れいぶろ(・ω・)ノ
「好きなことを楽しく」
大航海時代onlineを好奇心・探求心を持って考察していきます(・ω・)ノ




ブレイブリーデフォルトでは、土地3枚同時に塗ることが大事になっております。

ほぼこの方法は確立しておりますが、これから始められる方やまだご存知ない方のためにまとめておきたいと思います。

基本形から応用編などもありますが、まずは基本のみについてまとめていきたいと思います。

 

 

【1】 基本形Ⅰ

(1)土地が塗られていない状態 ~ キープについて

例として風オベリスク火オベリスクに攻めるという設定でお話いたします。

(私が風勢力メインで、赤が見やすいから火オベという単純な理由です)

土地が一切塗られていない状態であれば、双方攻めることができます。

 

*この際、白土地を戦闘中にして、キープするという戦術があります。

戦闘中にしておくことで、白土地のまま維持することができます。この戦闘状態を他勢力は邪魔することはできません。

戦闘は5分ですから、それを維持することで、容易に火オベを攻撃することができます。

この「戦闘中にして白土地状態を維持すること」を通称「キープ」と呼んでいます。

戦略的価値が高い(クリスタルがたくさん貯まっている、突入口になる、防衛のために絶対に落としたい等)オベリスクにおいて、このキープは絶大な威力を発揮します。

土地を塗られる心配がないため、安心して攻撃できるからです。

キープはLV1のキャラでもできるため、気づいた人はどなたでもできるとても有効な手段です。ぜひ覚えていただきたいと思います。

 (逆に、相手がノーガード、戦略的価値の低いオベリスクにはキープをあまりする必要がありません)

 

(2)土地が塗られている状態 からの3枚あけ

火が攻撃されないように、3枚土地を塗っている状態です。よく見る状態です。

風は火のオベリスクを攻撃するためには確実に3BPを消費する必要があります。

しかもバラバラに塗っては、塗ったり塗られたりして余計に時間とBP消費がかさみ、結果勝つことは難しくなります。

そこでこの記事で説明する「3枚同時あけ(3枚ぬり)」が必要になってくるのです。

 

①3つ(手前・中・奥)とも戦闘中にする

火土地に3人が土地塗りに入りました。戦闘制限時間が5分と限られているため、入るタイミングはできるだけ同じが望ましいですが、それほど大事ではありません。むしろ開けるタイミングこそが大事となります。

どんなに弱い人の土地を攻撃するにあたっても、クリック、キャラ選択、戦闘開始、コマンド入力、戦闘、結果表示まで最低30秒はかかります。普通の人で1分、強い人なら2分~それ以上は持つことでしょう。3枚同時に開けることで、火オベを攻撃できますし、タイミングをそろえて追撃も入れます。土地塗りBPも最小限にとどめることができます。

この戦闘はとても重要な意味があります。

A・入った人は「手前」「中」「奥」と声を出す。

B・いつでも倒せる状態になったら、「いつでも」「整いました」など声を出す。

C・もし負けたら「負けました」、倒せるか分からないがギリギリの状態のときは「次全力で行きます」など声を出す。

D・残り時間が1~2分になったら「あと〇分です」等声を出す。

E・あけるときは「あけます」「あきます」と声を出す。

F・合図で一斉に土地を開ける。

これらの手順が必要になります。大変煩雑ですが、3枚あけには欠かすことのできない連携です。

【Bに関して、いつでも倒せる状態とは】

(てつじ氏防衛と)

図のように、相手を一人だけにして、あと忍者の剣神乱舞するだけ、などの状態を言います。

残すキャラは「プレッシャーや天網恢恢など、こちらの行動を阻害するアビリティーがない」「鉄壁がない」「先制して邪魔をする(夜宴等)スキルがない」「HPが高すぎない」などが望ましいでしょう。すぐに倒せないと時間がずれて、相手に他の土地を塗られる可能性がでてきます。

ここまでもっていくにはある程度の経験と力量が必要になってきます。

(ねぎみそ氏防衛と)

相手の防衛編成を見て、①キャラのジョブ、②リフレクと闇耐性、③HPのおおよその概算 を見抜ける力が必要です。

・相手のキャラとアビリティは? (キャラは今回は見れば一目瞭然ですが)

・前衛職が剣と盾を装備して光っています。盾を装備しています。ここから導かれる相手職とアビリティは?

・後衛は3人杖を持っています。時魔の可能性もあります。光っています。気をつけることは?

などなどを情報を元に瞬時に判断して行動していきます。

黒魔・白魔・赤魔・狩人、あまり使われないキャラを使っている人は、キャラクターレベルが低いことが予想されます。倒しすぎには注意です。(私なら3人くらい倒せるよう疾風など打って様子を見ます)

逆に、相手が強力な編成(阿形・火事場韋駄天・タスザエ・光ってるURアイヴィーベス等)の時は、手加減する余裕がありません。全力でぶち当たって、「あいたらごめんなさい」と言って行くこともしばしばありますし、他2人が整っている状態であれば最初にあければOKでしょう。

 

説明しきれていないこともありますが、補足できればと思っております。

 

②3つ(手前・中・奥)を同時に開ける

「いつでも」「整いました」の声が3人とも出たら、一斉にあけます。

この状態になれば成功です!

