グーッ!チャリ!ぱ~だ!

映画とちゃりんこと、時々、ラーメン。
それぞれの感想は個人的意見っす!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

映画:ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1(IMAX)

2010年12月07日 | は行の映画

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1(IMAX)

【キャスト&スタッフ】
 監督:デイビッド・イェーツ
 出演:ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソン、ヘレナ・ボナム=カーター、ロビー・コルトレーン、トム・フェルトン、レイフ・ファインズ

【作品情報】
 ジャンル:SF/ファンタジー
 製作年:2010年
 製作国:イギリス=アメリカ
 配給:ワーナー・ブラザース映画

【あらすじ】
 ハリー・ポッターは、17歳に成長。
 遂にホグワーツ魔法魔術学校の最終学年7年生となったハリーは、親友であるロン・ウィーズリーとハーマイオニー・グレンジャーと共に、宿敵ヴォルデモート卿の不死と抹殺の鍵である“分霊箱”を探す旅に出る。
 誰からの指導も保護もない中、今まで以上に3人には互いに信頼し合うことが必要だったが、彼ら自身の中に潜む闇の力が3人を引き裂こうとしていた…。
 次々に起こる試練に耐えながらも、ハリーはヴォルデモートとの最終的な戦いに、かつてないほど近づいていく……。(goo映画より)

【感想】
 いや~、やっと終わるのね。。。
 なんだか、彼等の成長を見ていると、僕も年をとったんだなぁとつくづく感じてしまう。

 しかしまぁ、ホントに続編だね。
 前作を忘れかけているので、なかなか追いついていけず。。。

 まぁ、なにはともあれ次が最後だね。

 ユナイテッドシネマキャナル13がIMAXシアターに生まれ変ったよ。
 早速行ってみた。
 中に入ると新車の香りがする。
 シートが豪華になって、スクリーンも上から下までデッカイ。
 映像は驚く程クリアーです。まるでアナログと地デジの違いと言ってもいいくらい。
 音響も迫力満点です。
 難点は、スクリーンが下まであるので、前の人の頭が気になるかも。。。
 3Dを見たらかなり違いがありそう。かな?

 グーッ度:
 3点(5点満点)

 (ユナイテッドシネマキャナル13(IMAX)にて 12/3鑑賞)

コメント   トラックバック (3)
この記事をはてなブックマークに追加

映画:リトル・ランボーズ

2010年12月07日 | ら行・わ行の映画

リトル・ランボーズ

【キャスト&スタッフ】
 監督・脚本:ガース・ジェニングス
 出演:ビル・ミルナー、ウィル・ポールター、エド・ウェストウィック、ジュール・シトリュック、ジェシカ・スティーブンソン、ニール・ダッジオン、アンナ・ウィング

【作品情報】
 ジャンル:ドラマ
 製作年:2007年
 製作国:イギリス=フランス
 配給:スタイルジャム
 上映時間:94分

【あらすじ】
 1982年、父親を亡くした少年・ウィルは、プリマス同胞教会の厳しい戒律のもと、テレビも見せてもらえない生活を送って来た。
 ある日、学校イチの悪ガキ、リー・カーターの家で、ウィルは初めて映画『ランボー』を観る。
 ランボーにかぶれてしまったウィルは、リーと一緒に、捕らわれたランボーを救出しに行く冒険映画を撮影することにする。
 正反対の二人だったが、監督と主演俳優として過ごす間に、だんだんと友情が芽生えていく。

【感想】
 こういう映画は好きだなぁ。

 子供の頃って想像力の宝庫、次から次へと無尽蔵に溢れてくる。
 様々な環境あったとしても想像する事は自由だ。

 そしてその想像を映画というかたちで創造する。。。
 その過程を友情とランボーへのオマージュを交えながら描いていく、
 ハートウォーミングなラストに向けて。

 ランボー、勝ち目がないであろう戦いに単身で立ち向かう。
 二人の少年の現状にも似て。

 宗教的なトコがよくわからなかったりするし、マセすぎな小学生に苦笑いするが、
 とってもいい映画でした。

 グーッ度:
 4点(5点満点)

 (ソラリアシネマにて 12/3鑑賞)

コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加