リリコ雑記

徒然なるままに、思いつき日記。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「風林火山」第22回。

2007年06月04日 23時37分03秒 | 大河ドラマ

今週は
めっちゃ笑顔の由布姫&侍女からスタートです

それにちょっと引いてる勘助。(笑)
何事かと思いきや、ご懐妊 だそうで。

おおっ。
これで勘助の悩み事が一つ減ったねっ。

問題は、このお腹の子が和子であれば尚更よし
ってことでしょうけど、既に歓喜にむせび泣いてる勘助。
気が早いです。

全部勘助の言う通りだった と、由布姫に礼まで言われて、
今までの苦労が報われた瞬間ですね。


そんな折、久々に雪斎登場です。

どうやら、隣の北条は只今関東管領といざこざを起こしてる最中。
元々の今川領地を奪い返すには、弱体化している今しかない!
と、義元が息巻いてる状態。
その際、同盟のよしみで、是非とも武田には援軍を出して欲しい。
 ……とのことらしいですが。

そこで晴信、どのような返答を出したらいいものやら。
と頭を悩ませてましたが、そこに出てくるは軍師・勘助じゃなくって、
小山田様

勘助の前に(わざと?)どかんと座り、地図まで出して
己の秘策を晴信に熱く語る小山田信有氏


今まで以上に活躍ですわね!


そんな彼曰く、同盟国の今川についたとしても勝てるという保障はなく、
それならば様子を見て、勝った方に味方しろ。とは。
事実上、盟約結んでいた今川を裏切るとは大胆な策略ですな。

しかしこの戦いで一番重要なのは、
如何に早く戦いを決めるかということ。

戦いが長引いてしまったら、手薄になったところを背後から
村上勢が襲ってくるからねー。


因みに、そんな小山田様は雪斎だけじゃなくて、
北条氏康とも繋がっていたそうな

うおっと。
ここにきて、新たなカード出してきましたよ!

でも、それは、晴信様も知っていたはず
との言葉に動揺する家臣’ズ。

しかし可笑しいのは、後にいる勘助。

小山田氏の後ろで、晴信様の顔が見えなーい
って、コンサート会場のファンみたいに見えますよ。(笑)

でも、小山田氏が今川とも北条とも繋がっていることを聞き、
秘策を思いついた勘助。

元より、「闘わずして勝つ!
という兵法の秘策を持っていた彼のこと。
武田が間に入って、今川と北条を和睦させる
とまあ、
現時点ではほぼ不可能にも近い策を打ち出しました

これに喜ぶ晴信様
雪斎の口振りからして、それは可能かもしれないな。
ということで、
お待ち下されー! 

と慌てる小山田様を尻目に、
晴信様は勘助の案を採用しちゃったのでした。


さっそく今川の陣に入り込んだ勘助は、久々に庵原様とご対面。
その際、
今回の戦は、雪斎の進言を聞かないまま、義元が強引に
始めちゃったらしい

って情報収集の後、さっそくにも雪斎とご対面。
しかし勘助は、雪斎との会話で、彼の真意を知ることに。

どうやら雪斎は、武田が仲裁に入り、義元を諌めてもらう為、
晴信の所を訪れたらしい。



それにしても伊武雅刀さん。
怪しい感じがめっちゃ素敵ですわ!


そして、久々に義元とご対面の勘助。
今は武田の軍師になっている、という話に
「ワシの見る目は、あったのか無かったのか」
と、随分と興奮気味。

しかし臆せず、北条と和睦するようにと、その理由と条件を
淡々と述べる勘助。
今川はすぐさま関東管領から手を引くように進言し、
一方、和睦ということで北条の兵も引かせ、領土は返還させる。
と、この戦を全面的に回避する作戦です。

一度は激怒したものの、勘助の話を聞いて、納得したらしい義元。
すぐに冷静な結論を出すあたり、彼も賢いですけどね。

しかし、
勘助の意見に従ったワケじゃないからな!
負け惜しみ言ってる辺りは、まだまだ子供っぽいなー。と。

ズバリ現状を指摘されて、しかも相手が勘助だったから
尚更に悔しいんだろうなあ。


早速にも和睦状を書くから、武田からはお前みたいのじゃなくって、
ちゃんとした家来をよこせ とご命令。
↑そこで晴信は、側近の駒井さんを派遣したらしい。

しかし、これで北条との激突を避ける一つの手掛かりに
なったワケで。

さて、その経緯を小山田氏に報告する勘助。

どうやら最初っから、自分達は雪斎の手の平の上で
転がされていたらしい


という事と、しかし、
晴信様だけが、それに気付いていた。

ということを伝えてますけど、小山田様からしてみたら、
当然ながら面白くない

雪斎を利用していたようで、実は、利用されてたのは
自分の方だった

なんてね。

所詮、自分はお屋形様の器ではないと………?

