ねころじぃ らいふ

猫さんに、人に、そして地球にやさしいキャットシッターのねころじかるな生活!

お留守番のゆめちゃん、ひめちゃん

2020-06-29 | キャットシッターあい

梅雨の合間のカラッといいお天気。
お洗濯日和にうきうきです。
もう6月も終わりですねー。
みなさまいかがお過ごしですか?

緊急事態宣言解除になり、キャットシッターも少しずつご依頼をいただくようになりました。
人間界があわあわしていたのに、変わりなくマイペースな猫さんたちに会えると、
なんか慌てすぎじゃないかと日々の心配事が「あれ?」って気になってくる・・・。
基本の立ち位置に戻してもらえた気がします。


きりっと美人のゆめちゃん。
訪問すると、先に様子を見に来て確認するしっかりもののお姉ちゃん。
意思表示がはっきりしていて、自分の好みがぶれないの。
ねこじゃらしを見に来ても、あまりおもしろくないと離れて見ています。
試しに、ねこじゃらしを留めていた、カラーモールを見せてみたら、興味津々。
追いかけたり伸び上がってキャッチしたり、
とうとうゆめちゃんの好きな遊びを発見したよ!!!

あたし、本気出しますにゃ!

がっつり遊ぶゆめちゃんに心の中で快哉を叫びたくなりました♪


元気はつらつキュートなひめちゃん。
とにかく遊ぶの大好き。
ねこじゃらしを見るとすっとんで捕まえにいきます。
紐のねこじゃらしをびゅんっと振ると電気のスイッチくらいの高さまで
助走なしにジャンプしてきます。
あまりの勢いに「ひゃあっ!」と息を飲んでしまいます。
ひめちゃんはへっちゃらで、ワクワク狙い続けているのです。


獲物、捕まえたにゃん!!

なぜかスリッパのところに運んでいきます。
得意げですな^^

元気いっぱい遊びまくって、私も久しぶりに汗だくになるくらいねこじゃらし振りました(笑)。
楽しいお留守番をありがとうー。

コメント (1)

四十九日

2020-05-10 | あいちゃん

ゴールデンウィーク、というか今年はステイホーム週間。
みなさまはどんなふうに過ごされましたか?
猫はStay homeが得意なので、一緒にのんびりまったり、できたでしょうか。

今まで自転車でぴゅーっといっていたところもてくてく。
お散歩で、出来るだけ歩くようにしています。
新たな近道を発見したり、お花が咲いていくのを見られたり、
特に目的地もなくぶらぶらするだけですが、
こんなにお散歩って楽しいものだったんだなーと思ったり。
白旗神社の藤棚が見事でした。

今日はあいちゃんの四十九日。
もうですかって感じです。
法要の心得を読むと、初七日、二七日、三七日・・・と七日ごとの法要をして、故人が極楽浄土に行けるようにするそうです。
そのとおりに七日ごとにお花を供えてきました。
ひとつ区切りがくるたびに涙涙でいろんな気持ちがぐるぐる。
あーだった、こーだったと思い出して後悔したり反省したり。
そして四十九日を迎え、やっぱりああすればよかったとかさみしいとかの気持ちはあるのですが、少し落ち着いて思い出せる感じにもなっています。
お葬式をしてちゃんと見送ること。
法要をひとつずつクリアしてあいちゃんのことを考えていくこと。
儀式があることでなにか、それがなにかはうまくいえないし、人によって違うんだろうけれども、なにかを心の中に大切に置き場所を決めていくことができるような気がしています。
これまで身内の葬儀があっても考えたこともなかったけれども、じっくりあいちゃんと向き合って、初めて法要が必要な意味が実感できた気がします。
説明には「故人のために」って書いてあるけれども、ほんとは遺族がこれからも生きていくために大切な時間ってことかなと・・・。
次は百か日だそうです。
またそこまでゆっくりあいちゃんを思ってたどりつこうと思います。

コメント (4)

Over the rainbow

2020-04-23 | あいちゃん

ぽかぽか陽気の日向ぼっこ日和。
外出自粛でゆっくりお散歩もしづらい今日この頃。
お客様猫さんたち、お客様、友だち、家族、
みんな無事に緊急事態を乗り越えて、会える日を楽しみにする日々です。

