街金オヤジの日記

貸付けの時の気分、取立て・追込み
そんな日常業務?を書いていきたいと思います。


広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

危険信号が点滅しています。

2008年02月04日 11時40分47秒 | Weblog
信用が収縮しています。
とても危険な事です。
資金需要者が資金調達しようと駆けずり回っています。
政治屋、役人、マスゴミは銀行・信金で融資してもらえば?
こんな無責任な考えなんでしょう。
商売をしている方なら体験しているでしょう。
銀行は、優良企業(大手)には優しいが、中小零細には冷たいってことを
当たり前ですけど。
今までは、銀行、信金、ノンバンクと住み分けができました。
なんら不都合もなく・・・・
頭の悪い正義ズラした一年生議員、後藤田たちがヒステリック騒ぎ立てた。
これに、庶民が同調してしまった。
国民性なのだろうがな・・・空気で判断してしまう。
とても危険な事とわからずにね・・・・
冷静に考えてもらいたい。
いわゆる「グレーゾーン金利」を撤廃することになったこと決まってから信用収縮がはじまりました。
29.2%までの貸出金利が許されていたのが、15%から18%までに引き下げることとなってしまった。
単純な連中は、貸金業者は儲けすぎだ・・・
貸付金利が下がって結構なこったと思っているだろうが、それは間違いなんだよ。
貸付金利が下がれば、与信が厳格になる。
貸倒を防ぐ為に、消費者や中小企業に貸し出しができなくなってしまった。
この愚法の一番の被害者は、貸し出しがストップすることで立ち往生している、中小企業・零細企業・個人事業主なのだ。
愚法のおかげで消費者金融のシステムが崩壊する。
すなわち、銀行が相手にすらしな中小零細業者が淘汰される。
我が国の事業者の99%が中小零細業者なんですよ。
そのうち15%の業者が破綻したとしましょう。
そんな想像したくもないが、我が国の経済が完全に経済が混乱するだろうね。
そして、構造的な不況に猛スピードで突入している事に気がつけよ。



アクセス解析




コメント (1)

創業がしにくい国・・・これじゃイカン・・・早急に是正しろ。

2008年02月03日 12時43分32秒 | Weblog
この国の悲劇は創業がしにくい事です。
手に職をつけて独立する人もいれば
現在の仕事をベースにして独立する方もいるでしょう。
独立して、一国一城の主になるのが夢をかなえても
当初予定していた蓄えで開業出来たのなら幸運でしょうね。
事業を起こせば、見えない出費があります。
そんな時に重宝するのが消費者金融です。
今回の愚かな法律は、経済の血液である銭の流れを完全に止めてしまいました。
経済を知らない愚かな裁判官が狂った判決をだして貸金業者は過払い請求・・・
この国は、本当に民主主義なのでしょうか?
過払いなんて一般的に知られていない時に契約して完済して過払い請求です。
以前の契約に遡って請求する・・・・こんな事が我が国で許されること自体異常なんです。
この国の今の景気の悪さを作ったのは?
愚かな政治屋、愚かな役人、愚かなマスゴミ、愚かな司法なんです。
そして、一番の被害者は・・・お解りですね。
確かに、消費者金融の利用者でパチンコ等の博打が原因の人もいます。
多重債務者が可哀相だから・・・そんな事を思う連中が異常だと思うが。
今回の愚かな改悪貸金業法は、経済の破壊法と言っても過言でない。
そして、日本の常識が世界の非常識と笑われても仕方がない。
(; ̄Д ̄)なんですと?


アクセス解析

コメント (2)

公証人からの指摘

2008年02月02日 23時15分57秒 | Weblog
金曜日の追加融資の申し出がありました。
もう吹っ飛ぶのは時間の問題の債務者です。
本来なら貸付け不可能です。
だが、今一度復活と言う事があるのなら信じてやりたい・・・
そう思い融資には応じました。
公正証書を作成が条件です。
いつものように貸付金利を29.2%で記入して
債務者に署名・捺印・貸付金額の受領書(領収書)・特定公正証書関連の書面に記入頂いて
公証人に書面をFAXしたらオヤジさんさん29.2%での書面では公正証書の作成が不可です。
今一度債務者に利限法の契約書に切り直して下さい。
そう回答を受けました。

