水彩画を友として : 旧退職おじさんの水彩画日記

水彩画を始めてついに10年を越えました。今年も自然を相手のスケッチを楽しみます。

皇居 清水門 F(6)

2010-03-27 | 神社仏閣 建物 街並み等
ランキングに参加しました。よかったらクリックしてください。日記@BlogRanking

 ようやく春めいてきて、今日はスケッチ教室で清水門のスケッチです。期待としては桜もそろそろ見頃のはずだったのですが、昨日今日の寒さで咲くのをためらっているようです。朝着いた時はかなり寒いしまだ一分か二分咲きといった感じだったのですが、日がさしてきて徐々に暖かくなり、帰る頃には三分咲きを超えていました。もっとも、この絵はちょっと咲かせすぎですが……
 そんなわけで今年の桜スケッチ第一号です。
コメント (8)

イチゴの二回目 F(6)

2010-03-24 | その他静物
ランキングに参加しました。よかったらクリックしてください。日記@BlogRanking
 
 連休最終日の22日のすい彩画教室はさすがにお休みの人が多く出席者は五人だけ。この教室は画題一つを二回で描くのが決まりで、二回目の授業では、先生は必ず全員の位置から見たモチーフの写真のプリントと、感じがつかみやすいようにとまったく同じではないがと同じ種類のモチーフを再度用意してくれます。
 
 そんなわけで、今日は二回目のイチゴ。小生は前回で描き終えていたので先生が違う添え物をセットしてくれました。そこで今回はできるだけ水彩画らしい表現をと意気込んだのですが、結果からみるとあまり変わり映えのしない絵になってしまいました。これが力の限界なのでしょう。
コメント (6)

桜 F(6)

2010-03-15 | 
ランキングに参加しました。よかったらクリックしてください。日記@BlogRanking

今日の水彩画教室は桜。桜の花は景色の中で描いたことは何度もありますが、花瓶に差した桜を描くのは初めてです。当然ながら花びらを一つ一つ描くわけにはいかないので、そこは適当にまとめまていると、終わり間際に先生が回ってきて背景の濃さについて、花の色が薄い場合は背景はこのくらい濃くしましょうよと言って、画面の右下の部分にその見本を示してくださいました。それを手本に左半分の背景も調整して仕上がりです。

だいぶ暖かくなってきて、間もなく戸外で桜を描く日が来るでしょう。今から楽しみです。
コメント (6)

英国大使館 F(6)

2010-03-14 | 神社仏閣 建物 街並み等
ランキングに参加しました。よかったらクリックしてください。日記@BlogRanking

2月は二度も雨で流れた土曜スケッチ教室ですが、昨日は見事な快晴。朝は強かった風も現地に着いた頃にはすっかり止んで、暖かなスケッチ日和になりました。
この日の対象は英国大使館で、教室の生徒約二十名が皇居一周のジョギングコースになっている狭い歩道に座って、通りの向い側の大使館の建物を描きました。ここは普段でも週末になるとマラソンランナーでかなり賑わうのですが、あいにくどこかの会社のマラソン大会が行われていたものだから、ランナーが次から次えと切れ目なく駆け抜けていきます。前の通りにはしょっちゅう大型の観光バス行き来するし、描いている背中すれすれをランナーがかすめていくしで気が散ってなかなか集中できません。それでもお昼を挟んでの四時間でほぼ描き上げ、今朝、最後の手を入れて完成です。

コメント (2)

横浜山手通りの洋館 F(6)

2010-03-12 | 神社仏閣 建物 街並み等
ランキングに参加しました。よかったらクリックしてください。日記@BlogRanking

11日の木曜日、快晴で暖かく冬仕度だと軽く汗ばむほどの絶好のスケッチ日和の中、横浜港の見える丘公園にスケッチに行ってきました。ここはイギリス館の庭から見たもう一つの洋館で、たぶん「山手111番館」という名称だと思います。

コメント (2)

イチゴとデミタスと…… F(6)

2010-03-10 | その他静物
ランキングに参加しました。よかったらクリックしてください。日記@BlogRanking

水彩画教室での作品で、コーヒーカップは小さなデミタス。イチゴとのサイズの比較で何とか小さなデミタスに見えるようにしたつもりですが、どんなものでしょうか……
イチゴのツブツブをどう表現するかかなり苦労しました。やはりマスキングでも使うべ気だったかと思っています。因みの、手前の黄色いのはキンカンです。
コメント (4)

印旛沼 F(4)

2010-03-09 | 水辺、海、船のある風景
ランキングに参加しました。よかったらクリックしてください。日記@BlogRanking

今日は異常な寒さです。西の方では雪が降っているようですね。去年の暮れに気象予報士の方がテレビで、暖冬だと太平洋側に雪が降ることが多いと言っていましたが、その通りになったようです。残念なのは(こんなことを言うと雪国の方には怒られるでしょうが)、我が家のあたりには雪が積もらないことで、積もってくれたら雪景色を描こうと手ぐすね引いて待っているのですが……

これは去年も描きましたが、印旛沼の東側に捨て置かれた廃船です。今回はちょっとアングルを変えて描いてみました。
コメント (6)

秋(浅間山です) F(4)

2010-03-08 | その他の風景画
ランキングに参加しました。よかったらクリックしてください。日記@BlogRanking

この絵は信州小諸にある高原美術館の裏から望む浅間山で、これも昨秋に下絵のつもりで描いた絵の準清書版です。準という理由はいずれもう一度描き直すつもりだからです。
この日は正に秋たけなわで、朝はすっぽりと雲に覆われいたのが徐々に晴れて頭上には真っ青な青空が広がっているのに、まだ中腹にだけ霧がかかっているという状態でした。
コメント (2)

春遠からじ (2009年春) F(4)

2010-03-07 | 水辺、海、船のある風景
ランキングに参加しました。よかったらクリックしてください。日記@BlogRanking

いよいよ3月。でも、天候が思わしくありません。外に出られずにいるうちに去年の春に描きかけて放っておいた絵があるのを思い出し、ここまでまとめました。これは佐倉市の郊外の田んぼです。もうすぐこんな風景を見られると思うと浮き浮きしてきますね。
コメント (6)

アゼリア ピンク F(2)

2010-03-02 | 
ランキングに参加しました。よかったらクリックしてください。日記@BlogRanking

昨日の水彩画教室では敬遠したピンクのアゼリアです。今日は寒くて曇天。外には出られないので撮ってきた写真を元に家で描いてみました。この絵、小さなF(2)のスケッチブックに描いたら花が上の方に寄ってしまいました。よって出来栄えは昨日の白のアゼリアの比ではありませんが、せっかく描いたのでUPします。
コメント (8)

アゼリア F(6)

2010-03-01 | 
ランキングに参加しました。よかったらクリックしてください。日記@BlogRanking

水彩画教室は花が続いています。今日の花は白のアゼリアとピンクのアゼリア。好みの方を選んで描けとのことで、躊躇わずに白を選びました。

花を描くとバックで失敗する可能性が高いのですが、今日は花の上部のバックをどの程度濃くするか躊躇っていたら、先生が元の色より多少濃いめに手直ししてくれました。躊躇っていた理由は、奥の白い花びらのバックを濃くしたら花の白さが強調されて浮き立つのは間違いありませんが、遠くの花が近くに見えてしまうと困るからだったのです。
そこでその点をお聞きすると、花びら明るさと葉の暗さの中間までなら問題ないでしょうと言われて納得した次第です。
コメント (13)