グーッ!チャリ!ぱ~だ!

映画とちゃりんこと、時々、ラーメン。
それぞれの感想は個人的意見っす!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

映画:ミックマック

2010年10月28日 | ま行の映画

ミックマック ←クリックでオフィシャルサイトへ

【キャスト&スタッフ】
 監督・脚本:ジャン=ピエール・ジュネ
 出演:ダニー・ブーン、ドミニク・ピノン、アンドレ・デュソリエ、ニコラ・マリエ、ジャン=
ピエール・マリエル、ヨランド・モロー

【作品情報】
 ジャンル:コメディ
 製作年:2009年
 製作国:フランス
 配給:角川映画
 上映時間:104分

【あらすじ】
 ビデオ店に勤めるバジルは、発砲事件に巻き込まれ一命は取り留めたものの、銃弾を頭の中に残
したまま生きてゆく羽目になる。
 入院中、仕事も住む部屋も失いホームレスとなるが、【ギロチン男】ことプラカールに拾われ廃
品回収業を営む一団に加わることに。
 ある日、頭の中の銃弾と、30年前に父の命を奪った地雷それぞれの製造・販売をする二つの巨大
企業を突き止める。
 バジルは仲間たちと知恵を絞って報復作戦を開始する。(goo映画より)
 
【感想】
 ボクの大好きな監督の一人、ジャン=ピエール・ジュネ監督の最新作。

 なんともこの不可思議な愛すべきキャラクター達。

 可愛くばかばかしくもある「イタズラ」・・・
 それとは対照にこめられたテーマはとても深い。

 「世界が平和でありますように」

 まさに、そのコピーにピッタリ。

 とっても大好きな映画です。

 グーッ度:
 5点(5点満点)

 (ソラリアシネマにて 10/2鑑賞)

コメント (2)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

映画:TSUNAMI-ツナミ-

2010年10月28日 | た行の映画

TSUNAMI-ツナミ- ←クリックでオフィシャルサイトへ

【キャスト&スタッフ】
 監督・脚本:ユン・ジェギュン
 撮影:キム・ヨンホ
 編集:シン・ミンギョン
 出演:ソル・ギョング、ハ・ジウォン、パク・ジュンフン、オム・ジョンファ、イ・ミンギ、カン・イェウォン、キム・イングォン

【作品情報】
 ジャンル:パニック
 製作年:2010年
 製作国:韓国
 配給:CJ Entertainment Japan、パラマウント ピクチャーズ ジャパン
 上映時間:107分

【あらすじ】
 遠洋漁船に乗っていたマンシクは、事故と津波により、幼なじみのヨニの父を死なせてしまう。
 そのため、ヨニへの想いをなかなか打ち明けられずにいた。
 マンシクの弟で海洋救助隊員のヒョンシクは、海で溺れていた若い女性ヒミを助ける。
 一方、地質学者のキムは、日本海で連続して発生している地震から、やがて巨大な津波が韓国の
沿岸を襲うことを予告。
 そして、とうとう“その日”がやってきた。(goo映画より)
 
【感想】
 これは、ディザスタームービーなのか・・・
 ギャグ映画なのか・・・

 中途半端な感じは否めない。

 グーッ度:
 2.5点(5点満点)

 (ユナイテッドシネマ福岡にて 9/27鑑賞)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

福岡国際映画祭:マニラ・スカイ

2010年10月26日 | 福岡国際映画祭

マニラ・スカイ ←クリックでオフィシャルサイトへ

【作品情報】
 2009年/フィリピン/98分
 九州初上映

【スタッフ&キャスト】
 監 督: レイモンド・レッド
 出演者: ラウル・アレリャーノ、ジョン・アルシリヤ、スー・プラド

【作品概要】
 ロンブロン島の貧しい村。
 学校にも通えなかった少年は、大人になって海外への出稼ぎを決心するが、なかなか受け付けてもらえない。
 追い詰められ、どん底まで落ちた彼のとった行動とは。
(福岡国際映画祭公式HPより)

【感想】
 頑張っても、思うようにいかない。
 鬱屈した苛立ちは、徐々に澱のように溜まっていく。
 その様をよく描いている。映画の作りとしてもおもしろいものとなっている。

 世界的不況がまだまだ続いている今、このやり場の無い苛立ちはフィリピンだけでない。

 (福岡国際映画祭:エルガーラホールにて 9/26鑑賞)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加