やっとカレイを釣りました


      <今日の仲間>
 6月28日5時出航で尾崎白浜漁港喜宝丸でカレイ釣りをしました。小松はお祭りが終わったがポツリポツリと拾い釣りになると言われていたので覚悟はしての決行だった。
 小松湾に入り岸よりの30m位の浅場で仕掛けを下す、1分位経って私にあたり、暫らく振りで味わう強烈な引きだ、時々竿先が海中に引き込まれる。上がって来たのは40cmオーバーのマコガレイだ、間もなく後ろの秀明君が私と比べると小ぶりなマコを釣り上げる、私は針を外すのに手間取る、何せ握力腕力が無いもので握力も25kg程度まで回復してきたが硬い所に刺さった針は中々外れない、ペンチを使うが強引にやると針を折ってしまうから慎重ににやるから時間が掛かる、外し終えて仕掛けを投入したら秀明君2枚目を釣り上げてた。小突くと今度は時間が掛からないで2枚目が来た、こらも良い型だ、場所移動して最初は私だ、続けて桜井さんが釣り上げる、なんか私のと比べると小振りだ、続けて桜井さんダブルで釣り上げる、それも35cm位だ、次も桜井さん、異変が起きた、何時も一番釣れなかった桜井さんトップを走り始めた、その後40cmオーバーを含めたダブル、ダブルを3回もやった、


      <焼けた林>
 釣りをしてて周りの色が可笑しいと思ってたら山火事で焼けた跡だ、茶色に染まった景色が広がっていた。海岸まで火が来た様子が分る。持ち主は秋田の人らしいが後始末が大変だろうなと他人事ながら同情する。
 いまいち調子に乗れないのはコケが多い、最初はエサ箱を今日も忘れて来た、前回の残りが1000円近く有ったので1500円しか買わなかった、今日は竿を2本出せたら仕掛けのテストをやろうと考えてきたが流し釣りだったので出来なかった、魚もポツリポツリで仕掛けの優劣を判断できそうもなかった。次いで緑のライトを付けていたが今日も水が入り消えてしまったのでライトを外そうと結びつけていた糸を切ろうと仕掛けを切ってしまった。ライトが切れてもあまり変わりが無いと思ったが桜井さんがライトを使ってたのでその差かな?
 定置に着けてみるかと定置の周辺を流す、全然当たりが無く移動しようかと話してたら私に当たり、今日一番の引きだ、ナメタかなと釣り上げたのはナメタの45cm近いのだ、皆色ずき始めまだ居るはずだとガンバル、すると大きさを問わなければ全員にナメタが釣れた、満足!!


   <尾崎半島白浜寄り>
 白浜に戻り筏に着けて釣るが当たりが少ない、根係で仕掛けを切った所で私はやめにする、皆も続けてやめた。
2,3個所試したが当たりは無かった、棚の中は期待できないようだ。


    <今日の釣果>
 マコカレイ 15枚、ヒガレイ 2枚、ナメタ 1枚、リリース 2枚で枚数的には少なかったが40cm前後が9枚、マコはほとんどが30cmオーバーでクーラーは重かった。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 今日も魚はお休み コケなければ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。