マヨの本音

日本の古代史から現代まで、歴史を学びながら現代を読み解く。起こった出来事は偶然なのか、それとも仕組まれたものなのか?

部族の話し

2009年12月02日 12時57分23秒 | ひとりごと
路地好きさんへの返事で、部族の説明をしようと思うのだが、悪戦苦闘しています。少しずつ書いていきますので、待っててください。

一番簡単に言うなら、私が部族という場合、大体は出自を指します。例えば、アムール河を下って、ウラジオストックから青森に着いた部族であるとか、高句麗が亡びる時に新潟付近にたどり着いた部族だとか、韓半島南部から九州を経て飛鳥にやってきた安羅国の安氏の部族とか、そういった考え方です。

日本にはどれだけの部族がいるのかはまったく見当も付きませんが、おそらく家紋の数だけは間違いなくあるでしょう。それらを全部知ることはもちろん不可能ですが、名前、住んでる地域、そして家紋を調べることで、日本の全体像がわかってくるのではないかと、サムライさんが今がんばっています。(サムライさん、がんばってね)

このことは日本の国家がどのように成立したのかに関わる事で、そんなに簡単なことではありません。ただし、ひとつのヒントから芋づる式にたどることで思わぬ大きな成果が得られることがあります。

何度も取り上げているのが源氏の系図であります。
鮮卑の中に拓跋族という一族がいて、彼らは中国北東部から満州方面に北魏と言う国を建てた。そしてほぼ中国全土を支配した。彼らは高句麗と国境を接する中で和睦したり、争ったりしたが、互いに婚姻も繰り返し、最終北魏が亡びるに当たって、高句麗経由で日本に逃亡した可能性が高い。
近江に佐々木神社があり、ここが全国の佐々木源氏の大元となる。その佐々木と言う名前こそ、オオサザキという仁徳天皇の名前そのものではないか。
ここから頼朝、義経が出て、義経は奥州から満州へ渡り、ジンギスカンとなり、生まれ故郷の満州でモンゴル帝国を築くことになる。
この話は「シバちゃん」で何度も繰り返した。
しかも、清王朝の始祖は自分が義経の末裔であると書いてあるようで、それからすれば日本の天皇家は清王朝の本家筋に当たることになる。
日本にいる源氏の子孫達が満州で清王朝を復興しようとしたのは当然ではないか。
その考えを持っていたのが大本教の出口王仁三郎であり、石原莞爾であり、黒龍会であり、頭山満だったと考える。しかも、そのトップには明治天皇の隠し子である堀川辰吉郎がいたのである。
ただし、戦前の日本を支配したのは薩摩を中心とする英国・ワン・ワールドで、彼らは天皇を騙し?大アジア共同体の精神を捻じ曲げ、王道を覇道に変えてしまったのだ。

あまり芳しい評判ではないことを承知で書くが、笹川良一は間違いなくその堀川の理想の後継者であり、日本の影の支配者の代理人であったと考えられる。「世界はひとつ、人類はみな兄弟」なのである。これの言い方を替えれば「友愛」である。

以前、こっそりと書いたので、気づかない人もいたかもしれないが、鳩山は笹川の子供であったという。つまり、彼はある筋から特に指名され友愛を実行するため選ばれたのである。
問題なのはこの「友愛」がフリーメーソンの友愛なのか、本当の友愛なのかであろう。何度も言うが、それは紙一重の差でしかない。相互に平和条約を結び、独立して自治を尊重するのか、ひとつの帝国として管理するかは本当に際どい差でしかないのである。
それを見極めるのに、本来、一年では無理なのである。なのに、たった数ヶ月でとやかく言うのは気の毒であろう。
いうまでもなく、この友愛政策を一番嫌っているのが英国・ワンワールドである。
彼らは日本にいる工作員を動員し、全力でこの「友愛」をつぶしにかかっている。
現在、鳩山政権に断固として戦いを挑んでいるのが英国ワンワールドであるというのが私の考えである。彼らは「友愛」を英国ワン・ワールドだと主張する。どちらが正しいかは歴史に刻まれるまでわからないことであろう。







最新の画像もっと見る

29 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
マヨさんは、意味論の達人… (サムライ)
2009-12-02 17:09:28
サムライ、家紋関連の修行で頑張っていますが、家紋に割くべき時間が中々取れず、今日あたりから再び仕事に追われています。今週一杯は久しぶりにノンビリできると思っていたのに…(ブツブツ)

今日の記事を読む限り(「部族の話し」)、マヨさんはセマンティックス(意味論)の黒帯クラス(初段)ではないですか…(笑)。これはお世辞でもなく、本当の話です。嘘だと思うのなら、今朝、「シバちゃんのため息」で紹介した小室直樹と藤原肇の対談記事を一読ください。意味論とは何か、良く分ると思います。
http://fujiwaraha01.web.fc2.com/fujiwara/article/semantics.html
「意味論」音痴が日本を亡ぼす
返信する
追伸 (サムライ)
2009-12-02 17:19:05
日本ではセマンティックスの達人(セマンティックス道9段以上)は、日本人では二人しかしません。一人は小室直樹博士、もう一人は藤原肇博士。実は、本当はもう一人、セマンティックスの達人がいました。今年の2月1日に亡くなられた正慶孝明星大学教授です。

小生は辛うじて初段クラスかな。藤原さんからみれば、初段にも達していないかもしれませんが…。正に日暮れて道と遠しの感があります。
返信する
semantics (hiromi)
2009-12-02 18:34:39
思わず、セマンティックスに反応・・・
大学時代、言語学をやっていたのでよく出てきました。でも言語学の中でも音声学と認知言語学だったので、意味論とは少々違いますが・・・。それでも言葉の意味や語源はとても気になります。今スペインにいて、スペイン語は、話す時には基本的にはストレートですが、文章になると修飾文節が多くなり、比喩や引用が多用されていて、一体何が言いたいんだ!と怒りたくなることもしばしば。。。でも、主語がはっきりしているし、日本語に比べたら曖昧さの度合いが少ないと思います。日本語の曖昧さは日本人の曖昧さにつながるのでしょう。その曖昧さは良いように作用すればいいのですが、対外国となると、誤解やトラブルの元になりかねません。今は、国内でも政府(権力者)対国民の図式の中で、曖昧・漠然としていた政治や社会に、意味の統一というか再認識・再構築が求められているのかもしれませんね。
そのためには、宗教と歴史と民族の問題というか意図的に隠され続けてきた真実を一度は明らかにしなくてはいけないのではないかと思っています。
返信する
サムライさんへ (mayo)
2009-12-02 18:58:48
興味深い記事を紹介いただきありがとうございます。もっとも、意味論の意味は分かりませんでした。
ただ、第二次大戦などの歴史観があまりにも普通の認識なのが少々物足りません。私の認識と全く異なります。全部八百長ですといったら怒られるでしょうね。(笑)
返信する
hiromiさんへ (mayo)
2009-12-02 19:06:59
私は日本語と名古屋弁、すこしの関西弁しか知りませんでした、が、英語の翻訳を試みた時、天皇に名古屋弁を使いました。すると言葉が一人で歩き始めます、生き生きします。ああ、方言とは素晴らしいと思いました。日本語のよさはあいまいさもあるけど、あったかみ、あるいは怒り、尊敬、謙譲、すべてが自由自在。これは英語にはあり得ないと感じましたよ。
返信する
夜分に失礼します (路地好き)
2009-12-03 00:47:50
部族のお話…私は歴史上の人物に疎いので、マヨさんの描いている古代からの流れをうまくイメージできず、読むのが難しくかったです…(>_<)
余談ですが、私は青森の出身で、祖父の職業は山師でした。田舎では、山師はサギ師と言われ、世間体が良くなかったので、あまり大きな声で言えませんでしたが…
山師と家紋で私の民族が遡れるのでしょうか?
と、話が逸れてしまいましたが…
ともかく、これからの日本は、「友愛」がフリーメーソンだろうが、本物だろうが、英国の友愛?だろうが、最終的に目指す社会はワン・ワールドと言うことでしょうか?
そのワン・ワールドがアジアとなのか、ヨーロッパなのかの違いなだけで…。
この世界感は誰の望みなのでしょう?
天皇家???
返信する
夜分に失礼します (路地好き)
2009-12-03 00:51:28
途中で切れてしまいました(*_*)続き…余談ですが、私は青森の出身で、祖父の職業は山師でした。田舎では、山師はサギ師と言われ、世間体が良くなかったので、あまり大きな声で言えませんでしたが…
山師と家紋で私の民族が遡れるのでしょうか?
と、話が逸れてしまいましたが…
ともかく、これからの日本は、「友愛」がフリーメーソンだろうが、本物だろうが、英国の友愛?だろうが、最終的に目指す社会はワン・ワールドと言うことでしょうか?
そのワン・ワールドがアジアとなのか、ヨーロッパなのかの違いなだけで…。
この世界感は誰の望みなのでしょう?
天皇家??
返信する
路地すきさんへ (mayo)
2009-12-03 06:11:32
うまく説明できないことをお詫びします。
私が思うアジア・ワンワールドは大元モンゴル国の再現で、各国のゆるい同盟関係です。西欧に対し、中央アジア一体に帝国を築いた大元モンゴル国の再現とでも言っておきましょう。決して暴力的な帝国ではなかったことは最近の研究で証明されています。西欧が残酷だったと書いているのはうそです。
返信する
歴史の封印が解かれる日 (P助)
2009-12-03 13:06:09
巷では漢方薬について話題になっていますが、私は最近、漢方茶「ジュウヤクとセンブリ」を煎じて飲んでいます。 ピー! ・・・最近、ピー音のセンサーの調子がおかしいのかな?

