしくお願いします。

スッキリ美しく素敵な部屋、つくりたいですよね
私は季節が変わる時や掃除をする時に特に思ってしまいます・・・。しかし部屋の広さは決められているし、部屋数だって決められているし。あれもこれもなどど家具が増えてしまい動線がスムーズに決まらなかったり。そんな時に覚えていてほしいのが『視覚マジック』

まず、家具の占有面積は部屋全体の3分の1までが理想です。これで、動線もゆったりとします。
そして、マジックのポイントはつあります。
●フォーカルポイントをつくる
自然と視線が集中してしまうインテリアのポイントの事。和室で言えば床の間あたりになるのでしょうが、絵画や水槽、小物を飾った棚などでもOKです。これによって視線を1点に集中させ奥行きや立体感を感じる事が出来るようになります。
●視線の抜けをつくる
例えばソファに座った時に目の前が壁なのと、大きな窓ではどんな違いがあるでしょうか。広がりが違いますよね。廊下の先の植物も同じ効果ですよ。
●色やサイズを統一する
数点の家具を選ぶ時は色や素材を統一して全体をスッキリみせましょう。壁際に並べる家具は高さを揃えて凹凸が出ないようにするだけでも、少し違って見えてきますよ。

部屋に魔法をかけて、訪れた人の目をだましてみては。広くて羨ましい。と言われる日も近いかもしれませんよ。(ma)



 


不安解消法

2006-07-22 16:15:59 | Weblog

まずは、投票お願いします。

昨日、パナホーム株式会社と東京電力株式会社で宿泊体験型のオール電化モデルハウスをオープンしました
今まで、パナホーム・オール電化の良さは十分に理解し、お客様にも伝えてきましたが、百聞は一見に如かずといわれるように、体験してみないと分からない事ってたくさんありますよね。
実際に、住まわれてから『IHって本当に早くお湯は沸くね!』というお言葉を頂いた事は多々あります。私たちの言葉を信じて選んで頂いても、実感するのはやはり後になるのですよね。身をもって体験したい方もいるのではないですか?

こちらにリンクをはってありますので、興味のある方は是非ご覧下さい。

打合せをしていると、毎日図面を見ながら想像している方や、寝ずにカタログとにらめっこしたしまった方、考えすぎて夢にまで出てきたと言われる方・・・不安を和らいでくれるものは、人によっても様々かと思いますが、体験するのも1つですよね(ma)


パズル

2006-07-21 18:52:39 | Weblog

本日、仕様打合せがありました

まずは、ここをクリックして下さいね。

約4時間の打合せをさせて頂きまして、建物の外観・内部の仕様の色柄等が決定致しました。楽しく出来たと感じて頂けていれば幸いです

今日の打合せ事項の中に、収納の内部の棚がありました。どこに何を収納するかによって仕切り方も変わってきます。納戸やクローゼットには、現在使われているタンスなどのスペースも空けておきたいですよね。現在新築を考えられている方の中には、『収納を多く・部屋をすっきり』を希望されている方もいらっしゃる事でしょう。しかし、収納として取れたスペースをどれだけ有効に使うかも、とても大切だと考えています。
奥行きと高さを十分に活かして収納してみませんか?

例えば、スカートやジャケットを吊るした下の空間には、チェストやラックを置きます。これで高さの有効活用。そしてキャスター付の物を選ぶ事により、奥行きの有効活用につながります。そして、ベルトやスカーフ、マフラーといった小物類はかごに小さく丸めてまとめてラックの上に。

収納の空間はパズルの感覚に似ています。それぞれにあったピースを見つけながら、楽しんでくださいね。(ma)