へ・・・すっかり忘れていた。
やりにくいな・・・・
平成22年6月22日だったかかな?
上限金利がが引下げは・・・
なら、今後の貸付に対して公正証書ですね。
どうせ、借りる事が出来ない人が来ますから。

総量規制?文句があるなら貸金業者に言うなよ。
監督官庁である金融庁にクレームを言ってくれよ。
それに対して資金需要者に納得できる回答をだせよ・・・・
監督官庁に回答を求めても納得できる回答がなければ応援するから
食らいついていけよ・・・応援するからさ~

いかに、愚かで中小零細業者を潰す狂った法律だと・・・

どなるのかは知りませんが。(無駄な抵抗かもね・・・)

でも、一矢報いたいのです。
この不条理に・・・

ここまでくればヤケクソです。(#ノー_ー)ノ彡┻━┻彡┳━┳彡┻━┻エイヤッ!


アクセス解析




コメント

出来もしないのに格好つけるなよ・・・・

2008年02月02日 01時20分15秒 | Weblog
忙しくて更新をさぼりました。ヾ(゜д゜;) スッ、スマソ
債務整理に介入した司法書士とも和解条件が
1月末の一括返済なのですが入金がございません。
どうせこんな事だろうと思っていました。
さてと、追い込み・追い込み デ━━☆゜+.d(*゜∀゜*)b゜+.☆ ━━ス!!!
今回介入した司法書士は立て替えてでも決済するので
債務名義を取るのは、勘弁してくれと泣きついてきました。
でも、約定は約定です。
月曜日に入金がなければ簡裁行きです。
有ったとしても利息を請求します。
当然の権利です。
だから、行使させていただきます。
県庁に言うなら言えよ・・・
こちらも、やれる事はすべてやってやるから・・・・・
刺し違えてでもケジメは取るからな。
ナニが街の法律家じゃ~
笑わせるな・・・
約定も守れない法律家?クズだな・・・
いやクズ以下だな・・・ミギヨシd(´Д`_)三(_´Д`)bヒダリヨシ q(´∀`)イッテヨシ


アクセス解析






コメント

武富士が方針転換

2008年01月30日 09時10分39秒 | Weblog
苦境の消費者金融、あの武富士も新規融資を抑制

あの武富士も貸付を抑制しましたか~
他社が慎重に貸付していたが
武富士は小口で成約率を保ってきました。
地道にコツコツと顧客を増やしていく戦略だなって思っていました。
私のような零細業者なら出来るが
武富士みたいな、巨大会社には小口貸付は不向きじゃないのか?
そう思っていましたが・・・・・
新規開拓は結構なことです。
だが、消費者金融に申込みする人の数パーセントはカードで事故の経験がある人です。
大手の場合は、コンプライアンスを遵守します。
悪質な債務者は、そのコンプライアンスを逆手に取るんです。
とても悪質な奴らなんです。
私も、コンプライアンスは守ります。
だが、債務者が約定をまもった場合だけです。
守らないアホーには、コンプライアンスなんてシャラクサイ世界です。
一丁前なこと抜かすな・・・ ( ´・_ゝ・)´-_ゝ-)´・_ゝ・)´-_ゝ-)ウンウン
どちらにしても、貸金業者・カード会社が与信で貸付を絞った結果
資金需要者の資金繰りが急速に悪化しているのは確かです。
この国の為政者は庶民金融は不要だと思っている。
だが考えてみろよ~ 現在、大企業に成長した会社も創業時には資金調達で
庶民金融を利用していた事実を・・・
これから起業しようとする人に銀行が貸付するか?
保証協会が保証してとしても原資は税金だろ?
貸し倒れが発生したら誰がケツ持つのか?国民だろ (#゜Д゜)ゴルァ!!
愚法が、社会のシステムを破壊しているのは事実なんです。
この愚法の最大戦犯でもある大森泰人参事官は、「我々は10年後に歴史的な評価を受ける」と言っている。
そうだろうな~官製不況を意図的に作り出して
破産者を大量生産し、起業しようとする人間の芽を踏み潰した
最低な役人として歴史的な評価を受けるだろうな・・・・
消費者や中小企業といった、弱い借り手にお金が回らない。
そんな愚かな事をして我が国の経済を破壊して・・・・万死に値する。
(((((*´ェ`))†~~~神の名の元において立ち去れ


アクセス解析



コメント (4)