リリコ雑記

徒然なるままに、思いつき日記。

相棒14・第3話「死に神」

2015年10月29日 00時27分10秒 | 相棒

今回は随分と、カメラワークに凝っていた気がするんですけど。

捜査一課のお二人のアップの部分が妙に多かったので、

これは和泉監督じゃないなと思っていたら、橋本監督でしたかー。


何か意味があったのかな、と思ったんだけど、そうでも無かった気がする

今週の「相棒」感想スタートです。


右京さんのドライズに付き合っていたら、案の定、事件に出くわしてしまった

という、お約束シーンより。(笑)

 

ところで、冠城さんが十字を切っているシーンがあったので、

もしかしたらクリスチャンなんでしょうか。


そういえば、相棒って、クリスチャンが出てくる話は多いよね。

(たまに仏教系もあるけどね。神道系は中々出てこないってのも「相棒」らしいけど。)


 

そんな今回は、ちょっと分かり辛い部分があった事と、

釈然としない部分もあったんですけどね。


せっかく重たいテーマを選んだのなら、もっと突っ込んで、

攻めるように書いて欲しかったんですけどねー。(なんちゃって)


書きようによっては名作になったかもしれないのにー

と残念な一作です。


右京さんが犯人を追い詰めていく所で、一気に内容を詰め込み過ぎて、

散漫になってしまったのがどうにも。


まあそれでも、冠城さんがちゃんと「相棒」っぽかったので、

個人的には、それだけでいいやー

って思いましたけど。(苦笑)


ラスト、右京さんが冠城さんを「花の里」へ招待したって事は、もしや?


って事だもんね。


それでも、月本さんに、「新しい相棒ですか?」の問いに


「いいえ、ただの同居人です」

って。

 


右京さんたら、

どんだけツンデレなんだよ。

 


って普通に思いました。(爆)

 


そういえば、冒頭付近?で、米澤さんにも同じ事聞かれて、

やっぱ同じ事言ってたたもんなー。

 

まさか、


この、ツンデレがああ!

 


って私らに言わせたいのか。(まさか)

 

それって新たな恋の始まり って事でいいんですか。


……と間違った解釈をした所で。

 


ストーリー自体は、予告の通り、二転三転する、どんでん返し。


って事は間違いないんだけど。。。


複雑すぎて、正直、見ていて混乱しました。(爆)


そうでなくても、登場人物の男性全員とも、それなりに怪しかったんだけどさ。


つか、ある意味3人とも、人としてどうかな、

って男ばっかだった気がします。


○自分の別荘に、付き合っていた女性の死体があった、

IT企業の雨宮。



○有名美人女優と結婚したばかりの、青年実業家・志茂田。



○ネットサイトで複数の女性の悩み相談を受けていた、

ケミカル工場の社長・中村。


とまあ、胡散臭い3人のうち、誰が犯人なのかなー

って思いながらドラマを見ていたんだけど。


冒頭で右京さんたちが出くわした事件に関しては、彼女の自殺だったらしい。


でも、

何で工場内で服毒死するんだよ


って思っただけどねー。


嫌がらせの自殺なら、彼の家に行ってやるべきだと思うんだけどね。


死体遺棄を中村に頼んだ自体、彼女もオカシイと思うよー。


って思った私は非道でしょうか。

 


さて、どんでん返しはそれだけじゃなくて、

 

雨宮の別荘で亡くなった彼女が付き合っていたのは、

雨宮じゃなくて、青年実業家の志茂田だったらしい

(彼女が持っていたコルクの栓が、それを示していた)

 

ああ、どうりで。

“内容に関係ないから”みたいな、

思わせぶりに、ニュース流していたのは、そういう事ね。

と理解。


志茂田は女優さんと結婚したばっかりだったので、

死んだ彼女と付き合っていた事を黙ってたそうだけどね。

 


雨宮は志茂田に裏取引をもちかけ、自分の復讐計画の為、

彼に成り済ますことで合意。


雨宮の計画は、中村に(ありもしない)殺人の罪を着せる事。

亡くなった女性の遺書を書き替え、自分の別荘へと、

死体遺棄をさせるよう、誘導したらしいのだが。


雨宮の思惑通り、中村は右京さんらに目を付けられ、

現在進行形の自殺ほう助ばかりじゃなくて、過去、彼女を殺した、

という、罪をも暴かれる事に。

 

これってある意味、雨宮の思惑通り、って事でいいのかな。


中村さんの過去に逮捕歴がある、という流れを見落としていたけど、

そこに繋がるのか!


