街金オヤジの日記

貸付けの時の気分、取立て・追込み
そんな日常業務?を書いていきたいと思います。


広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

過払い訴訟

2006年07月29日 15時54分20秒 | Weblog
街金にとっては、とてもイアな言葉です。
ウチは、小口専門の返済は元利均等払いが中心ですので
いくら、弁護士や認定司法書士が過払い訴訟しても
彼等の思うような金額は出ません。
長期返済になりそうなお客さんは、全て協会規定の領収書を渡しています。
全てのサラ金は、貸付け金利は出資法に元づいて貸付けています。
いわゆる利制法と出資法の間のグレーゾンが有る為です。
業者に任意で返済しました。
証明するには、書類が必要なのです。
でも、今はそのルール空分化していますが....
過払い訴訟でいつも思います。
借入者がどうしても、その時必要なのでサラ金に申込みます。
そして、返済が困難になります。
弁護士・認定司法書士は、利制法で返済させます。(破産は除く)
契約当時は、出資法で契約しているのです。
利制法は、訴をもって出来るだけなのです。
勿論、刑事罰はありません。
でも出資法は、刑事罰があります。
俺の言いたいのは、始めから任意性が無いと言うのなら
申込の時点で、利制法を超える金利は支払うつもりはない。
そう言えばいいのです。
そのほうが、お互いにとっても良いことです。(貸す貸さないは別です。)
街金にとっては金利は商品なのです。
そして、申込されたお客さんの信用のバロメーターだと思います。
信用のある人は、利制法で貸付けるところに行けばいい
そこまで信用のない人は出資法で貸付けする業者なのです。
そこまで信用のない人が、訴をもって利制法に引き直し
そして、違法金利だから過払いで返還せよ?
バカ言え~銀行が相手にしてくれないからサラ金に来たのだろう.....
これでは、返済期日に約束通り返済している人の利益になりません。
なぜか?リスクは商品である金利に跳ね返るからです。
世の中は契約の社会なのです。
コメント

追い貸し

2006年07月28日 15時59分53秒 | Weblog
貸金業の業界紙の日本金融新聞の岸紀子氏の著書です。



毎月、月末になるとトテモ忙しくなります。
わが社の、優良?な債務者が給料が底を尽き家賃が払えないナドナド
追い貸しを求めてきます。
毎月キチンと返済していますので融資はしますが
全く計画性がありません。
これから盆に入り盆明けが忙しくなると思います。
借金を減らす事を考えていないのか....
でも、大手では相手にされない
お客さんです。
もう、借りるところが無いのに等しいのです。
そして、お客さんの懐に寄生しているのが街金なんです。
振込め詐欺で大阪の方が自殺したとニュースで報道していました。
多重債務者を騙すのは許せませんね....
まだ、高金利の短期の方が、貸付けしますので良心的かな?
そう思います。
でも、高金利ですら借りれなくなると
人間は理性が無くなり、冷静に考えても判断できる事ができないのです。
このブログ見られている方は、そこまで追い詰められいないと思いますが
多重債務者で借りれなくなり、取立てがあると人間はパニックになります。
本来、金利は市場に任せるべきなのです。
返済状況が良いお客さんは、安い金利で資金調達するでしょう。
多少リスクがある人は、現在の出資法でいいと思います。
高リスクの人は金利が高くても仕方が無いでしょう。
それ以外は、ご勝手にどうぞの世界です。





コメント

銭の報い

2006年07月23日 14時57分52秒 | Weblog
最近は、土・日曜日にブログの更新になってしまいました。
別にサボっているわけではありません。
ただ忙しいだけなんです。
7月21日は愛知県貸金業協会主催の法定研修会に出席してきました。
この間の最高裁の判決を受けて一部業務書類が変更になり
その書類の説明会と、現在の貸金業の流れの公演でした。
貸金業者としては、非常に有意義な公演でした。
俺の所も、最高裁の判決後は
貸付け金額が小口になりました。
30万円以上は、必ず公正証書を作成します。
もちろん債務者と一緒に公証人役場に行きます。
たまに公正証書作製しても、「そんな金額借りていません」
平気でウソつくバカな多重債務者がいるからです。
それと、今皆さん携帯電話お持ちですよね....
パソコンショップで携帯メモリーのバックアップするソフトで
債務者の携帯電話のメモリーを全部吸い取っちゃいます。
「お客さんは何で携帯電話を提出するの?」
「今、貴方の携帯電話のメモリーを吸い取っています。」
大体の債務者は顔が青くなります。
そこまでシナイと返済しないのです。
借金は、病気なのです。
この病気は、まず回復不可能なのです。
破産しても、街金は貸します。
街金が相手しなくなれば、ヤミ金が貸します。
そして、多額の借金が残り誰も相手にされなくなった時は
全てが終わるのです。
金を粗末にした報いなのです。

