グーッ!チャリ!ぱ~だ!

映画とちゃりんこと、時々、ラーメン。
それぞれの感想は個人的意見っす!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

レストラン こだち(道の駅 小石原):黒ごま麺(えび天付)

2012年05月19日 | うどん・そば

レストラン こだち(道の駅 小石原):黒ごま麺(えび天付)

新チャ購入につき、
サドルを何にしようと思案中。
フィジークのテストサドルを装着して、
福岡センチュリーランのコースを試走。

途中休憩のランチに、
道の駅 小石原に寄りました。

メニュー名の通り、
黒ごまが練り込まれております。
変わり麺が特徴的ですな。

黒ごま麺(えび天付):680円

住所:朝倉郡東峰村小石原941-3

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

山岐庵:ごぼう天うどん

2012年05月18日 | うどん・そば

山岐庵:ごぼう天うどん

ワーナーマイカルシネマズ筑紫野で、映画鑑賞後のお昼ご飯に。
二日市駅近辺の旧3号線沿いにあります。

お昼時の繁忙期とあってでしょうか、
さぬきの手打ちとありますが、
注文して間もなく来たソレは、
間違いなく茹で置き。
麺のニュアンスと、
キリッとおいしいスメは、
博多うどんなのです。
地域に根差した良店ではないでしょうか。

住所:福岡県筑紫野市二日市南3-10-1

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

牧のうどん 大野城店:ごぼう天うどん

2012年05月01日 | うどん・そば

牧のうどん 大野城店:ごぼう天うどん

言わずと知れた、福岡のうどんの代表的なお店。
ボクも好きで、たま~に行くのです。

この間「ドォーモ」でも取り上げられていて、
牧のうどんのCMコーナーって感じで。。。

その中で知る人ぞ知る?なメニューを紹介していた。
じゃ行ってみよ~って事で、ツレアイと昼飯に。

で、ココ 「大野城店」 は最近、
改装というか店舗建て直しなのか、
新たに開店してます。


細麺は時間がかかるとの事ですが、
初志貫徹で注文。
回転の早い牧のうどんにしては、
確かに時間がかかるけど、
そ~んなに待ちません。

ツレアイは「ごぼう天うどん」、
ボクは「もやしうどん」を注文です。

確かに細いね~。
牧のうどんの常識を覆すもの。
サプライズなのです。

ツレアイは、牧のうどんの食べれば食べるほど、
量が増える(麺がスープを吸ってどんどん膨れるので)のが、
苦手だったらしいのだけど、
コレだったら食べられる、と絶賛。

確かに面白いのど越しは嵌りそうだ。

住所:福岡県太宰府市大字向佐野364-1

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

武蔵そば:武蔵そば

2012年04月30日 | うどん・そば

武蔵そば:武蔵そば

今年の1月上旬の事です。

2011年末に「秘密のケンミンshow」で取り上げられたお店です。
ツレアイは昔からたまに行っていたらしいのですが、
ボクは行った事がなく、
じゃ、行こうって事で。

テレビの影響はスゴイのね。
こんな張り紙が出ていました。
行列もたくさんできてましたし。

ボクは、武蔵そばを注文。

とろみがかかったスープ。

そして特徴的な揚げ出しトーフのなかにゆず胡椒がたっぷり入ってます。

くずしながら、溶かしながら食べすすめます。

鯖の押し寿しを付けて頂きました。

ツレアイは、カレー南蛮そばを注文です。

武蔵そば:770円
カレー南蛮そば:720円

住所:福岡県春日市原町1-78

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

武膳 福岡パルコ店:ごうぼう天と牛とじ丼

2011年03月04日 | うどん・そば

武膳 福岡パルコ店:ごうぼう天と牛とじ丼

去年の福岡国際映画祭の頃です。

昼飯時、目を付けていたこのこのお店に。



今やメジャー中のメジューとなった、豊前裏打ち会。
今度は天神の真ん中、パルコの地下に出現。

西区の「大地のうどん」が大好きなので、期待してたのだけど。。。



豊前裏打ち会の麺にしては、コシがないんだな。
博多うどんのコシが無いのも好きなのだが、
ココはそのモードじゃないでしょ。。。と。

スメはめっちゃウマいのでまことに残念。


あれから行っていないが、今はバージョンアップしてるかも知れませんね。

ごうぼう天と牛とじ丼:850円

住所:福岡県福岡市中央区天神2-11-1-B1F

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日田天領 関所うどん:海セット

2010年03月02日 | うどん・そば

日田天領 関所うどん:海セット

最近は出張が多い・・・

久しぶりに会社に出てみれば、
櫛田神社の斜め前に、
こんなお店がオープンしている。

ここら辺はうどん横丁だなぁ。

すぐそばには「赤ちょこべ」や「虹の家」、「木屋」、
老舗の「かろのうろん」にちょっと足を伸ばして「みやけうどん」などなど。

さすがは、
博多がうどん発祥の地という説の石碑がある承天寺のお膝元の事はある。
(承天寺にはこんな石碑もありますよ)

さて、2月にオープンしたばかりらしいこのお店。
日田はやきそばをご当地グルメとして売り出しているが
うどん屋さんのウワサはあまり聞いた事がない気もするが。。。
日田市にあるお店の支店である事は間違いない。