といった感心所はあったけどね。


ただ、ちょっと解せない点もあったりして。


まず、雨宮。

事件の背後に妹の自殺、という悲劇があったのは分かる。


けど、だからといって、

自殺した女性の遺体を使って殺人事件に仕立て上げるって、

無茶過ぎないか?


しかも、「全部中村が悪い」、みたいに言ってるけど、私は

雨宮にだって落ち度はあったと思う


妹ちゃんが「会って話をしたい」と言った時、今は忙しいからって

会う事を断ったよね。


それって、妹ちゃんからしたら、拒否されたって思う所じゃないのかな。

だから、余計に死に向かったんだと思うよ。


「あの時、俺が会って話を聞いてさえいたら……」

って、兄として後悔するシーンがあるならまだしも、

 

妹ちゃんが死んだのは自殺ほう助をした男が原因だって、

極論過ぎじゃ???

 


自殺ほう助がテーマなので、どうしてもそっちに話が偏ってるけど、

でも、その前に、

死にたくなるほどの絶望を抱えていた。ってのは事実なんでしょ。


それに対して、探ろうとはしないんだ


ドラマ内では、妹ちゃんが死にたかった理由が出てこなかったと思うけど、

実際、そっちが重要だったりするよね。普通は。


しかも雨宮は、「妹の復讐の為」とか言いながら、殺人を偽装して

平気な顔をして他人に被せようとするんだから、そっちが恐いわ。


倫理的に、アンタもおかしいよ!!

 

と言ってやりたいところなんだけどな。


ここはだから、「相棒」的に、妹さんは自殺じゃなくて、本当に他殺で。


本当はその日、死ぬ気はなかったのに、無理やり突き落された。

だから「殺人だ」って言うならまだ分かるんだけどなあ。


何だか釈然としない、この話。

 


自殺ほう助については、「半落ち」だとか、「愛の流刑地」でも

取り扱われてたけど。

最近もあったよね。頼まれて殺した、とか。

 

本人たちだけの同意の殺人事件って、難しいなあ、って正直思います。

何故なら、右京さんお得意の、「殺意」が証明出来ないから


殺したいと思ったわけではない。

けど、本人を救う為に仕方なく殺した。

という主張を通り越し、

そこにある「殺意」をどうやったら

証明出来るものなのか

 

っていう所に繋がると思うんだけどね。

結構、これって深いと思うんですよねー。

 

ラスト、右京さんは中村に向かって、

貴方こそ死神ですよ!

って言い放ったので、彼の傲慢さを暴いたところで、

ここは良かったと思うんだけど。

 


そもそも、自殺ほう助って、最も罪深い殺人だと

私は思うんだよね。

自分が信頼している人間を殺人者にするんだからさ。

こんな苦しい選択肢は無いと思うよ。


だからといって、「殺して」って言われて素直に殺す方も、

人として壊れているとは思うけどね


だって、そんな事言われたって、出来ないのが普通なんだからさ。


それを出来てしまった時点で、

その人はただの殺人者になってしまうんだなあ

と。


自殺ほう助は、個人的には、本当に難しい事件だと思っているので、

もっと繊細に捉えて欲しかったなあ、と思ったんだけど。

 


人としての尊厳を、どう守るのか

そういうテーマも含め、突っ込んで欲しかった、今回の「相棒」


ある程度、奇をてらったやり方は嫌いではないけど、

どちらかというと、

シンプルでど直球に書いて欲しかったと思いました

 


さて。


ようやく「花の里」デビューを飾った冠城さん。


月本さんの

“ツキがない”が移らないとイイネ!


 

と思った所で。(苦笑)

 


来週は久々の、大物取りですかー。

楽しみだね。


コメント   この記事についてブログを書く
« 相棒14・第2話「或る相棒... | トップ | ロロノアさん、Happy Birthday! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

相棒」カテゴリの最新記事