水彩画を友として : 旧退職おじさんの水彩画日記

水彩画を始めてついに10年を越えました。今年も自然を相手のスケッチを楽しみます。

貝殻とビー玉 F(6)

2009-08-31 | その他静物
ランキングに参加しました。よかったらクリックしてください。日記@BlogRanking

今日の水彩画教室は貝殻とビー玉。先生が布の袋に入った沢山の貝殻を机の上にばらばらに置き、間にビー玉を散らかしました。その中から気に入った貝殻を好きなだけ選んで、ビー玉と併せて適当な構図を作って描くのですが、絵になるような構図を作るのはかなり難しい仕事です。よって適当なところで諦めて、練習のつもりでこんな絵を描きました。平面に散らばった貝殻に遠近感をつけて描く練習のつもりです。
コメント (4)

銀座ミニアチュール展のお知らせ

2009-08-31 | 
ランキングに参加しました。よかったらクリックしてください。日記@BlogRanking

今日(8月31日)から9月6日(日曜日)まで、11:00~18:00の間、銀座は電通通りにある「銀座ギャラリー喜久田」で「第十七回 銀座ミニアチュール展」というのが開かれていますが、そこにこの小生の絵三点も展示されています。
この展示会は名前の通り、会場が比較的狭いからだと思いますが、原則としてサムホール(SM)という小さなサイズにの絵に限られています。参加者は西村直之先生と渡辺シゲオ先生の生徒さんか元生徒さん達で、お会いしてみたら皆さん超ベテランばかり。小生の如きヒヨッ子はかなり引け目を感じましたが、稚拙ではあってもそういう皆さんに混じって絵が銀座の画廊に飾られるのは大変な名誉でもあり、いい思い出でもあります。

小生の絵は別にして、出展されている皆さんの絵はみな素晴らしいものです。ご都合のつく方は是非ご高覧下さい。
コメント

幕張海岸にて (ハガキ大)

2009-08-29 | 水辺、海、船のある風景
ランキングに参加しました。よかったらクリックしてください。日記@BlogRanking

いつものウォーキング・コースの途中で海岸の様子をハガキ大のスケッチブックに描きとめてきたものです。夏休み最後の土曜日なのでもっと人がいるかと思ったのに、未だ時間が早かったせいか静かな砂浜にテントが一張りあっただけ。これからは夏が駆け足で去ってゆきます。
コメント (4)

ヨットハーバー

2009-08-28 | 水辺、海、船のある風景
ランキングに参加しました。よかったらクリックしてください。日記@BlogRanking

隣町にあるヨットハーバーで8月13日に描いた絵が出てきたのでUPします。この絵は未だ八分の仕上がりで、本当は真ん中のヨットをもう少しきちんと描いて目立たせたかったのですが、何しろ真夏の太陽がかんかん照りの中で描いていたものだから、途中でGIVE UPするしかありませんでした。とりあえずあるがままの絵をUPしますが、いつか時間のある時に描き直すつもりです。
コメント

軽井沢 レークガーデンにて F(6)

2009-08-25 | 水辺、海、船のある風景
ランキングに参加しました。よかったらクリックしてください。日記@BlogRanking

今日はクラブツーリズムの日帰りのスケッチ・バスツアーで軽井沢のレークガーデンに行ってきました。講師は一昨日に引き続き青木美和先生。八月も終わりに近いとはいえ子どもたちは夏休み中だし、東京は未だに暑さが続いていると言うのに、ここ軽井沢にはもう秋の気配が忍び寄っていて、葉先が色づいている木々もちらほら。まだ夏の緑を想像していたものだから驚いてしまいました。

目的地のレークガーデンは、昔はレークニュータウンという別荘地(有名な「浅間山荘事件」の起きたところです)の入り口に作られた人口の湖でしたが、今はその中心部に大きな島ができていて、バラとか様々な草花が咲き誇る広い庭園になっていました。かつては、夏季だけですが、岸辺沿いに三越をはじめ東京から沢山の店が出店していてかなり賑わっていたのに、バブルが崩壊した影響でしょうか、この庭園以外はまるでゴーストタウンのような状態で、ガーデンの中も人影はまばら。誰かに覗かれる心配もなく、十一時から二時半まで絵に没頭できました。

東京を離れて涼しい軽井沢で好きな絵を描く。正に至福の時でした。
コメント (8)

静物 ビンとグラスと貝殻と…… F(6)

2009-08-24 | その他静物
ランキングに参加しました。よかったらクリックしてください。日記@BlogRanking

これはMATIUSという果実酒のビンですが、微妙な形をしていて下書きに40分以上費やしてしまい、彩色の時間が足りなくなって大慌てでした。それでも小生としては右奥にあるグラスを描くのに精力を注ぎこんで自己満足していたのですが、先生に主役を間違えるなと言われて今度はビンの方を手直ししたところで時間切れ。そんなわけで、なんとも中途半端な絵になねってしまいました。
ところで念のために一言。このグラスの中に入っているのは貝殻です。
コメント (4)

一色で描いた風景画(写真から) F(4)

