タコに邪魔されカレイは?


     <馬田沖>
 11月22日海物語号でヒガレイ釣りをしました、メンバーは藤佐夫妻と桜井さん、昔フイッシングクラブ時代の仲間だった堀内さんと私の5名で6時出航で湾防を出て直ぐの馬田の前回喜宝丸で釣った所より沖てで仕掛けを下す、今日も楽しようと電動リールでの釣りにした。
 私が準備に手間取っている真に皆は釣り上げている、私が準備出来て仕掛けを下すころは皆2枚目を釣り上げていた、藤佐夫妻や堀内さんたちはサンマとイカの切り身を使ているようでエサ付けが早い、私たちは前回はサンマやヤリイカの小さいのにあまり食いが良くなかったのでイソメを主とした。
 やっと仕掛けを投入し数回小突くとグイと手応え、合わせて電動のスイッチを入れる、重いが魚が暴れる魚信が無い、タコだ!一投目からタコか、私にはタコはあまり来ないのにた愚痴りながら取り込む、あっちこちでタコが来た!!と騒いでる、エサを付け替え仕掛け投入、2,3回小突くと竿先がブルルンと震える魚信が来る、今度はカレイだ、30cmチョイのヒガレイだが仕掛けが天秤に絡まってる、前回の反省で仕掛けの先端に小さなフロウト玉を使用してたが潮の加減か先端が浮き気味になるため絡むのかと思い今度は店で売ってる先端用のビーズを使ってみたがこれも浮き気味だったようだ。
解いてエサを付け替え投入、投入さえすれば直ぐ釣れる、当たりが有ってバレル、次のあたりが来ないので上げてみると外れたはずみで絡んでしまっている、解いてエサの付け替えをやるが2,3回で又絡まる、これでは手返しが悪いので仕掛けを交換する。
 交換後は絡まりが少なくなったがバレが多くなった、面倒くさいのでそのまま使う。タコが良く釣れる、昔からタコを釣れない人だったのに何故かタコが来る。大きいなと思うとバレる、家に帰ってよく見ると針ががまかつ2Lで小さかったせいか?


     <棚で釣る>
 9時過ぎころから風が出て来た、少し両石寄りの棚に付けて釣る、此処でも釣れた時があるようだが今日は釣れなかった、もう少し釣りたかったが終了となった。前にこの船でイワシで釣ってた時はこの辺が良かったようだ、この時は調査釣りで御箱崎の先端から始め仮宿、マンボウの定置を経て白崎の定置で初めてヒガレイに会えた、次の日夫婦でここに来て大漁したからいかねかと言われても私たちを調査要員にし自分たちが釣れたと言うのは逆では無いか、まず自分たちで調査をしてお客を乗せるのが筋だは無いか、それでいくら釣れるからと言われても断った。


     <今日の釣果>
 今日の釣果はヒガレイ 27枚、 タコ 11枚でした、他の人は大きな刺身用を何枚も釣ってたが私には来なかった、それでもタコを入れるとクーラーが一杯になり重くて運ぶのが大変だった。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 呪われた釣り またもや不漁 »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。