挑戦!シナリオライター(映画・ドラマ)

シナリオライターを目指す徒然なる一言(携帯でもリンクで飛べるようになりました♪携帯でもご覧ください)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「ラブシャッフル」2009-01-23

2009-01-24 00:25:09 | 映画・ドラマ
「ラブシャッフル」2009-01-16
<<この日の別のドラマ感想>>「志田未来」と「成海璃子」の将来性

出演者も玉木宏、香里奈、松田翔太、貫地谷しほり、谷原章介と名前を知られた人間がこれだけ揃っているほど贅沢なドラマ。

その割りに食傷気味の下ネタが続々出てくる。

バラバラな展開でまとまりがない。落とし方が前半は全部下ネタに感じたがコメディにするつもりなら使い過ぎだろう。

タイトルと合っていると言えなくもないが、どこかで重ねてくるのが普通なのだが。

香里奈と松田翔太のストーリーが一番まともといえばまともかもしれない。

後半は、少し玉木宏と貫地谷しほりを重ねてきたが、最後も……

前半でネタとして使っていなければクスリと笑えるが、こうも多いとまたかと感じる。

心理的に素直に笑えるコメディにして欲しいと感じている。



「閑話休題コラム」

シナリオライターを目指してシナリオを年数本ペースで書いてコンクールに応募して落選する……とかなり凹むものだ。

ただ、感動したり素直に笑えるドラマを見るとまた書きたくなる。

今週で言うと「キイナ~」が軽い笑いとワクワク感で反対が今日の「ラヴシャッフル」になる。

ドラマには心理学的要素が必要と思っているが、「ラヴシャッフル」はそれが抜けているような気がしている。

そのために、面白い要素が面白く転がらない話になっている。

心理学的に別れたわけじゃない状態でシャッフルされたペアが動く場合、元の相手が気になるのが普通の心理状態だと思われる。

とするとシャッフル相手と付き合いながら元カノ、元カレの調査も大仰に入れると絡みがあって面白いと思っている。

これは一例だが、様々な心理的な組み合わせがドラマは面白い。


メンタルヘルスケア心理士養成講座


ここで紹介している商品はアフィリエイトによって商品を紹介させていただいています。お客様の注文、お支払いなどは直接企業とお取引いただくことになります。
信頼のおける企業の商品を載せていますが、お客様の責任においてご購入ください。


挑戦シナリオライターの管理人姉妹サイトです。(PR)ダイエット、コスメ、健康関連グッズを販売しています。<健康コスメ販売サイト>あるある健康コスメショップ

(携帯ブログ)アロマの香り


<<姉妹サイト>>ドラマシナリオ分析<<>>ドラマシナリオ資料館

挑戦!シナリオライター(映画・ドラマ)topページ<<==>>ドラマティックなテーマは?
雫石令のブログ(挑戦シナリオライター)<<==>>ドラマティックなシナリオ

ブログランキング・にほんブログ村へ///★imodeBEST100★
テクノラティお気に入りに追加する
ブログ王ランキングに参加しています、クリックをお願いします!
『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
« 「志田未来」と「成海璃子」... | トップ | 「銭ゲバ」2009-01-23 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画・ドラマ」カテゴリの最新記事

4 トラックバック

ラブシャッフル 第2話 本当に好きな人 (レベル999のマニアな講義)
『運命の人は一人だけですか?』内容ラブシャッフルの1回目クラブ啓(玉木宏)は、玲子(小島聖)スペード旺次郎(松田翔太)は、愛瑠(香里奈)ハート正人(谷原章介)は、芽衣(貫地谷しほり)ダイヤ諭吉(DAIGO)は、海里(吉高由里子)となった。そして、、ラブ...
【ラブシャッフル】第2話 (見取り八段・実0段)
やっぱり、このドラマは音楽がいいみんな、それぞれの場所で歌う「DancingQueen」本当にいつの世代の若者なの?愛瑠は、旺次郎に写真を撮って貰う。啓は玲子にスッポンを驕って貰う。諭吉と海里は、ファーストフード・デート。全く会話がはずまない。最初に一番つまらない...
新手のキャラ紹介?! (ラブシャッフル) (のほほん便り)
軽妙なテンポでコミカルに進む、ラブシャッフル 最初は微妙なズレと居心地悪さ。距離感。だけど、それによって、意外なところから「新たな一面」?! …ありますよね。往々にして、そういうことって そういう、人間関係の機微をうま~く突いてて、なかなかに楽しか...
ラブシャッフル(第2話) (霞の気まぐれ日記)
今回は、愛瑠(香里奈)の過去が明らかに。。 双子の兄がいたんですね~。 小学生のとき、彼は病気で亡くなってしまった。。 そんな彼と比べてしまうから、彼女の恋愛はうまくいかない、、、と。。 何もしゃべらない海里(吉高由里子)に対して、 一生懸命はなしかける諭吉(DA...