> 宗教と歴史と民族の問題というか意図的に隠され続けてきた真実を一度は明らかにしなくてはいけないのではないかと思っています。 semantics (hiromi)

その通りですね。  いいコメントですね。

さて、意図的に隠し続けた事に関しては、悪意があっての事なのか、ある事情があってそうしたのかを知る必要があると思います。
私の見解は、西洋史に関しては悪意があり、日本史に関しては、ある事情(今回は伏せて起きます)があって封印したのだと思っています。 もちろん、部分的には悪意を感じるところがあるのも事実ですが。

四国には、今も残る言い伝えがあります。
『弘法太師(空海)さんは、大事なものを封印なさったのだ。 そして瀬戸内海にカネの橋が架かるとき、その封印がはじめて解ける。 また、この四国にはタヌキがいっぱいいる。 そして、瀬戸内海にカネの橋が架かったら、その橋を渡って、キツネがたくさん四国へ帰ってくる。』
この言い伝えは、空海誕生の地とされる香川県善通寺の僧侶も「この話は昔から聞いています」と語っている。

『キツネが帰ってくる』のキツネとは誰なのか、または何なのかは置いといて、
数年前から、ロスチャイルド一族が日本に来て淡路島の広大な土地を買い占めたり、イスラエル大使が2度も調査に来たり、先日はダライ・ラマがはじめて四国の土を踏んでいます。 また、ロックフェラーの代理人のSONYの幹部がウロウロしています。

また、NHKの朝ドラ「ウエルかめ」、「坂の上の雲」、来年の大河ドラマ「竜馬伝」は四国が舞台です。

四国は日本の古代史の謎を解く重要な地です。封印が解かれる時期が近ずいているのかも知れません。
この事は来年機会があればコメントしようかなと思っていますが・・・
返信する
p助さんへ (mayo)
2009-12-03 13:29:04
四国は面白いですね。また、空海も秘密に包まれてる。私はやはり、空海は金山師だとおもう。たぬきが金山で、狐は採掘人なのかな?それと、行基もそうだけど、一人じゃないね、複数の諜報員が活動したのだと思う。
返信する

コメントを投稿