グーッ!チャリ!ぱ~だ!

映画とちゃりんこと、時々、ラーメン。
それぞれの感想は個人的意見っす!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

前売り特典:オーストラリア

2009年02月27日 | 映画前売り券の特典

オーストラリア

の前売り特典を紹介します。

2月28日公開予定です。

今や世界一セクシーな男性、ヒュー・ジャックマンと、
今でも世界一セクシーだと思える女性、ニコール・キッドマンの
奇跡の競演

映画の内容はもとより、
二人の美貌にも見惚れたいと思います。

特典は、「グローホルダー」です。

コメント

前売り特典:ストリートファイター ザ・レジェンド・オブ・チュンリー

2009年02月27日 | 映画前売り券の特典

ストリートファイター ザ・レジェンド・オブ・チュンリー

の前売り特典を紹介します。

2月28日公開予定です。

特にな~んも期待するワケでもないのですが、
かつてストⅡではもっぱら春麗を操作していたので、
前売り券を買ってしまいました(^^;)
会社帰りビール片手のお気楽鑑賞したいと思います。

特典は「チュンリーのスピニング・バードキーホルダー」です。
 
 

コメント

映画:動物農場

2009年02月27日 | た行の映画

動物農場 ←クリックでオフィシャルサイトへ
ANIMAL FARM

【コピー】
 今、豚は太っていない。

【キャスト&スタッフ】
 監督・製作・脚本:ジョン・ハラス、ジョイ・バチェラー
 原作:ジョージ・オーウェル
 ナレーション:ゴードン・ヒース
 声の出演:モーリス・デナム

【作品情報】
 ジャンル:アニメーション
 製作年:1954年
 製作国:イギリス
 配給:三鷹の森ジブリ美術館

【あらすじ】
 残忍な農場主に虐げられて暮らしてきた馬、牛、ブタなどの動物たちは、人間たちに耐え切れず、2匹の有能なブタ、スノーボールとナポレオンを先頭に、革命を起こす。
 人間を追い出した動物たちは、「全ての動物は平等である」という理想を掲げ、自分たちで農場経営を始める。
 しかし、順調だったのは数ヶ月だけ。動物たちに仕事を教えていたスノーボールとナポレオンが対立を始め、やがて農場はかつてよりひどい有様に…。(goo映画より)

【感想】
 アニメという形態をとっておりますがかなりシニカルでショッキングな映画でした。

 荘園農場を一つの国家と見立て、崇高な理念の元に革命を成しえたものの、権力を別の者に強奪され、その権力を得た一部のものがどのように脅迫、洗脳、搾取するのか、そしてその利権に群がる他者(他国)がどのように関与するのか、擬人化したアニメにより鋭く解りやすく映像化しております。

 いろんな場面を区切って観ても現代の世界の一部のピースに嵌ってそうで、空恐ろしささえ感じてしまいます。

 グーッ度:
 4点(5点満点)

 (シネテリエ天神にて)

コメント

映画:7つの贈り物

2009年02月23日 | な行の映画

7つの贈り物 ←クリックでオフィシャルサイトへ
Seven Pounds

【コピー】
 あなたなら、受け取れますか?

【キャスト&スタッフ】
 監督:ガブリエレ・ムッチーノ
 出演:ウィル・スミス、ロザリオ・ドーソン、ウディ・ハレルソン 、バリー・ペッパー、マイケル・イーリー

【作品情報】
 ジャンル:ドラマ
 製作年:2008年
 製作国:アメリカ
 配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
 上映時間:123分

【あらすじ】
 男の名前はベン・トーマス。
 ベンは7人の名前が載ったリストを持っている。
 彼らは互いに何の関係もない他人同士。
 ベンは彼らに近づき、彼らの人生を調べ始める。
 そして、ある条件に一致すれば、彼らの運命を永遠に変える贈り物を渡そうとしている。
 ベン・トーマスとは何者なのか?彼の目的は何なのか?そして、贈り物の中身とは…?(goo映画より)

【感想】
 ヒット作に立て続けに出演し乗りに乗っているといっても過言ではないウィル・スミス氏。
 今回は難しい役どころを熱演。

 どういった展開なのか読めない序盤は「?」がつきながら辛抱強く観る。
 少しづつ、彼に起こった事、彼が贈ろうとしているものが判るにつれ愕然とします、選択肢はそれしかなかったのか・・・と心が震え涙が止まらなくなってしまった。

 賛否ありそうな映画ではありますが、泣けます。

 グーッ度:
 4点(5点満点)

 (ユナイテッドシネマ福岡にて)

コメント   トラックバック (1)

映画:チェンジリング

2009年02月23日 | た行の映画

チェンジリング ←クリックでオフィシャルサイトへ
Changeling

【コピー】
 どれだけ祈れば、
       あの子は帰ってくるの──?