2009-08-23 | 神社仏閣 建物 街並み等
ランキングに参加しました。よかったらクリックしてください。日記@BlogRanking

今日は風景を一色で描くという講座に出てきました。講師は青木美和先生で生徒は二十数名。以前、水彩画の技法の練習に静物を一色で描いた経験はありますが、風景となると初めての経験でした。
一色で描くのは、光りと影を描く練習方法としては最高ですね。一見難しそうですが、一色なら明暗だけを意識すればいいので、それなりの難しい面はあるにしても、慣れさえすれば普通に彩色するよりはむしろ単純で簡単かもしれません。

小生は茶色を使いましたが、もちろん色は自由です。特に女性の場合は紫とか緑とかで、大変メルヘンチックな雰囲気を出しておられました。
コメント (2)

バラ SM

2009-08-20 | 
ランキングに参加しました。よかったらクリックしてください。日記@BlogRanking

バラを描きました。バラは難しい。今までに7~8枚は描いたと思うけど、なかなか合格点に達しません。それでもこの絵は、今まで描いた中で自己評価一番です。先生に見せたら何を言われるかわかりませんが……
コメント (6)

牡蠣の貝殻 ハガキ大

2009-08-18 | その他静物
ランキングに参加しました。よかったらクリックしてください。日記@BlogRanking

隣町にあるヨットハーバーに行ってスケッチをしたあと、クラブハウスの3階にあるレストランで食事をしたのですが、そこに牡蠣の貝殻が沢山置いてあって、みんなで次回までにハガキ大の絵を描いてくる条件で二つずつ貰ってきました。この絵は一昨日それを思い出して、女子バレーを見ながらハガキ大のスケッチブックに直接水彩で描い絵です。いつも思うのですが、絵は(少なくとも水彩のスケッチは)時間をかけない方がうまく行きます。
コメント

寛永寺山門 ハガキ大

2009-08-17 | 神社仏閣 建物 街並み等
ランキングに参加しました。よかったらクリックしてください。日記@BlogRanking

今日は水彩画教室の仲間5名と上野の森美術館の「日本の自然を描く展」を観に行って、昼食の後、みんなでこの山門のすけっちをしました。暑いので簡単に済むようにとの打ち合わせ通り、全員がハガキ大か2号のスケッチブックと水筆のセットを持参していました。小生の携帯用のセットは12cm X 9cm。これだと葉書大のスケッチブックと一緒にウエストバッグに全て収まります。小さいので実質30分から45分で描き終わりましたが、小さい絵を描きなれていない人にとっては却って難しい面もあったようです。でも、長所は手軽で短時間である事。その点ではも皆さん気に入ったようでした。
コメント

夜に咲く花 (SM)

2009-08-16 | 
ランキングに参加しました。よかったらクリックしてください。日記@BlogRanking

月下美人とは良くぞ名づけたものですね。この花、蕾がついてから咲くまでかなりの日数がかかるのに、その日が来ると見ている間に蕾がどんどん膨らんで、夜中近くに満開となって朝起きるとちゃんとしぼんでいます。正に美人薄命。日本人好みです。因みに、この花びら食べられるそうですが試した事はありません。
コメント

日比谷公園 大噴水 2

2009-08-08 | その他の風景画
ランキングに参加しました。よかったらクリックしてください。日記@BlogRanking

今日の土曜スケッチ教室は日比谷公園の3回目。何を描こうか迷っていたのですが、現地に着いてみたらネパールの方々とその支援団体が郷土展のようなものをやっていて、緑の木々を背景にカラフルなテントが大噴水を囲んでいました。

描きやすいかどうかは別にして、水彩画の題材としてこれ以上の物はありません。ためらうことなくこの場所に決めて約二時間頑張ったあと、家でちょっと筆を足して仕上げました。噴水はこの前よりも感じが出ているかも……

今日は午前中はあまり暑くなくて助かりましたが、帰りには夏の太陽が照り付けて家に着いたら即水シャワー。生き返りました。夏はこれからが本番。スケッチと考えただけでうんざりしてしまいますが、でも結局はまた出かけるでしょうね……
コメント

夏の花 ヒマワリ (Esquisse)

2009-08-04 | 
ランキングに参加しました。よかったらクリックしてください。日記@BlogRanking

昨日の水彩画教室は夏の花「ヒマワリ」でした。教室でF(6)で描いたものを、先生のアドヴァイスと自分なりの反省点を考慮して書き直すつもりで、これはそのためのエスキースです。このエスキースで試みたかったのはバックの色。三種試して、ヒマワリにはやはり夏の空の色が似合うというのが小生の結論でした。

最近は花を描く時は花そのものを出来るだけ大きく描くのをモットーとしています。特にヒマワリのようなダイナミックな花は、画面いっぱいに描くと迫力が出ていいですね。
コメント

山中湖畔にて F(4)

2009-08-01 | 水辺、海、船のある風景
ランキングに参加しました。よかったらクリックしてください。日記@BlogRanking

今年は雨にたたられる運命にあるようです。木曜日、山中湖でスケッチを試みたのですがまたもや見舞われました。雲が低く、降っては止み降っては止みの繰り返しで一旦諦めたのですが、運よく車を止めておける場所が見つかって、この絵は車の中から描きました。
コメント