コメント

延滞者の嘘

2006年07月17日 07時44分15秒 | Weblog
街金の朝は以外に早いのです。
遅くとも朝7:00には事務所にいます。
俺の所は通常1人で営業しています。
どうしても事務所を出て行かないけない用事の時は
母親と嫁が留守番しています。
女性1人で街金の事務所の留守番は少し危ないので......
高齢者の転職もナカナカ大変なんです。
昨日も、ある建設会社に勤めているお客さんの会社が倒産しました。
この人は、機械音痴で未だにATMの操作が出来ない化石のようなお客さんです。
始めは、嘘をついているんだな....
そう思いましたが、でも本当に操作が出来なかったのです。
そのお客さんの返済が先月からありません。
いつもなら、持参するのですが連絡なし....
飛んだか?
街金は、昼間は営業(特に一人で経営しているので事務所から出ることが出来ません)
夜に取立てに行くのですが
ここ最近暑いのでエアコンかけていますよね~
おれが、玄関のチャイムを鳴らしたら
債務者のマンションのエアコン室外機即切れるのです。
部屋にいるのがバレバレなんです。
こんな時は、取立ての闘志がメラメラ湧き立つんです。
翌日この債務者が来店してきました。
会社が倒産して現在この会社に就職しました。
給料がまだ貰っていないので半月待ってください。
正直に言えば待ちますよ。
でも、その期日が迫っています。
そろそろ公正証書作製の時期かな?
そんな気分です。
この債務者は、以前サラ金の債務を踏み倒しています。
一度痛い目に遭わせないといけません。
街金は、その一瞬が勝負なんです。
人生の底辺の人間との戦いなんです。
債務者の言う事は全て嘘なんです。


コメント

国民年金納付率

2006年07月16日 06時07分56秒 | Weblog
社会保険庁は国民年金の納付率を平成19年度に80%の目標を断念
そして、役人の得意技である先延ばしするようです。
一般企業なら、倒産・整理の対象なのでしょう。
徴収率をアップする為に
国税庁と人事交流して
取立てのノウハウを学ぶらしいのですが.....
俺自身は、国民年金納付しています。
将来受け取れるとは
一切思っていませんけど.....
税金の控除のために納付しているに過ぎません。
確かに、社会保険庁の納付率アップの為の努力は認めます。
でもね...
ハガキ1枚送って納付しなさい?
それで納付期日に支払ってくれれば
サラ金会社は、本当に助かります。
でも、必ずいるのです。
一切の契約自体を無視するバカが........
人間社会は、契約・履行・懲罰
この、3点で成り立っています。
そして、権利・主張といった具合になるのです。
でも、こんなバカな連中は、権利・主張しか言いません。
こんな連中は、島流しでもして反省させるべきです。
俺の業界の中にもいます。
借りるだけで、一切返済しない連中が........
俺自身は、こんなバカこそ死んでしまえ~
そう叫びたい気分です。
そんな、不良客でも規制が適用されるのです。
それでも、所詮サラ金なんです。
大儲けしているから、そんな一握りの不良客いても痛くも痒くもないのだろう~
大手ならそうでしょうね。
でも、街金レベルは即経営に響くのです。
俺は、そんな不良客は一切許しません。
行方不明なら諦めますが、現にその地で生活基盤があり
ノウノウと生活している人間のクズは必ず追い込みに行きます。
先に述べましたが、中世から現代にいたるまで
人間社会は、契約・履行・懲罰が3大原則なのです。
3大原則を守れない人間は、人間ではありません。




コメント