カレイシーズン到来間近


      <今日の仲間>
 4月22日6時半出航で仮宿漁港稲荷丸シーズン初釣りをしました、直前に一人都合が悪くなり補充が利かず三名での出航となりました。最初は黒崎前の棚に付けてシーズン第一投の仕掛けを下した、私は何時も通りもたつき遅れる、直ぐに山口さんに当たり、小さなヒガレイ、桜井さんも続くがこれも小さい、遅れて下ろした私に直ぐ当たりが、小ぶりだがマアマアのマコガレイが来た、エサが取られてなかったので、そのまま投入、2,3回小突くと何かに引っかかった、根係かと糸をもって引っ張ると上がって来る、竿に換えて巻くが重い、船頭がタコでねえか?最近はタコがここら辺でも結構取れるからと言う、暫くタコと会ってないので思いつかなかったがそうであれば最高と慎重になおかつ重いので力を込めて巻き上げる。
 去年の4月22日にリハビリセンターより退院して丁度1年たったがまだ握力も25kg位まで回復したが60m位タコを引き上げるには本当にきつかった。ヤットの思いで巻き上げた、大タコだった、船頭に元は取ったから後は釣らなくても良いなと言われたが幸先よくスタートとなった。



     <今日の釣り場>
 タコの始末をしてる間二人には当たりも無かったので移動することに、棚から外海に出て風も無かったのでそのまま流し釣りに、仕掛けを下すと直ぐに当たり、釣れることは釣れるが型が小さい、ダヴル、トリプルが結構多いがクーラーに入るのが少ない、場所により型の良いのが続くこともある、沖の深場に行くと小さくなるようだ。


     <シーアンカーでの流し釣り>
 最初の頃雨が降ってたが、天気も良くなり春の日差しの中うららかな釣りと思ってたら風が出てきたのでシーアンカーを下しての釣りとなった。場所により魚の種類や大きさが変わる、人によっても違いが出る、山口さんは数は釣ってたがサイズがいまいち、桜井さんは数は出なかったがマコがレイを釣ってヒガレイも大きなのを釣ってた、私は波も無く気持ち良く釣れたので数もサイズもマアマア釣れた、特にアイナメは大きいのが(40cm前後)4本と一人だけ釣った、前にもアイナメを一人で大釣りしてるので釣り方がアイナメ釣りになったか?と思ったり。


   <今日の釣果>
 マコがレイ 15枚、 マガレイ 5枚、ヒガレイ 12枚、タバコがレイ 5枚、アイナメ 4匹、リリース カレイ 30枚以上、カツカ 2匹
 まだ棚の中には入ってきてないがカレイは釣れ始めた、エサをまだあまり取ってないようで魚は痩せている。食いは良く上針にも食ってきた。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 船酔いで苦し... 小物釣り »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。