【キャスト&スタッフ】
 監督・製作・音楽:クリント・イーストウッド
 出演:アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ、ジェフリー・ドノヴァン、コルム・フィオール、ジェイ
ソン・バトラー・ハーナー

【作品情報】
 ジャンル:スリラー/サスペンス
 製作年:2008年
 製作国:アメリカ
 配給:東宝東和
 上映時間:142分

【あらすじ】
 1928年。
 ロサンゼルスの郊外で息子・ウォルターと幸せな毎日を送る、シングル・マザーのクリスティン。
 だがある日突然、家で留守番をしていたウォルターが失踪。
 誘拐か家出か分からないまま、行方不明の状態が続き、クリスティンは眠れない夜を過ごす。
 そして5ヶ月後、息子が発見されたとの報せを聞き、クリスティンは念願の再会を果たす。
 だが、彼女の前に現れたのは、最愛のウォルターではなく、彼によく似た見知らぬ少年だった。(goo映画より)

【感想】
 監督としても衝撃的かつ感動的な作品を世の中に送り続けているクリント・イーストウッド氏。

 今作も実話を基にセンセーショナルで涙なくしては観る事ができない感動作となっております。

 男勝りでダイナミックな役どころが多いアンジー、今回は静かながら気丈で芯の強い女性を好演、彼女の違う一面を見る事ができるでしょう
 アカデミー賞主演女優賞はパートナーのブラット・ピットと共に逃しましたが、その彼女の熱演振りは見所のひとつで
す。

 この話が実話に基づいているという事にはかなりのショックを受けました。
 一般市民がただなるぬ事態に遭遇した時に
頼るべきところは警察しかない・・・。
 日本でも警察の職務怠慢や不祥事があちこちで聞かれる昨今、ここまで非道くはないものの多少は。。。
 マスコミも鵜呑みにできないといことも含めて、何を信ずるべきか・・・考えさせらる。

 母親の子供への一途な愛情という感動的な映画であると共にサスペンス的にも楽しめるものでした。

 グーッ度: 
 4.5点(5点満点)

 (ユナイテッドシネマ福岡にて)

コメント

前売り特典:7つの贈り物

2009年02月20日 | 映画前売り券の特典

7つの贈り物

の前売り特典を紹介します。

2月21日公開予定です。

ウィル・スミスさんの最新作。

予告編を見る限りは感動作のよう。
はたして・・・

特典は「オリジナル・フローティングキャンドル」です。

コメント

前売り特典:ハルフウェイ

2009年02月17日 | 映画前売り券の特典

ハルフウェイ

の前売り特典を紹介します。

2月21日公開予定です。

まず、岩井俊二監督がプロデュースしているとういう事に大注目!
スクリーンで観る彼の美しい映像は毎回感動させられる。
予告編とこの特典を見る限りは、その映像も期待できそう。

そして監督の北川悦吏子さんは、
「ロングバケーション」「ビューティフルライフ」など
数々の人気TVドラマで脚本を担当している。
今回は、脚本もあわせて監督にも挑戦している。

出演者のアイドル性も話題ではありますが、
映像とストーリーにかなり期待してます。

特典は「クリアフォルダ」です。



コメント

麺家 もち月:ラーメン

2009年02月15日 | 福岡市博多区のラーメン

麺家 もち月:ラーメン

以前から気になっていたお店でしたが、
ボクの行動圏外なのでなんとなしに行きそびれてました・・・

今日こそは!
と意気込んできました!

博多駅からトボトボと歩いて十数分。
思っていたよりも近いし迷いもしませんでした。

お店のなかにはなんともオシャレなミュージックが流れております。

メニューを見ると期間限定の「魚介豚骨」なんてラーメンがあります。
今、流行の魚介系をプラスしているのか!
ま、でもお初なので基本メニューの「ラーメン」を注文。
セットメニューも気になります。
半ギョウザのAセットに
黒豚デカしゅうまいのBセット→そそられますなぁ。
Cセットは・・・
豚骨カレー丼!? ⇒決定!