ご報告が遅くなってしまいましたが、
あいちゃんは前回ブログをUpした後に、虹の橋を渡り旅立ちました。

命の最後の最後の一滴までも使い切り、見事な大往生でした。
生き切るとはどういうことなのかを教えてくれました。

今日は最初の月命日です。
ほんとはもっと早くにご報告をしなくてはと思っていたのですが、
文章を頭の中で考えているといろいろな気持ちが沸き上がってきて
書けないよーーーー!とのばしのばしに・・・。
今もあいちゃんがそばにいないのが不思議でしょうがない。
20年、ずっとずっと一緒にいて、いつもいつも支えてくれた。
あいちゃんがいたから、つらいことや悲しいことがあっても歩いてこれた。
たくさん愛されるようにと名付けられたあいちゃんですが、
惜しみなく愛をたくさんくれた、愛にあふれた子だったなー。



生前は、あいちゃんを気づかってかわいがっていただき
本当にありがとうございました。

いつか虹の橋のたもとで再会する日まで、のんびり待っていてね、あいちゃん。
大好きだよ。
ありがと。

コメント (2)

年を重ねるということは。。。

2020-03-22 | あいちゃん

桜が枝先に咲き始めました。
霞がかった空の向こうにぼんやりとした富士山。
春がきたと実感する風景です。


あいちゃんは4月になると21歳。


昨年から時々お腹を壊したり膀胱炎になったりと健康優良児も病院のお世話になることが出てきていました。

そして年が明けて、ご飯を食べなくなり、点滴に通って、食べられるようになってもまた食欲なくなり。
一進一退というか、そんな感じの中でゆっくりと痩せて、動きがよたよた。
ほんとにゆっくりゆっくり年をとるのがどんなことなのかを見せてくれる日々。
ご飯を食べてくれれば大喜びし、食べなくなれば心臓バクバクしておろおろして。
少しずつ旅立ちの準備をしていることを教えてくれて、私にも気持ちの準備をさせてくれているのだと思います。
いろんな思いが沸き上がってきて気持ちはぐるぐるします。
でも今この時はあいちゃんがくれた、本当に宝物の時間なのだと思います。

心からの愛と感謝をこめて、あいちゃんに寄り添っていきます。

コメント

お留守番のジンジャーちゃん・パウダーちゃん

2020-01-29 | キャットシッターあい

大変遅ればせながら
みなさま、今年もよろしくお願いいたします。

雪予報の真冬の寒さから今日はコートがいらない暖かさ。
この冬はほんとに気温の上下が激しいですね。
電車の中で大汗かいて恥ずかしい・・・。
そしてそろそろ花粉の季節がやってくるのが実感されますです。

お留守番のジンジャーちゃん(黒白)とパウダーちゃん(白猫)

とーってもシャイなおふたりはベッドの下に隠れて気配を消しています。
ほんとにいるのかと思うくらい、見事な隠れっぷりなのです。

これはなかなか出てこないだろうなあ~とお留守番のたびに、私もそーっと静かにお世話していました。

マタタビは好きかな?シッターが帰ったら遊んでくれるかな?と試しにけりぐるみにマタタビ粉をつけてみると・・・。


物音がして、振り返るとジンジャーちゃんがそーっと出てきました。
めちゃめちゃ警戒しているとマタタビに釣られることはないので、
お留守番を重ねながらだんだん緊張がとれていたようですね。



そして、次のお留守番のときにはねこじゃらしを捕まえにきました!
ピントがぶれててごめんね、ジンジャーちゃん。


遊び疲れて休憩する姿も!

隠れていた子が出てきて遊べるようになるのは、ほんとにほんとにうれしくて、
キャットシッターでよかったと思う瞬間です。


パウダーちゃんもいつか遊びにきてくれたらなーと思いつつ、
あまり期待しすぎると見透かされてしまうので(笑)、
ゆっくり機が熟すのを楽しみにしています。


ジンジャーちゃん、パウダーちゃん、一緒にお留守番してくれてありがとう!

コメント (2)