マイホームの自己資金には、上手な増やし方がある

2006-06-30 09:09:28 | Weblog
 ほとんどの住宅ローンが融資の上限枠は80%となっていますから、最低でも20%の自己資金が必要になります。 先々の返済負担のことを考えると、「住宅本体の価格や税金など含めた総予算の30%程度」を目安に、自己資金を用意したいものです。
 その自己資金の計画的な積み立て方法としておすすめなのが「財形住宅貯蓄」や郵便局の「住宅積立貯金」、公庫の「住宅宅地債権積立制度」といった住宅資金づくりのための貯金制度です。
これらの貯蓄制度には、定期預金などの一般的な貯蓄と違って、融資を受ける際も有利になるという、嬉しいメリットがあります。「自己資金が足りない・・・・」と思ったら、一度これらの制度をチェックしてみるのもいいでしょう。(Ka)

家相

2006-06-28 08:12:43 | Weblog
最近、プランの打ち合わせのなかで、
家相を参考にして間取りを考える人が
増えてきたような気がします。

家相とは、簡単に説明すると家の方位や方向、
間取りをみて、吉凶を判断することだそうです。

私自身は、まだ担当したことがないのですが、
プランに対するお客様の視点や考え方は、人に
よって違うということを実感できました。

お客様にご満足していただけるように、お客様
のプランに対してのこだわりを把握して、ご提案
をしていかなければなりません。
そのために様々な知識を身につけないといけない
のですが、まだまだ勉強不足です。HO

気になる湿気

2006-06-27 13:50:51 | Weblog
梅雨の時期になりまして、湿気が多くなりました。
ジメジメしていて、気持ち悪いですよね。
私は、特に布団をなかなか干せないことと天パーの
髪がクルクル巻いてしまうのが辛いです。

この時期になると居室内の湿気もすごいですよね。
カビの発生が気になると思います。
新築や建替をお考えの方は、湿気対策が気になって
おられませんか?

パナホームでは、稚内珪藻土を調湿建材として活用
しています。内装の仕上げ材から下地材、収納内部
用まで様々なタイプを取りそろえています。
調湿建材の効果によって、室内の環境を快適に保ちます。

パナホームは耐震だけではなく、そうした快適な室内環境
について配慮した家づくりをしています。HO






2006-06-26 16:48:59 | Weblog
今事務所の庭先には、鉢植えの花が咲いています。
一色ではなく、二、三色の色の花が咲いていて、
とても華やかです。
玄関先で、お客様をまず最初にお迎えしてくれています。
その花を見ていると、花のように人に好感をもってもら
えるような人間になりたいと、つい思ってしまいます。

今日の天気はあいにくの雨ですが、そう思うのは人間だけで、
玄関先の花には惠の雨ですね。
花が長く咲き続けられるように、こまめに世話をしていきます。HO


風の道

2006-06-25 09:04:02 | Weblog
風の道とは、名前の通り家の中に風の通り道を
考えるという、プランで考慮する項目の1つです。
窓を開けた時にスムーズに空気が、通り抜けること
が出来るようにします。
これは各地域や敷地環境によって、プランや窓の設
置位置を考えて設計しなければなりません。

昨日お引渡しした住宅では、周辺環境に恵まれまして、
窓を開けただけで心地よい風が室内を通り抜けていき
ます。

換気や通気以外でもそうですが、自然の力を考慮して
プランを考えるのは大切なことだと思います。(HO)



お引渡し

2006-06-24 19:02:56 | Weblog
今日は、完成した住宅をお施主様にお引渡ししてきました。
お施主様のお子さんも自分たちの新しい部屋にご満足して
いただけたみたいです。
楽しそうに新居の中をご覧になっていました。

プランの段階から完成まで、ずっと見てきた私たちスタッフ
としますと、お引渡しになり少し寂しい気もします(笑)
しかし、無事お施主様にお引渡しすることができたことを
職人さん、スタッフ一同喜んでおります。

これから、お施主様とご家族でたくさんの素敵な思い出を
新居と供につくっていって下されば幸いです。

また、今後もお施主様と末永く良いお付き合いをさせて頂ける
ように、これから精進していきます。
A様本日は、お引渡しおめでとうございます。(HO)

完了検査

2006-06-23 09:37:10 | Weblog
現在、お引き渡し直前の住宅があります。
火曜日にその住宅の完了検査を現場で受けました。
私は、その検査の立会に行って来ました。
昨年起きた事件が影響していると思うのですが、
チェックが細かかったです。

無事に完了検査も終わりまして、検査済証をいただきました。
ここで検査に受からないと問題なんですが、当社では検査の
チェックで指摘されるような法令から逸脱した行為は、絶対
に行いません。
安心して、お客様にパナホームの住宅に住んでいただけます。

また、今回のお施主のお子さんに「メガネザルのお兄ちゃん」
とあだ名をつけてもらうほど親しまれています。(・・・・?)
その信頼を決して裏切らないという当たり前のことをしっかり
守って、これからも仕事に取り組んでいきます。(HO)

「最高だよ」

2006-06-21 08:42:49 | Weblog
昨日は4月の末にお引渡しの済んだお客様のお宅にお呼ばれしてきました。
それまでは週に数回、工程報告やら何やらでお会いしていたのですが、
お引渡しが済めばお伺い回数は減ってきます。

半月ぶりくらいにお会いして、
お酒を飲みながらの落ち着いた雰囲気の中での会話がとても心地よかったです。
ご契約前、「おいしく晩酌ができる家」が欲しいとご主人はおっしゃられていました。
そのテーマに合う雰囲気作りのため一番気を配ったのはリビング照明。
数箇所のダウンライトで調光を可能にし、
バーカウンターをダイニングに設置しました。
あらためて、「晩酌はどうですか? おいしくされてますか?」
と聞いてみたところ、「最高だよ」 という答えが。

さらに、「パナホームで建てて本当に良かったけれど、
それだけじゃなく、営業がガクちゃんだから良かったんだ」
感動しました。
私にとっては最高の褒め言葉です。(mi)




壁に耳あり、障子に目あり

2006-06-20 19:57:05 | Weblog
アパートにお住まいの方はよく感じることだと思いますが、
「音」って気になりませんか?

私が学生の頃住んでいたアパートは
非常に壁が薄くて、それこそ電話での会話やトイレの音が筒抜けでした。
お隣さんご夫婦がケンカをしたときなんてもう・・・

パナホームの住宅は「遮音性」に関しても様々な工夫が施されておりますので
住宅密集地や、ご自宅にお客さんがいらっしゃった時も、
「音」に悩まされる事はありません!

簡単にその構造をご説明しますね。

●まず、外と中の仕切になる外壁。

 調湿石膏ボード+防湿接着剤+スチレンフォーム
        +パーティクルボード+空気層+外装材(+外壁タイル)
この構造はベーパー(湿気)バリアの役割をするだけでなく
高い遮音性を発揮します。
等級はD40等級(数字は高いほど遮音性能が優れています)。
大手メーカーの中でも飛びぬけて高い遮音性です。

●次に内部の遮音性。

 石膏ボード間仕切りだけでなく、1F2F間はPCC床材(コンクリート床材)
を使用しております。ですから2Fでお子様が走り回っても
1Fのお客様には振動も音も伝えません!
等級はこれまた最高クラスのL60等級。

「静けさ」は都市生活における最大の贅沢。
不快な騒音とゆれを抑え、快適な暮らしを守ります。(mi)



一番大切なことは・・・

2006-06-18 19:34:10 | Weblog
住宅完成見学会最終日、
昨日にも増してたくさんの方にご来場いただきました。
お越しいただいた皆様、また、ご協力いただいたお施主様、
まことに有難うございました!

私自身、たくさんのお客様の応対をさせていただいたのですが、
やはり、その年齢層は様々、お若い方からご高齢の方まで
本当に世代層は幅広く、いろいろと勉強になりました。

一番感じたことは
様々な年齢、そして状況に置かれているお客様たち
おひとかたおひとかたに対して、最高の住宅をご提案する事の
難しさですね。
同じ年齢のお客様でもその生活スタイルは様々、
同じプランで決めて頂けるわけはなく、
そのお客様にとって、最高の住宅でなければなりません。
パナホームショップ北毛では

 どれだけお客様に近づけるか、ご満足頂けるか

を追求して、日々がんばっています!!(mi)