(あれ、昨日も別の店で同じようなメニューを食べたぞ・・・ま、いっか!)

濃厚でコッテリめですが、いやなしつこさもなく、
最後までオイシく飲み干せます。
麺はツルツルでのど越しがいいですね。

器もシャレてます。

、おおぶりのチャーシューにうずらの卵も可愛く
見栄えもキレイです。

 

カレーも、またシャレた器に入ってます。

店内はお昼時をちょっと過ぎていて、
お客さんの数も少し落ち着いてきた事もあってでしょうか
写真を撮っていたら、店長さんが話しかけてきました。
「ブログされているんですか?」
「ダレダレのブログ観て来たんです、ってお客さんもいらっしゃるんですよ」と、
で、携帯はしをしまおうとしていたところ、
「洗いましょうか」と洗ってくださいました。

そんな店長さんの気さくな人柄と共に、
コッテリめですが女性にもオススメできる、
とってもウマいラーメンでした。

らーめん:550円
セットメニュー:+230円
A:小ごはん+半ぎょうざ
B:小ご飯+黒豚デカしゅうまい
C:豚骨カレー丼

住所:福岡市博多区博多駅南4-17-6

コメント

映画:ララピポ

2009年02月15日 | ら行・わ行の映画

ララピポ ←クリックでオフィシャルサイトへ

【コピー】
 みんな、
 おかしいほど、
 生きている。

【キャスト&スタッフ】
 監督:宮野雅之
 原作:奥田英朗
 脚本:中島哲也
 出演:成宮寛貴、村上知子、中村ゆり、吉村崇、皆川猿時、濱田マリ

【作品情報】
 ジャンル:コメディ
 製作年:2009年
 製作国:日本
 配給:日活

【あらすじ】
 風俗スカウトマンの栗野は女に声をかけ、囲った女を部屋に連れ帰っては一晩中セックスの相手をする日々。
 そんな栗野の階下の住人・杉山は、栗野の女のあえぎ声でオナニーをするのが日課だった。
 ある夜杉山は声優志望の太った女・小百合と出会い、久々のセックスにハマる。
 しかし小百合はデブ専の裏DVD販売を生業としており、杉山との情事も隠し撮りしているのだった……。(goo映画より)

【感想】
 原作は読んでいませんが、奥田英朗さんの作品という事と脚本が中島哲也さんという事で期待していたのですが・・・。

 シュチュエーション毎に、世の中には2種類の人間しかいない・・・というテーマのもと、なんとも赤裸々に描かれています。

 なんだか、ボクにもあてはまるようなところもあったりして・・・、
 すくわれないなぁ・・・なんて思って観ていたが、最後には、ま、それでもいいか と感じさせられる。

 人はそれでも生きていく。ま、それでいいか!

 グーッ度:
 2.5点(5点満点)

 (シネ・リーブル博多駅にて)

コメント

船津商店:らーめん

2009年02月14日 | 福岡市西区のラーメン

船津商店:らーめん(もやしトッピング)

先週、「ラーメン処 満」に行った。
ラーメンWalkerの記事によると、
船津商店も元店長が開いたお店らしい。

で、船津商店は今?
と気になり、何年振りかにきました。

厨房を覗くも、昔と今だれか変わったのかなんてわからず・・・。

以前はラーメン1杯380円とかなりのリーズナブルな価格設定でしたが、
昨年の諸般の影響からか、50円値上がりの430円となってます。
仕方ないにしてもショッキングですなぁ。

で、食いしん坊くんにはウレシイ
ラーメンとカレーのドラゴンセットを注文。
ラーメンとカレーなんて、ちと反則的な組み合わせではありますよね。
こちらはセットで600円が650円とラーメン分の値上げのみですね!

そんでもって、ちょいとアッサリといきたかったので「もやし」をトッピングしました。

味も多分、以前と変わってはいないようですね。

決してカレーライスではない、
このライスカレー、なんだか好きなんですよね~
なつかしさを感じさせられて。

下品な食べ方なのかもしれませんが、
こういったライスカレーは、
ぐるぐるにご飯とカレーをかき混ぜて食べるのが好きなんです・・・
(周りに人がいたらしませんが)

店長と値段は変わったのかもしれませんが、
味は以前と変わらないものでしたよ!

らーめん:430円
ドラゴンセット(ライスカレー+らーめん):650円
トッピング(もやし):60円

住所:福岡市西区小戸5-1-1

コメント (2)