グーッ!チャリ!ぱ~だ!

映画とちゃりんこと、時々、ラーメン。
それぞれの感想は個人的意見っす!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

映画:アメイジング・スパイダーマン IMAX 3D

2012年08月31日 | あ行の映画

アメイジング・スパイダーマン IMAX 3D

【キャスト&スタッフ】
 監督:マーク・ウェブ 
 出演:アンドリュー・ガーフィールド、エマ・ストーン、リス・エヴァンス 

【作品情報】
 ジャンル:SF/ファンタジー
 製作年:2012年
 製作国:アメリカ
 配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

【あらすじ】
  8歳の時に両親が失踪した高校生のピーター・パーカーは、ある日、科学者だった父親が残した研究ノートを見つける。
 父の研究パートナーだったコナーズ博士をオズコープ社に訪ねたピーターは、そこで特殊なクモに噛まれて以来、身体に異変が起こり、不思議なパワーを発揮するようになってしまった。
 その頃、ピーターの父の残した数式をもとに異種間遺伝子交配の研究を完成させたコナーズ博士は、自分の体で人体実験を行っていた…。(goo映画より)

【感想】
 個人的にはかなり楽しめたのです。

 スパイダーマンの新シリーズは、バットマンとダークナイトのように劇的な雰囲気の違いというものは無い様に感じた。
 が、前シリーズを踏襲するような展開もありつつも、ラブストーリーに重みを傾けたストーリーも目が離せないものとなっている。
 これからのお話も楽しみだ。

 グーッ度:
 4点(5点満点)

 (ユナイテッドシネマキャナルシティ13にて 7/1鑑賞)

コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

映画:ラムダイアリー

2012年08月30日 | ら行・わ行の映画

ラムダイアリー

【キャスト&スタッフ】
 監督:ブルース・ロビンソン
 出演:ジョニー・デップ、アーロン・エッカート、マイケル・リスポリ

【作品情報】
 ジャンル:ドラマ
 製作年:2011年
 製作国:アメリカ
 配給:ショウゲート

【あらすじ】
 1960年、カリブ海に浮かぶプエルトリコのサンファンにある地元新聞社に、ジャーナリストのポール・ケンプがやってきた。
 NYでの生活から一転しようとここへ来たケンプだが、初日から二日酔いの出社だ。
 まもなくケンプは、企業家で地元の有力者のサンダーソンとその婚約者であるシュノーと出会う。
 サンダーソンはケンプを自分の計画に必要な人材と考え、仲間に引き入れようとするが、ケンプは美しいシュノーに心ひかれていく。(goo映画より)

【感想】
 すっぴんジョニデさん、久々に観たのです。

 白塗り、特殊キャラがお得意?のジョニデさん。
 今回は普通の人間で登場です。

 実在の人物にスポットを当てての本作。
 まぁ、ファンにのみ、、、ってトコかなぁ。

 グーッ度:
 3点(5点満点)

 (ワーナーマイカルシネマズ筑紫野にて 6/30鑑賞)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

映画:スノーホワイト

2012年08月29日 | さ行の映画

スノーホワイト

【キャスト&スタッフ】
 監督:ルパート・サンダース
 出演:クリステン・スチュワート、シャーリーズ・セロン、クリス・ヘムズワース
 
【作品情報】
 ジャンル:アドベンチャー
 製作年:2012年
 製作国:アメリカ
 配給:東宝東和

【あらすじ】
 念願の女王の座に就いたものの、彼女にとって継娘スノーホワイトは己の支配と永遠の美しさを脅かす存在であった。
 この若き娘を抹殺するため、邪悪な女王は刺客として狩人を送り込む。
 しかし、スノーホワイトは女王の策略の裏をかき、狩人から闘いの戦術と生き抜く術を教わるのだった。(goo映画より)

【感想】
 ワイルドな白雪姫なのです。
 
 「本当は怖いグリム童話」なんて一時期流行りましたよね。
 そんな感じでのダークでワイルドな白雪姫なのです。

 もののけ姫なのかジャンヌ・ダルクなのかって、オマージュなのか、、、なんだかごちゃまぜな雰囲気。。。

 新訳 白雪姫。まぁ、設定としては面白いと思うのだけど、、、リアリティに欠けラフすぎるんだな。。。

 それにしても、この娘は、姫のイメージではないなぁ。C・セロンさんの方が姫っぽかったりする。
 
 グーッ度:
 3点(5点満点)

 (ワーナーマイカルシネマズ筑紫野にて 6/17鑑賞)

コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加