Rewords English英語塾

英単語をまとめて簡単に覚えられます。
英語塾を中心にしたフリースクールです。
読書会もやっています。

漢字(kanji)学習

2020-03-12 15:39:30 | 学習活動

文学作品を読みながら、色々な漢字を覚えましょう。

 

アレクセイ・カラマーゾフは、南ロシアの地主フィヨードル・カラマーゾフの三男である。

父親のフィヨードルは、55歳で惨殺されて、一躍有名(itiyaku-yuumei)になった。

フィヨードルの四兄弟の来歴(raireki)事件後の人生についてお話しよう。

 

コカインや覚醒剤でハイになっているヤツらと相対するには、こちらも同じ条件になっているほうがよい。

マローンは、興奮剤のデキセドリンを二錠飲んで、青いウイインドブレーカーを羽織り(haori)、バッチのついた吊るし(つるしturusi)ひもを胸に垂らす。

 

芝野は、窓から見える自由の女神を見下ろした。どんよりとした曇った空の中に自由の女神が背筋(sesuji)を伸ばして立っていた。

不思議なもので本当に自分たちがアメリカを征服(seifuku)したような気分になってきた。

80年代後半以降、破竹(はちく、hatiku)の勢いで世界の経済大国にのし上がったニッポンと翳り(かげり、kageri)を見せ始めたアメリカの対照的な構図が、ニューヨークのあちこちで見られたのである。

 

観光客でもビジネスマンでもないロシア人風の男が、繁華街と住宅街を歩き回り電車に一時間ほど乗って、発車間際に飛び降りて、寂れた(sabireta)喫茶店に入って何かを注文し料理が出てくるとトイレに行くふりをして店を出た。

男は再び都心に戻り延々(ennenn)と地下鉄を乗り継いで、東京の街中と住宅街を3時間ほど徘徊(haikai)し7時間かけて目的地に到着しようとしていた。

 

 

品川に東京レインボーネットという外国人労働者を支援する団体で働いていた女医がいた。

不法滞在の外国人を無料で診療(sinnryou)したり、だまされて風俗店に売られてくる女性外国人を保護(hogo)して帰国させようとする活動をしていた。

その女医が殺されたのだが、なぜか自殺ということで処理された。

他殺が自殺になったのは、警察庁上層部からの圧力であるのか公安筋の意向(ikou)であるのかは、確かめられなかった。

 

百舌事件とは、百舌(もずmozu)という殺し屋による殺人事件のことであるが、新聞の縮印版(shukuinnban)をひっくり返しても出てこない。政治的陰謀(いんぼうinnbou)が絡んで、表沙汰(おもてざたomotezata)になって騒がれることなく、事件化されず、隠蔽(いんぺいinnpai)され抹殺(まっさつmattsatu)されてしまったのである。

ごく一部の人間の記憶の中で化石の断片(dannpenn)のようにしてかろうじて残っているのである。

 

二カ所目の研修先は富士見診療所となった。毎回同じような不定愁訴(shuuso)を繰り返す老人患者の検診や問診ばかりしていると(utu)のような気分になって来た。手術室で症例経験を積み重ねている同期のことを考えるといても立ってもいられなかった。

 

 

 


コメント   この記事についてブログを書く
« クイズ | トップ | 七つの会議 ★★★ »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

学習活動」カテゴリの最新記事