入り口には、店員さんが懸命にアピールをしておられます。

食券を先に買うシステムのよう。
ランチは海セットか山セットがオススメですとは先の店員さん。
季節に合わせて具は変わるようです。

ならば、かき揚げ気になった海セットを注文。

それ程待つこともなく登場したうどんは具沢山。
かき揚げにまる天、とろろ昆布、海藻、芋の天ぷらにふきのとうの天ぷら。。。
これじゃ海山セットじゃんと思いつつ、少しウレシイ。

個人的にはあまり具が多すぎるのは好みではないのですが、
タマにはこういうのもいい。

今度はシンプルなうどんにチャレンジしてみよう。

海セット:600円

住所:

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

カレーうどん千吉 田町店:千吉カレーうどん(ご飯付)

2009年12月07日 | うどん・そば

カレーうどん千吉 田町店:千吉カレーうどん(ご飯付)

先週、東京は芝浦に出張。
麻布ラーメン芝浦店の隣りにカレーうどんの専門店がある。
って事で気になりmaxなので行ってきました。

数分、お店の外で並んだあと、カウンターに案内されました。

隣りには、金髪もゴージャスな外国人女性が。
カレーうどんにちくわ天をトッピングしている。なんて通的なオーダーなんだ。
英字新聞を読みながら、ちくわ天うどんにかぶりついている。
なんだかカッケー!
と妙にカンドー。

事前に紙製のエプロンを配ってくれます。
(エコには反する気もしますが、心配りはウレシイですね)

和洋折衷というか、
和風のダシにミルクが入ってクリーミー&スパイシー。
麺もモチモチ。
スープパスタ的な雰囲気もあったりして、
外国の人にも受けるのもわかります。

千吉カレーうどん:680円

住所:東京都港区芝浦3-12-3

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中世博多うどん やす川:ごぼう天うどん

2009年11月20日 | うどん・そば

中世博多うどん やす川:ごぼう天うどん

ここも最近(数ヶ月前)オープンしたお店。

中世博多うどんとはなんぞや?
と、気になりつつメニューも見ずに「ごぼ天うどん!」
と注文すると・・・。
玉数を聞いてきます。
一玉~三玉ままでは同じ値段のようです。
(わっ!懐かしい!これはボクの地元大分は鳴門うどんを思い出す!
高校生の頃よく食べたなぁ・・・)
「男性の方は二玉を注文される方が多いですよ~」
と、店員さんの言葉に我に帰り。
二玉を注文。

器の大きいこと!
(これも洗面器大の器だった鳴門うどんを思い出す。
今度の正月、実家帰ったら鳴門うどん行って見っかなぁ~)

看板にも書いてますが、
ゴロ挽き粉を使っているという事で、
麺の色は真っ白じゃありません。
これが中世博多うどんなんざんすね。
博多うどんの食感ですなぁ~。
スメがウマイっす。

ただ、値段はちと高めですなぁ~。
はじめから二玉以上を注文される想定での値段設定と思われてもしょうがないかも。

うどん(三玉まで同額):450円
ごぼう天:150円

住所:福岡市博多区上呉服町2-121

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

しん田:鶏南蛮うどん(なな定食)

2009年05月10日 | うどん・そば

しん田:鶏南蛮うどん(なな定食)

写真を撮ったが投稿していないものがいくつかありますので少しずつ紹介します。

日付は4月上旬です。

はかた座近くに昨年開店したこのお店。

お昼時、ひっきりなしに近くのサラリーマンがお店に入ってきます。

日替わりうどん かしわといなり(各1個)の「なな定食」を注文しました。
この日は火曜日でしたので「鶏南蛮うどん」です。

麺は、モチっとした感じで博多でもなく讃岐でもない。
網場うどんとあるが、それなのでしょうか。

スメは色は濃いけども、見た目とは違う。
鶏南蛮ということもあってその甘みも加わってかなりマイルドです。

なな定食(日替わりうどん+かしわといなり(各1個)):700円

住所:福岡市博多区綱場町4-12

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

博多あかちょこべ:ごぼう天うどん

2009年05月08日 | うどん・そば

博多あかちょこべ:ごぼう天うどん

写真を撮ったが投稿していないものがいくつかありますので少しずつ紹介します。

日付はこの間(4月末)です。

先月末にオープンしたらしいこのお店。

古式胚芽うどんの提灯が下がってますが、
「?」がつきつつ入店。

新規オープンの割りに、お客さんが次から次と訪れます。
もはや人気店なのでしょうか。

ごぼう天うどんを注文しました。

ゆで置きでないのでしょう。
注文してから、しばしの待ち時間があります。

麺にかなりの特徴あり!
平打ちの麺は、
黒っぽいゴマ状に入った胚芽が特徴的。
提灯の古式胚芽うどんに納得。
コシもあるしツルツルっともいける。

スメもごぼう天も、なかなかにウマイ!

会社近くなので、お昼時ちょくちょく寄るかも、
そんでもって夜もやってるらしいのでちょい呑みに寄るかも。

ごぼう天うどん:480円
かしわめし:250円

住所:福岡市博多区冷泉町7-10

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加