 

③攻撃!

無事、相手火オベを攻撃できます。すぐに風土地を塗られる可能性があるので、追撃はすばやくしてもらうのが大事です。

 

つなげるとこんな感じ(Gif)

基本はこの形にもっていくことですね。

 

【2】 基本形2

では、この状態であればどうでしょう?

こちらもよく見る形です。

先ほどに比べて風オベに隣接して土地が塗ってあるため、3枚入れません。

こちらも、先ほどと同様の形に持っていくのが基本です。

 

(1)脇を塗る

まずは手前ではなく、脇を塗ります。片方だけでもいいのですが、今回は両方塗ることとします。

すると、こうなります。

こうなれば、あとは先ほどと同様です。

(2)3枚入る

(3)3枚同時にあける

(4)攻撃する

 

まとめるとこんな感じです。(GIF)

 

3枚塗りの基本については、こんな感じです。

次回は応用編についてまとめたいと思っております。

 

  ← れいぶろ(・ω・) ポチボタン

 

 

ブレイブリーデフォルト フォーザ・シークウェル
スクウェア・エニックス
スクウェア・エニックス

 

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




・忍者

素早さを上げる装備(ブレイブスーツ、エルメスの靴)に加え、恋にヘイストやヘイスガなどを使ってHIT数を上げ、爆発的な火力を誇る現行最強物理職です。 

ダメージを与えるという性質上、短剣3などの火力アップキャラと組み合わせるのが一般的です。

 

現在は、「二刀流」+「千手観音」は必須と言えるアビリティです。

どちらも初期で覚えることができるので、最低2枠はこちらをとっておけば、産廃になることはありません。

 

レイド戦では「二刀流」+「天衣無縫」が高火力が出るため人気です。

さまざまな状況に対応するため、「千手観音」からの合成で、「ふんばる」か「天衣無縫」、もしくは両方あれば完成です。

撃たれ弱いのでカウンターにはあまり魅力を感じません。

 

「韋駄天」もちのキャラを組み合わせる「二刀流」+「ふんばる」なんかもオシャレです。

 

アクティブは「剣神乱舞」がマストです。

また、攻撃では「瞬身之術」で回避を2倍にすることで、ホークアイのない物理攻撃をほぼ無効化できるのも利点です。

防衛では瞬身を使ってもあまり意味がないことが多いため、主に使う人であればとらない忍者もあるといいかと思います。

防衛ではむしろ、先制技の「疾風迅雷」に特化するため、アクティブをとらない、という方法もあります。

 

 

・魔人

 

高火力魔法職です。クエストや戦場・レイドでも花形の人気職です。

 

基本の合成は、「MPターボ3」と「自動ヘイスト」です。こちらがあればまずクリアでしょう。

 

戦場では、睡眠を避けるために「睡眠無効」や「リボン」などがあるとよいですね。

キャラとしては、知力が高い&属性アビリティがあるキャラはもちろんですが、リフレクでファイガなどの魔法をカウンターされてもダメージをなくす「火無効」などのキャラと組み合わせるのも効果的です。

 

レイドで最近流行っているのが、「ダブルターボ魔人」です。

MPターボを覚えつつ、さらに黒魔法節約3からMPターボを習得させることで、「MPターボ3」+「MPターボ1」というアビリティにするのです。MP消費はすさまじいですが、超火力が期待できます。人によっては「MPターボ3」+「MPターボ2」という離れ技もありますが、失敗すると自動ヘイストが2つある魔人となるため、余裕のある人のみが挑戦することが望ましいでしょう。

「魔人の血」や「黒魔法節約」なども状況に応じて必要となります。

 

アビリティは「葬」が闇属性+プレッシャーされない&リフレクされないという主力攻撃です。

レイドでは「贄」で火力を上げることもあります。

 

私は戦場で、「睡眠無効」+「MPターボ3」などで使っています。ヘイストはスパスタ任せで~

 

 

・導師

主にレイドで使われています。

自動リフレクが最初から覚えられる、リフレクを使える、助力で火力を上げられる、大精霊の加護で相手の属性攻撃を無効化できる、回復魔法も使える等々、奥行きのあるキャラです。

私はレイド、「自動リフレク」+「沈黙無効」をつけて使うことが多々あります。

「素早さ3」「睡眠無効」「リボン」「自動ヘイスト」などなど、難関は多いですが色々挑戦できるアスタリスクと言えます。

 

戦場でも精神の高さから防衛キャラとして再評価されつつあります。

「自動プロテス」「プレッシャー」なども付けれるため、時間をかけさせる防衛として優秀。「自動シェル」をつければ魔法形はほぼシャットアウト。さらに「大精霊の加護」で魔法を消すことができるため、デルタ塗りなどにも対応できます。

 

アレイズも加わりますし、これからさらに勢いが増しそうなアスタリスクですね。

 

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )