タイに暮らす:ウチのハーフキッズの日本語&タイ語

2005年生まれのお兄ちゃんK 妹のMちゃん。
好きなものを見つけた2人は今自分で日本、日本語の世界を切り拓いている

自宅での過ごし方 その③ざんねんないきもの事典

2020年04月07日 | ブックレビュー
タイ 昨日の時点で全国の学校の新学期が
7月1日との発表がありました。

通常タイの公立校新学期スタートは5月半ばから。
この遅れは、10月の学期休みなしで帳尻を合わせるようです。

運動不足にならないよう毎日 午後6時きっかりから
家族4人でお散歩をするのが日課となって早1か月。
通常子供でにぎわう公園もこの通り。。。


夫の歩く道をアヒルの行列のようについて歩き


最後はバドミントンで〆。


続けているうちに上達するもんですね。
みんなそこそこ続くようになりました。

気づけばうちの子たち このお散歩以外 
ぜんぜん外出をしていないです。
大丈夫なのかしら。
もともとインドア派というのが助かってますが。
インターネットが普及されていない数年前だったら
どう過ごしていただろうと思います。

さて、今日はお兄ちゃんKのお気に入りの7冊を紹介。

ざんねんないきもの事典シリーズ
(続、続々、もっと編とシリーズ化してます。)
私も大好きです。
自分が知っている動物の知らなかった
ズッコケちゃうような生態が知れる、面白い本です。

サイの角はただのイボ
とか
キツツキは頭に車が衝突したくらいの衝撃を受けている
とか
イルカは眠ると溺れる
とか。

ワニの中でも一番噛む力の強いイリエワニは口全体で
小型トラックくらいの重さをかけられるので、たいていの物をかみ砕ける。

けど、その反面あける力はめっぽう弱く日本の平均的なおじいちゃん
が片手で抑え込めるほど。

キャッチーなタイトルと笑えちゃう例えが
このシリーズの面白味でもあると思います。

一時帰国を終え、成田空港の本屋さんで買い
機内で読むのが大好きなお兄ちゃんK。


にやにや,クスクス笑いながら何度も読んでいます。

フライト中に読破しちゃいます。

学校でもちょっとした話題にこの本から得た
豆知識をタイ語で話しているんだとか。


最新の画像もっと見る

コメントを投稿