なーんて言ってましたが、
大した野心家だな!(笑)


一方、北条へ向かうために呼び戻された板垣さん。

その前に、由布姫との事で勘助に事情聴取ですか。(笑)
二人して、お屋形様を騙しているんじゃねぇだろな
ってセリフはここだったんですねー。

何と、由布姫疾走の騒動は板垣さんに筒抜け……。
って、伝兵衛の仕事のお陰でしたか!
いい仕事してるね。彼。(おい)


そこで答える勘助。
確かに由布姫に惚れてはいるけど、そういう意味のものじゃなくて。
諸国を流れてきた勘助にとって、「国」というものを持たない。

だからこそ、勘助にとっては「人」が「国」なのだと

由布姫も、晴信も、板垣さんも、死んだミツも、
自分の守るべき「城」なのだと言う勘助。

その言葉に感心する板垣さん。(&ミツの兄貴の伝兵衛)
どうやら彼に対するしこりは、これで消えた模様。

改めて勘助に対する恋心を認めた板垣さんでした。(爆)
↑違うって。


……って、えっと。
まさかまさか、後に信玄が言ったという、

「人は石垣。人は城。」
って有名な言葉がここから出たとか……言わないよね?


ところで、久々にご対面の北条氏康。
勘助って、誰だっけ?
みたいな反応でしたが、隻眼で無事思い出しましたね。

今は武田の軍師である、という勘助に向かい、
自分が当事、彼を北条家に採用しなかったということで、

「自分は見る目があっただろ?」
と語る所を見ると、
氏康って人は、かなり出来た御仁のようで


今んとこ、自分の印象としては、
氏康と晴信が同等で、ちょこっとだけ義元が落ちるかなあ
って思ったんですけどね。

そんな氏康に対し、今川義元の和睦状を差し出す板垣さん。
双方の戦はどちらにとっても利無し
ってことで、納得した北条は占領してた土地を今川に返し、
兵を引き上げたので、激突とならずに終了となりました~。


そしてラスト。

晴信を今川の領地に招いた義元。
山に囲まれて海を見たことが無いだろうとか言って、
優越感滲ませてますなー。

もし、北条と戦ってたら、
海の見える土地に城を築いてやってもよかったのに
なーんて嫌味っぽく言ってましたけどね。

しかし晴信は、いずれは自力で海をものにする。と宣言。

まさか、駿河の海じゃないでしょうなー。
と含みを持たせた義元の言葉に、高らかに笑う晴信様。

今回はめでたしめでたし。
って感じでしたね。


そして次回予告では、また激戦の模様。
真田幸隆と、勘助が出会うらしいですけど。

果たして、どんな展開が待っているのやら。


コメント (8)   この記事についてブログを書く
« 「風林火山」第21回。 | トップ | 久々に、ココミです。 »
最新の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
リリコさん、こんばんは!! ()
2007-06-05 19:41:53
久々にこれぞ風林火山!!という展開でしたね。
いや~楽しかったです(笑)

小山田様は可哀想でしたが、ちゃーんと外交の手配をしている下ごしらえのよさは偉いと思いました。
勘助が、姫様!!!とか雪山で右往左往している間に?きちんと仕事していた小山田様は偉い(笑)
まー晴信様をライバル視(?)するのは・・・ちょっとちょっと!!でしたけど。

久々に登場した雪斎&義元様。
私この腹黒主従大好きなので~しびれちゃいました(笑)
やりたい放題でしたね。
雪斎最強だし。
義元様は、まーアホな子ぽかったですが(笑)本当は聡い子なんですよね!!
あのイヤミのせいで晴信様や氏康さんより下に見られちゃうけど、ははは。
なんていうか雪斎という最強軍師がいつも側にいるせいで、きっと他の人が彼の目にはしょぼく見えて、人を見下す言動を取っちゃうんでしょうね。それで義元評が下がるのに(笑)
とか言いながら、イヤミじゃないと義元様じゃないし~損な人だな~と思います。
板垣様の恋心… (もちきち)
2007-06-05 22:01:46
板垣様は晴信命だと思っていたのに…。
武田家家中は恋愛模様も複雑なんですね(←おい)。

晴信はほんとにキレ者ですね。
張り切ってプレゼンしたのに空回りだった小山田様が
ちょっぴりお気の毒です。
今回は見ごたえ十分・・・ (ヤス)
2007-06-06 10:01:52
今回は最高に面白かったですね。

そして最後の義元と晴信の会話…自分の死後にああなるとは義元も知る由もないですね。
こんばんわ~vv (リリコ)
2007-06-07 22:22:00
◆渦様。

今回の大河ドラマは本当に楽しかったですね!
久々に「見た~!」って感じでした。

小山田様は自分の策に絶対の自信があったんじゃないでしょうかねー。
その自信が、真意を曇らせたんじゃないかと思います。
勘助もちょっと由布姫に入れ込み過ぎだし。(苦笑)
↑板垣さんに余計な心配をさせるくらいだしなー。

久々登場の雪斎と義元様は最高でしたね!
怪しいけど、キレる軍師の雪斎が素敵でした。
義元様はねー。
良いところの出なので、他の人を格下に見てしまうんでしょうね。
それが命取りだったのかもしれませんが……。



◆もちきち様。

いらっしゃいませ~。

板垣さんは晴信一筋だったけど、ちょっと変わった勘助という人物にも惹かれてしまったんでしょうね。
(なんちゃって)

晴信様も恋愛には努力を惜しまない人ですからね!
それはそうと、あんまり賢いと軍師いらないんじゃあ……。
と思わないでもないですが。(苦笑)

一生懸命だった小山田様。
肩透かしな結果でちょっと可哀想でしたねー。



◆ヤス様。

こんばんわ~。
今回はドキドキワクワクの展開で面白かったですよね。

義元はブラックジョークのつもりだったんでしょうけどね。(笑)
冗談にならないところが、歴史って恐いわあ。
なーんて思ってしまった私でした。
TBありがとうございます (lovespoon)
2007-06-08 08:56:37
今回は皆さんなかなか個性が出ていて面白かったですね。

>小山田氏の後ろで、晴信様の顔が見えなーい。

可笑しかったですね。
次回は真田様との再会。またまた楽しみです~。
こんばんは~♪ (まるひげ)
2007-06-09 00:13:27
ちょびっとご無沙汰してました、まるひげです。
にもかかわらず、コチラにお邪魔したらリリコさんも大河の19~22話、まとめて視聴なさってたことに何かの縁を感じました(笑)。
油断してると溜めちまいますよね…。

今回の大河は随分お久しぶりな方が勢ぞろいでしたね。
皆様相変わらずでちょびっと懐かしかったです。
小山田殿の意外な野心もポロリでしたし。
物騒な女・由布姫の件も片付き、また他国との関係が面白くなりそうです。
TBありがとうございました (むぎこ)
2007-06-09 07:02:01
TBありがとうございました
今回の三国激突は本当におもしろかったです
どっちかというとオリジナル部分の勢いがすきだったので
懐かしい面々が登場
自分的にはこのとことあのオープニングの勢いと違和感のある内容だと思っていたので久々に嬉しくってたまりませんでした。
明日も「河越」おもしろそうでいまから楽しみです
こんにちわvv (リリコ)
2007-06-09 17:10:29
◆lovespoon様。

いらっしゃいませ~。
今回は久々に登場する人物が多くて楽しかったですね!

勘助を交えてだと、個性が際立って本当に面白かったと思います。

今週の小山田様、勘助の前に座って意気揚々。
素晴らしく饒舌でしたけど、採用されなくて残念でしたね。
次回は真田様と再会ですけど、どんな展開になるのか今から楽しみですね。



◆まるひげ様。

こんにちわ~。
個人的に、原稿の締め切りに追われまして。。。
短い記事でも書かないでいると、溜めちゃって大変ですよね。

お仲間がいて、ちょっと安心しちゃったり。

今回は今川勢と北条勢、どちらも出演で面白かったですね!
お元気そうで何よりでした。
小山田様は、ずーっとこんな調子で武田家を支えていくんでしょうけどね。

由布姫、物騒でしたか……。
(そういう自分も「猛獣」とか書いたヤツ)



◆むぎこ様。

こちらこそ、有難うございました。
今回は楽しかったですねー。
オリジナルの部分は、思っていたよりもかなり面白かったですからね。
懐かしい、と思いつつもワクワクしちゃいました。

オープニングはいいですよね。
私も大好きです。
明日もまた、楽しみですね!

コメントを投稿

大河ドラマ」カテゴリの最新記事